ふうま

君の名前で僕を呼んでのふうまのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
4.0
端的にいうとエリオの淡い夏の成長恋物語て感じかな。北イタリア(ロケ地がどこかは知らんが)の夏の風景が最高。エリオの家も、町の建物も伝統的な建築やし、川遊びやら、家の中の本やアンティーク、自然と伝統の調和、とにかくあそこに住みたいと、あそこで成長したかったと、ものすごく思った。イタリアの生活てあんなに優雅なのか?設定が1980年代だからか?あの年代でLGBTQを受け入れるあの両親(友人にもいるからだろうが)は素晴らしい。家族の会話も学問的で、おそらく物凄く階級の高い家族だろうな。羨ましい、2時間弱ずっと羨ましいと思い続けた。あとは音楽も最高に良い。バックで流れているピアノやサントラも状況と映画に完璧に合ってたし、ラジオや車、ダンスでかかる音楽も最高だった。ストーリーもいいが、とにかく世界観が良かった。とにかく美しい映画。