君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

美しく知的に描こうとしてしてるが、その裏に巧みなビジネスの臭いを感じる。
どうしてだろう?

この手の映画で気になるのは、
同性愛の人を美しく繊細に描きすぎてること。これも一種の差別だと思うので。
彼らは普通の人。普通のカップル。綺麗に描くほど、取り繕わないといけない存在に思えてしまう。
この点、ブロークバックMtのように風景は美しいが、本人たちは自然に描いた作品が良いと思う。

普通恋愛は、肉体欲望と精神欲求の2種類とおもうが、
この映画で、エリオとオリバーの関係は、肉体欲望が目立ちすぎる。
単にやりたいだけのゲイに見える。だから別れても、単なる良い思い出で片付けられる。
この点でも、イケメンのゲイを美しく描いてれば、客は喜び、注目されるだろうという、下心が見える。
彼らを私たちと同じ、普通の人としては描けないのか?

いつも思う、
精神的には男を求め、肉体的には女を求める。こんな私は、同性愛者なんだろうか?
murajun

murajunの感想・評価

3.7
劇場公開時は見逃し、最近予告編サーフィンしてたら凄い良い!と、気になっていたところ。ピカデリーで爆音映画祭という「グレイテスト〜」や「ボヘミアン〜」の中にさり気無く肩を並べてこの映画が再上映されていて心踊らせ新宿に向かった。

男性版アデルとでもいうのか、映像美と音楽が良かった。そしてイタリアの土地・雰囲気も見てて楽しい。キネカの2本立て観たかったな
いや爆音映画祭の中に入ってるのはおかしいなと不思議に思っていたが、強いて言うなら、エリオの部屋の扉が閉まる音でびっくりするとこなんじゃないかと。
りさ

りさの感想・評価

5.0
俳優の伊丹十三はヨーロッパ退屈日記において「ストーリーを直接語ることなくしても美しい映画が好きだ」と言っていた気がする。Call me by your nameはまさにそれが当てはまる作品だと感じた。
どこを切り取っても美しいその磨かれた感性にどっぷりと浸かる時間はたまらない幸福であった。
「アデルブルーは熱い色」を見ても感じたが、同性愛である人は感性が非常に豊かであり知性もある人が多いのではと思わせる。儚さの中にある美しさがあり愛とは何か芸術とは何か、考えたくなるのだ。

彼の葛藤やもどかしさは窓から入ると光や木陰によって、禁断の愛はアプリコットで表現されているところが好きだ。

爆音上映で観たこともありサントラも感情描写であるとひしひしと感じた。五感で何か感性を揺さぶられることに心地よさを感じる作品であった。
naoshi

naoshiの感想・評価

4.3
爆音映画祭にて。瑞々しい言葉と表情が全編に渡って写し出される水の光景と相まって世界を輝かせる。それだからこそ、雪もまた美しい。銅像を囲んだあのショットは本当に見事。
あと、親がもう、すごくよいです。

めっちゃタバコ吸いまくってたな。
なつこ

なつこの感想・評価

4.0
Mystery of loveで泣きました
つね

つねの感想・評価

-
詩的な作品
とても好き
>|