君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

aoi

aoiの感想・評価

5.0
最高だった。期待以上!監督は『胸騒ぎのシチリア』同様にイタリアの美しい景色を惜しみなく見せてくれる。アーミー・ハマーって『ゴシップ・ガール』とか『白雪姫と鏡の女王』しか観てなくてコメディ且つ脇役ってイメージだったけどこんなに渋い顔するんだね。すごく良かった。でもやっぱりティモシー・シャラメがやばすぎて何回もため息出た。ファッションにも注目だし、終わり方やら何やら全て最高でした。
N

Nの感想・評価

3.5
遅ればせながら、鑑賞
アートだね
美しい少年だったな〜〜
北イタリアの街並みも絵になる
ピアノの音がずーっと残ってる
素敵なメロディーだった
ただ、私には少しだけ(小声)退屈でした……
合う合わないは人それぞれだと実感
キネマ旬報シアター大好き
Moeko

Moekoの感想・評価

4.3
エンドロールの表情、、、!せつないぃいい
主演の美少年感がすごい、何着ても似合う、すごい。そしてお父さんのスピーチがどちゃくそよい
chikappo

chikappoの感想・評価

4.5
ゲイだということが全然気にならず、純粋に恋愛映画として素晴らしかった。

十代の恋愛ってこうだったな、瑞々しくて輝いてたな、そんな気持ちにさせてくれる映画。

とにかくイタリアに行きたくなる。
sorablue

sorablueの感想・評価

4.5
美しくも儚い恋の物語。
パンフレットが観に行った時、売り切れていて購入できなかったが(後日購入)それくらい評価されてる作品なのはうなずける。続編も期待。
舞台となる北イタリアの美しさとピアノの旋律に心地良く酔う エリオがオリヴァーとの初めての恋心に揺れる 裕福な家族が避暑地で過ごすひと夏は『悲しみよこんにちは』を想起させるけど 後半の展開からのマイケル・スタールバーグの告白の名演と哲学的ともとれる着地点に唸り エリオが愛おしくなった
刹那的で、それでいて永遠なのが愛。
これは異性同士、同性同士でも変わらないと胸に強く刻まれるような作品。
今日び、同性愛についての作品は沢山存在するが、これ程それを強く感じさせず、ただ純粋な愛に着目して描いているのが印象的だった。
終盤、お父さんのセリフがグッときて、切なさに拍車をかけていた。
そしてこの映画の素晴らしい所はやはりエンドロールであろう。
ティモシー・シャラメの表情につられて思わず自分も涙してしまった。
hanak003

hanak003の感想・評価

4.5
登場人物一人一人、音楽、服、自然、言葉1つ1つが素敵でした。ただただ美しい映画。
2018/07/17
渋谷アップリンク
yui

yuiの感想・評価

4.2
美しいに尽きる 北イタリアでひと夏を過ごしたくなる あと曲が最高🌻
>|