君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.0
アカデミー賞では作品賞・主演男優賞・脚色賞・歌曲賞にノミネートされ、脚色賞を受賞しただけあって、ティモシー・シャラメはもとより、アーミー・ハマーの演技も素晴らしく、音楽も良かったです。
それらにひけをとらないほど、映像の構図が素晴らしく、計算され尽くした絵作りで、決して派手ではありませんが、どの場面をとっても写真のようにしっかりとした構図になっていることにはビックリです。

監督のメッセージが込められた父親の言葉も温かみがありました。

今回は試写会で観ましたが、本編上映後の二人のキャストの公式メッセージビデオも良かったです。
この映像はセルビデオに特典映像としてつくのでしょうか?
最終的にはさらに長編になるようなので、こちらも楽しみです。
さわ

さわの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

みんな言ってたけど、ほんっと絵が綺麗。何度シャッター切りたいと思ったか、、、、。またちょっと前の時代設定なのがいい。色合いといいファッションといいバッチリすぎる。

あのゆっくりとした時が流れるヨーロッパの夏に合わせた時の流れ方が、すごく心地よかった。あの世界観、作られすぎた感が全然ないのにちゃんと考えられてるのがわかる。ヨーロッパでの「こんなに何もしてなくていいのかな?笑」って過ごしてた夏を思い出す。本当にそれでいいんです。みんなで食卓囲んで気が向いたら散歩に行って、何を見るでもなくダラダラいっしょに街にくりだして、音楽聴いたり本読んだりして1人の時間作ってみたり。ほんとそれだけ。それだけで、それが全てで、それが日々。そんな夏。(話がそれた)


徐々に、本当に少しづつ近くなる2人と、あたたかく見守る家族と、柔らかい陽射しと。私までサングラスかけようかと思ったくらいすぐそこに日が射してるようで、サングラスかけたくないくらい柔らかな光だったな〜

台詞にも一度しかゲイって出てきてないし、これは本当にもう同性愛とかそういう問題の話ではないね。そもそもがそうなのだけれども。きっと最後のお父さんの話で心打たれる人が多いのは(わたしもそう)性を飛び越えた愛の話だからだね。両親やメイドさん?、何もしてない。ただ彼の家族であって、必要な時にそこにいて、そこにいても「言い過ぎかな」なんて言って出しゃばらない。最後お父さんが控えめに言うあたたかい言葉以外、彼らはただエリオの家族であるだけだった。それが、素晴らしい。。。

「君たちの間には知性以上の全てがあった」

「お互いを見つけられて幸運だね」

「痛みを葬るな。
感じた痛みも喜びも忘れちゃいけない。」

「感じることができなくなる方が悲しい
身体も心も衰えていってしまう」

「なぜなら彼が彼であったから。
君が君であったから。」


誰かや何かとの間には愛しかないのかもしれない。どのくらい想うかとか、身体的繋がりとかそういう違いはあるとは思うけど、極論、私たち人間同士の間に生まれる感情や感動や喜びや悲しみそれが愛なのかもと、そんな壮大なことさえ思ってしまった。妬み嫌い憎み合うのはつらい。それはきっと本来あるべきものではないからなんじゃないかな。


恋愛経験がほぼ無い私でも、いつかの出会い(友情)と彼らとの別れ、出会えた喜び、過ごした時間、今身近にある愛…色んなものが頭をよぎった。

ああ本当にいっしょにひと夏過ごした気分。
ささお

ささおの感想・評価

3.8
エンディングが美しかった。
ななほ

ななほの感想・評価

3.0
エモかった
でも私には刺さらなかった
映像も音楽も何もかも美しくて、優しくて、穏やかだった。
後半にかけて優しさや温かさと共に儚さや切なさも増して、心がぎゅっとなりました。
誰もがエリオを取り巻く環境のような優しい世界で生きられたらいいのになあ、
とにかく夏のイタリアの田舎にいってみたくなった。
何か心が揺れ動く時に絶対現れる小さい虫が表情や言葉だけではなく絶妙に変化を表していた。
さき

さきの感想・評価

4.2
2018.7.18
音楽とかカメラワークとか一つ一つの表現がすごい好きだった。全部良かったけど、エンドロールのエリオと、最後のお父さんの言葉は忘れられないと思う。
kbg

kbgの感想・評価

-
ここ数年で一番。主人公の心の動きに、性別を超えて深く共感しながら見られた。「愛する気持ち」を思い出させてくれた映画。
私には心に響いたとは言えないかな。もちろん恋愛に男女は関係ないし、2人の、あのきらきらした青春のような関係は良いと思うけど。
>|