君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

のん

のんの感想・評価

4.2

主演のティモシー・シャラメ、素晴らしいのひと言。
夜観て良かった。余韻に浸れる。


“LGBTもの”とされてしまいそうだけど、それは単にめぐり合いと繋がりの「稀少性」を表現する手段だと思えば、誰もが経験しただろう恋の話と同じ。


最初はとにかくエリオ(シャラメ)の、どの角度で切り取っても美しい顔立ちと若くて薄い身体、青春の刹那に魅了されたけれど、進むにつれて自分の過去の恋の記憶が甦り胸がざわつきドキドキ。
とても官能的でフレッシュで、痛いほどの恋心が丹念に描かれてて泣ける。
ラストのお父さんの言葉が身に染みてわかる年齢の私にはひたすら眩しかった。

ジェイムズ・アイヴォリーは監督ではないけど、原作の脚色と製作で参加してて、緑のさざめくこの懐かしい感じはジェイムズ・アイヴォリーならでは!と納得。

明日はどこか緑のあるところまで自転車に乗って、散歩しながら余韻に浸って、疲れたら木陰で読書して、また思い出して、で、衰えた身体と心を慰めようと思う。
-0.5は心に切なさが突き刺さって痛いので残した余地。
mozuku

mozukuの感想・評価

-
So beautiful, but so painful.

このレビューはネタバレを含みます

美しい風景と美しい俳優たちを画面いっぱいで見られる映画。
ちょっと画面が肌色でいっぱいになる場面もあるので、一緒に見る人を選ぶ映画でもある。

エリオは可愛いし、オリヴァーはイケメン。
エリオが17歳なのはなんとなくわかるが、オリヴァーは24歳に見えない…(外国の方は普通かもしれないけど30歳ぐらいかと思ってた)でもイケメン。

若い子の繊細な心情変化と、大人の本能のままに行動できない感じがすごく伝わってくる。
若いうちにこんなステキな恋ができたらどんなにいいだろう。
この恋がもしただのハッピーエンドなら、多分映画として面白味にかけていたと思う。
燃えるような恋は最終的に叶わないからこそ、現実味を帯びて、美しい思い出になるのかもしれない。作品性としても◎。
(でも本当はオリヴァーからの電話が婚約の報告なんかじゃなくて、サプライズで今家の前にいるよ、みたいな甘いラストが見たかったなと思ったのは内緒)
haruna

harunaの感想・評価

4.1

初恋の切なさに胸が締め付けられた。
この作品で改めて、愛に性別は関係ないと知らしめられた気がする。
セリフや音楽、北イタリアの美しい風景1つ1つがこの映画とマッチしている。ラストシーンはとても印象的だった。
一度観ると忘れられない作品だと思った。
リンゴ

リンゴの感想・評価

4.0
甘酸っぺ~!!
もうひたすら甘酸っぱい。

相手が同性だっただけで
初恋の経験は皆こんな感じだったのでは??

気がある素振りとか
好きって言えないもどかしさとか
でもずっと目で追っちゃうトコとか

遠いあの日の自分を思い出しちまった…!!

そいでさ、思いが通じた暁には

オリヴァー「あの時めっちゃシグナル送ってたし~ほら、身体硬いからってほぐしたやん?でもぅ嫌みたいだったから諦めようとしたのん~」

エリオ「そうだったんだ~(*´ω`*)」イチャイチャ

みたいなやり取り(≧▽≦)!!

やるやるやる!
やったやったやった(笑)!

いつから好きだったかとか教え合ったりさ、するよねしたわ~


…ちょっと自分に重ね過ぎました(笑)


両親がね、又理解ある二人でね~
羨ましいわ~。
こんな親欲しい(笑)

モーリスも大好物、じゃなかった大好きなんですがコレもイイ。
音楽もイイ。

最後まで甘酸っぱかったデス。
zhuye

zhuyeの感想・評価

-
ちょっと眠い時に見てしまったので評価なしで。でも良かったと思う。
北イタリアの自然とか街並みとかがすごく綺麗だった。じわじわ変わっていく心情とか関係とかを描くのとか、いちいちの仕草へのカメラとかが細やかだった。
ギリシアとか、果実とか、ハエとか、なんか意味するところがあるんやろうなとは思っててんけどわからんくて、他の人の解説?感想?見てなるほどー!!!ってなった。
なんか、同性愛とかも含まれてるんやけど、それ以上に、それ以前に、1つの恋の映画だった。し、背後にあるメタファーとかもいろいろ作り込まれた映画だった。
お父さんの言葉、全部良かったけど、個人的に「善良」って言うのが良かった。悪いことじゃないんやなって。
家族では見れないです。
この作品を駄作扱いする奴とは暫く喋る気無いね、ってのは過激過ぎるかな。大袈裟に鳴らないサウンドトラックなんてここ最近で久しい。あのスフィアン・スティーブンスの美しい楽曲が映像に溶けあう。劇中の音楽の全てが“映像と共に”流れる。余りに自然に映像と一体になっている。
映像とセットと音楽が見事に融合した流れを甘酸っぱい一夏が流れていく。プロットはありきたり、しかしながらこの破壊力。参ったね。クラクラ。
それにしてもファッションが最高。真似したくなっちゃうよ。似合うかは別の話。
>|