君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

aoi

aoiの感想・評価

5.0
最高だった。期待以上!監督は『胸騒ぎのシチリア』同様にイタリアの美しい景色を惜しみなく見せてくれる。アーミー・ハマーって『ゴシップ・ガール』とか『白雪姫と鏡の女王』しか観てなくてコメディ且つ脇役ってイメージだったけどこんなに渋い顔するんだね。すごく良かった。でもやっぱりティモシー・シャラメがやばすぎて何回もため息出た。ファッションにも注目だし、終わり方やら何やら全て最高でした。
chasa

chasaの感想・評価

3.5
音楽、景色、時間の流れ方、とてもキレイだった。
気に入って計6回映画館で鑑賞
最初に鑑賞した時に感じた瑞々しさはそのままに、回を重ねる毎により丁寧な心理描写を噛み締められる作品。
私の中では今年一番
ShunSuzuki

ShunSuzukiの感想・評価

3.8
映像も音楽も詩的で、激しく、静かで、美しい映画。
最後のオトンのセリフが至極。あれを聞くためになら、何度でも頭から観れる。
po

poの感想・評価

-
ティモシーシャラメの魅力がガンガン
青を中心とした映像の色使いとカメラワークと美しく清らかな風景が飽きない服が可愛い、、
必ずいつか北イタリアへ行ってアプリコットジュース飲む、、

ただちょっと衝撃的な性的描写多かったかなぁ
niwasaki

niwasakiの感想・評価

3.8
これを観る前に『さよなら、僕のマンハッタン』というマーク・ウェブ監督の映画を観ていて「愛はいつだって野蛮だ」という台詞があって、頭の端に何かこびりついたみたいに残っていたんだけど…この作品がその台詞をまるで伏線かのように回収していった。

エリオの経験は同性であるということを除けば多くの人が経験するものだったんじゃないかと思う。
制御のできない野蛮な感情に突き動かされて、誰かを傷つけても欲しくて、それが過ぎ去った後の心は、暫く草も生えないような荒地に成り下がる。
春が来て若葉が生えるのを息を殺しながら、じっと膝を抱えて耐えなくてはいけないようなそんな経験。
だから、多くの人がエリオの気持ちに寄り添えたかと思うんだけど、私はそれに寄り添いながら、ご両親の素晴らしい知性と理性と愛情に羨ましい気持ちと、憧れの気持ちを抱いていた。

愛に引き千切られた子供の心をあんな風に見守れるのかなって自分に問うと、私はまだまだ未熟で、自分の経験を踏まえた余計なお世話極まりないアドバイスという名の説教をしてしまうだろうし、一緒になって泣いてしまうだろうし、きっと信じて見守ってあげるということができないんだろうなと思う。
お恥ずかしい幼稚な対応だと思うが、そんな自分が容易に想像できる。

この映画で、愛はいつでも野蛮だ、という台詞をまさにと受け入れながら、野蛮な愛を消化して血肉にした大人の姿の1つを知れて良かった。
野蛮を受け入れて、傷ついた心に手を差し伸べたり背中をそっと守ってあげられる人間になりたいもんだなと、そんな気持ちで満たされた。
タイトルの意味がよく理解できた
終始美しい映像と音楽
所々に映り込むハエが気になる
エンドロールの長回しが印象的
なしこ

なしこの感想・評価

4.8
一つの"作品"として昇華されているとても素晴らしい映画だった。
1カット1カットがまるで絵画のようで、カラッとした、それでいて優しさを感じる陽射し。夏がすこし恋しくなる。
エリオの青く無垢で純粋な感情は脆くて儚くて、とても綺麗だった。
エリオの両親の教養のある寛容な佇まいにひどく羨ましくなってしまった。知識は人の器を大きく深くしてくれるなあ、勉強大事だなあ。
sally1987

sally1987の感想・評価

3.5
オープニングからラストまでクオリティが高い。特に音楽が秀逸。中々感情移入出来ないモチーフも最後はどこにも、誰にもある恋の1ページに感じるそんな美しいトーチソング。
a

aの感想・評価

3.8
お美しい
>|