君の名前で僕を呼んでのネタバレレビュー・内容・結末

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿されたネタバレ・内容・結末

甘酸っぱくて、苦くて、
幸せで、辛くて、
大好きで、ムカつく程、
誰もが経験した事のあるような
世界で自分だけが幸せで
自分だけが不幸であると思えたみたいな
そんな初恋を思い出させてくれるようでした。
性別なんて関係なく、ただ好きでいられたら。
二人の世界に入って見守っているかのような
そんな感覚にさせられる演出でした。
主人公の今後の恋と幸せを願わずにはいられません。
気に入ったので原作の本も購入しました。
エリオが桃で遊んでいたのを見つかり恥ずかしがるシーンはとても自然で印象的だった。
切ないひと夏の恋。「なにひとつ忘れない」わざわざ電話までかけてきたのは最後までエリオのことを思っていた証。彼の心を解放して新しい恋に進ませるためかなと思った。それを聞いてエリオがオリヴァーに向かって自分の名前を何度も繰り返すシーンがあまりにもやりきれなくて切なくて悲しかった。エリオの両親が素敵だった。ストーリーはもちろん、映像から音楽、なにもかもが完璧だった。切ないけど素敵な映画だった。
吹き替え盤ど観ました。
結構ガッツリやってます。
普段そういったCDに出ない方達ですので、声優ファンの方にはよろしいかも。

内容は・・・
何かそんな小説あったよなという感じでありきたり。
時代背景のせいもありますが、結局片方が普通に結婚したりしてます。
Notハッピーエンド

音楽とイタリア田舎の風景とてもは美しいです。
あと、お父様が本当に素晴らしい方でした。
思ってたより心に響かなかったけど、それは自分の知性が足りなかったからな気がする。

とにかく容姿の美しさがよかった。
あんな風に何を着ても様になって、肌を出して、人とスキンシップして生きるってのが考えられないからなんだか羨ましかった。

あと、私だったらあんないきなりお父さん(またはお母さん)に有難いお言葉貰っても躊躇うなって思った。本当に素敵なご両親なんだけど。

彼はこれからどんな人生を歩むんだろう。

愛することと、人生を共にすることと、結婚することと、なんだか未だに自分の中でちぐはぐしてしまう。
描かれてるのは、愛とか親しみとか優しさじゃなくて、それらを含んだ思慮深さの結晶じゃないかな。
ラスト前のお父さんの話で号泣。ラストの長回しにも落涙。アーミー・ハマーがラブマイウェイでくそダサいダンスするとこでもなんか笑いながら泣きそうになってしまうよ。
音楽がよい、あと最後の暖炉の前で泣くシーンが最高。主人公の周りの状況がセンスの塊という感じで羨ましい限りだけど、察しがよく過干渉気味な家族は少し苦手だなと思った。始終絵みたいな映画だった。
とにもかくにも全てが美しい。
主演はこの絶対2人しかいないなという満足感。。。
特に何か大きなきっかけがあって恋に落ちるみたいなことではなくて、自然な流れでお互いに惹かれていく描写がとても繊細。
その背景が常に北イタリアの美しい風景なだけにもうすごい。

エリオの気持ちの動きが痛いほどみている側に伝わってきて苦しかった。
オリバーの選択は、愛しているけど離れ離れになることは最初から分かっていたようでそれも辛い。

エリオは理解あるとても素敵な家族に囲まれて、たくさん傷付いたけどこれから前向きに人生を歩める気がした。お父さんの言葉は本当にうるっときた。
完璧な家族、屋敷、優雅な朝食。
憧れを抱くというか別世界の話。
何か神話的な話を観ているよう。
暇を持て余した神々の〜みたいな。とても綺麗な映画。

果実とか偶像とか色々意味があるのでしょう。町山さんの解説を聞こう。

後半、エリオ父さんが息子に伝える言葉はまさに神。

二人が田舎道を自転車で走るシーンは本当に気持ち良さそうだな〜と思いながら鑑賞。
ただこんな感じの道、地元にもあるぞ。。



オリバーが美人女子大生だったら…
と終始考えてしまった私は下衆
北イタリアの避暑地、お洒落な街並み、日々の過ごし方がうらやましい。

監督のやりたかったこと、call me by your nameだったり、父親からの言葉だったり、暖炉の前で泣くシーンで余韻を感じたり。

少し過程が物足りなかった、穏やかに流れるのは退屈と紙一重、もしくはこちらの心象次第か。
>|