君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

のん

のんの感想・評価

4.5

主演のティモシー・シャラメ、素晴らしいのひと言。
夜観て良かった。余韻に浸れる。


“LGBTもの”とされてしまいそうだけど、それは単にめぐり合いと繋がりの「稀少性」を表現する手段だと思えば、誰もが経験しただろう恋の話と同じ。


最初はとにかくエリオ(シャラメ)の、どの角度で切り取っても美しい顔立ちと若くて薄い身体、青春の刹那に魅了されたけれど、進むにつれて自分の過去の恋の記憶が甦り胸がざわつきドキドキ。
とても官能的でフレッシュで、痛いほどの恋心が丹念に描かれてて泣ける。
ラストのお父さんの言葉が身に染みてわかる年齢の私にはひたすら眩しかった。

ジェイムズ・アイヴォリーは監督ではないけど、原作の脚色と製作で参加してて、緑のさざめくこの懐かしい感じはジェイムズ・アイヴォリーならでは!と納得。

明日はどこか緑のあるところまで自転車に乗って、散歩しながら余韻に浸って、疲れたら木陰で読書して、また思い出して、で、衰えた身体と心を慰めようと思う。
-0.5は心に切なさが突き刺さって痛いので残した余地。
映像美〜〜
非常にえっち
80年代の北イタリアの避暑地でバカンスを過ごす多感な少年が、アメリカ人青年とのひと夏の出会いと別れによって性の目覚めを体験する文芸ドラマ。ヨーロッパのお金持ちのバカンスはこう楽しむべき、みたいなプレッシャーがきつい。2人の想い出の曲がサイケデリック・ファーズで、夏にはギリシア彫刻みたいだった浮世離れした少年が、冬になったらプリティ・イン・ピンク状態になっており、その時代のヨーロッパのティーンらしさが見られた。撮影はイマイチ。2人のウキウキ小旅行のロケ地の街並みが変にぞんざいだった。
2018.6.21 映画館(字幕)
あの場所の風景があるから、それぞれの言葉とか想いがそのままに入り込んできた。
どんなことであっても美しい思い出や誰かへの想いは忘れないでいていいんだと思う。

最後のお父さんの言葉は名台詞すぎる。
わたしも30までに心を擦り切ってしまわないようにしたい。
しばこ

しばこの感想・評価

3.3
俳優さんがギリシャ彫刻。映像は光の取り方が綺麗だったし、一瞬一瞬の持つ輝きが存分に引き出されていた。
時間の流れがゆっくりしたバカンス的な雰囲気はすごく伝わってきたし良かったけどその分少し間延びして感じたかも。
ベスト小道具賞は果実とピンクのパンツです
MitaKo

MitaKoの感想・評価

3.8
美しい。人に想いを寄せる様子、愛する喜びと苦しみを実に丁寧に描いてる。
夏休み、街ぶらぶらして、水遊びして、草むらに並んで寝そべる。これって最高。
何も考えずにみるとただのAVなんだけど、よくよく考えると深いことに気づく。親父さんの言葉が全てだよ。冒頭寝てたからめっちゃ話掴むの大変でした。間延び感あるのが残念。
ひな

ひなの感想・評価

5.0
美しさしかなかった世界平和、理想すぎる
bunta

buntaの感想・評価

5.0
映像というより記憶を観ていた。
>|