fiorina

君の名前で僕を呼んでのfiorinaのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
4.5
北イタリアの避暑地を舞台にして、見事な映像美を描いており、繊細な心の少年・エリオ役ティモシー・シャラメの演技は本当に素晴らしい。水辺で泳いだり木陰で読書したり自転車に乗ったりとストーリーが進むんだけれど、どう展開していくのか不安に思いながら観てた。が、途中から青年との愛を確信し名前を呼びあうシーンやベッドシーンなど印象的なエロスが続いて映画ということすら忘れていた。社会的・政治的なメッセージはなくどこかの北イタリアの夏物語を堪能できたのもグァダニーノ監督の素晴らしさ。