hana

君の名前で僕を呼んでのhanaのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
5.0
劇場公開時、あまりの素晴らしさに2回観賞した思い出。

イタリアの田舎町クレーマの街並みは情趣があってずっと眺められる程に美しい。川のせせらぎ、鳥の囀り、外窓が風で動く音、ピアノの音色全てが美しい映像に彩りを添えるBGMとして成り立っています。

主人公のエリオとオリヴァーが互いを意識して徐々に惹かれ合いアピールしていく過程は思春期の恋愛のように甘くてくすぐったい。気がつくと、彼らの物語を自分の遠い過去の経験と重ね合わせて観ていました。

エリオが得意のピアノ演奏でオリヴァーを誘惑する場面が好きだなぁ。彼にしか出来ない駆け引き方法。戸惑うオリヴァーも可愛いです。

監督の拘りにより食事のシーン以外は会話が最小限に抑えられているそう。言葉よりも動作や表情に重点を置いた演出と、観客に彼らの感情の変化を掴みやすくさせる撮影法が見事にハマっています。

エリオを演じたティモシー・シャラメ。17歳の繊細な心の揺れをこれ以上ない位切なく痛く表現してます。オリヴァーへの想いを募らせて湧き上がる葛藤や苦悩の表情が抜群。
特に最後の長回しのシーンが印象的で、彼の表情と背後で流れる音楽が暫く頭から離れなかった。

儚く美しい男性同士のラブストーリー、後世に語り継がれる傑作です。