君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

aoi

aoiの感想・評価

5.0
最高だった。期待以上!監督は『胸騒ぎのシチリア』同様にイタリアの美しい景色を惜しみなく見せてくれる。アーミー・ハマーって『ゴシップ・ガール』とか『白雪姫と鏡の女王』しか観てなくてコメディ且つ脇役ってイメージだったけどこんなに渋い顔するんだね。すごく良かった。でもやっぱりティモシー・シャラメがやばすぎて何回もため息出た。ファッションにも注目だし、終わり方やら何やら全て最高でした。
なんだろう…全体を包む繊細な気持ちや仕草が自分には伝わってこなかった、、
わからん!悲しいけどわからなかった!

しかし彼らの暮らしぶりが羨まし〜
お洒落なチャリ乗って、外で本読んで、音楽きいて、暇になったら寝て、黙ってても家族が料理作ってくれて、それなりに恋もできるって最高か
やぐ

やぐの感想・評価

3.0
綺麗な男の子に綺麗な北イタリアの景色。それだけで充分。
最後は割とあっさりだった。
北イタリア、田舎町、夏、川遊び、読書、庭での食事、ピアノのメロディ、、美しいものを美しいままに、、。

17歳の少年の一夏の体験といえば、歳上の色っぽい女性と相場は決まってる?んだけど、、それが、アメリカの青年っていう、、^_^
それも、ひと昔前のハリウッド二枚目スターのようなアーミー・ハマーとは、、大学院生にしては、ちょっとお歳をめしすぎな感じもするけど、文句なんてございません!笑。

さらに、少年は、頭の中「やりたい!」だけの未熟な少年ではなく、秀才で繊細で美少年とくる。

もう性別なんて関係なく美しい愛の話。北イタリアの田舎の風景もとてもいい。

偏見や葛藤や無理解に苦しまないとLGBTは描けない、、に対するアンチテーゼとして見事に表現してると感じるけど、好みかと言われたら、、ちょっと微妙です。
sayaka

sayakaの感想・評価

3.9
自然が本当に綺麗で風景だけでも感動できる。
お話は切ない…。両親がとてもとても素敵。どうしたらあんなにどっしりできるかしら。
ティモシー・シャラメのキラキラ感がものすごい。個人的にはマルシアが切なくて…。なんて大人なの。
凛子

凛子の感想・評価

5.0
たまらん
kn

knの感想・評価

4.1
こんなにも自分のことを受け入れてくれる人が側にいたら世界一幸せだろうなあ ティモシー・シャラメくんの冬の装いが堪らなかった
rolf

rolfの感想・評価

4.5
2018.6.19

DVD鑑賞

泣いた。
序盤は色合いが素敵で見せ方も綺麗で、、、などとレビューしようと思っていたが終盤はもう入り込んでしまってそれどころではなくなってしまった、、
私自身両性愛者なので2人にキュンキュンし、涙しで今まで見たどの恋愛映画よりも心を掴まれた。もはやこの作品にも恋をしているかもしれない
TAO

TAOの感想・評価

4.0
友達に勧められて鑑賞しました。
良すぎた
rie

rieの感想・評価

4.2
こんな優しいきれいな世界に住みたい。
>|