wasa

君の名前で僕を呼んでのwasaのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
4.5
映像も音楽も美しい。
そして、教養と知恵、先進的な価値観に圧巻の作品。
見えないもの、言葉にしないものを描写する映画は、詩的で印象的。
見終わった後にはっきりとは
わからないけど 気になる気持ちが残る感じ。

愛が溢れててたまに ふふっとなってしまう愛しさ。

ご両親の理解とお父さんの言葉は、たくさんの人を救うだろうし、現代的でとても聡明。

個人的に 木漏れ日の下で楽譜書いてるシーンとか、自転車で二人が街に繰り出すシーンとか、きれいで好き。
ピアノをアレンジして弾くシーンのやり取りや、足つぼしてあげるシーンとか、好き。

ほんと、ちょっとしたことなんだけど繊細な心情まで描写されててまるで 小説の合間に詩が挟まった感じ。