君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ラブストーリー。分かりやすくそう。男性にはわからないかもしれない。それでいい。ストーリーの中盤まで、トロトロ進むけど、それでいい。2人の気持ちが通っていちゃついてるのもいい。絶妙のタイミングで流れたMystery of Love、この幸せに終わりがあると分かりきってるから泣ける。エリオの父のコメント、人生の全てに響いて泣ける。エンドロールのエリオの表情、観てるだけで涙止まらない。‘ブロークバックマウンテン’以来、最も切ない、同性恋愛の映画かもしれない。とにかく、泣きました。
marica

maricaの感想・評価

2.0
周囲で大絶賛されており複数回観に行ってる人もいたくらいだったので期待していたが、ストーリー的には薄っぺらくてがっかり。どこかで深い言葉のひとつでも聞けるかと思ったが、最後の父親の台詞でさえ寒く感じた。ただ、上映中ずっと美しい絵画を眺めているような、恍惚とした感覚にはなった。お洒落な美容院とかで無音で流しておくとかが似合う映画なんじゃない?でも好きな人の名前で自分を呼んでもらうっていうのは好き。
mtzn

mtznの感想・評価

3.8
まあ単純に言っちゃえばBLではあるんだけど、それはあまりに単純で、好きになった人が男という性別だった、ということ。それはそれぞれの恋愛でも、たまたま相手がフリーターだった、とか、大学生だった、とかそういうレベルでの自然さ。恋愛に理屈とかルール、カテゴリーは関係ないんだという。

ただ、好きであることと、好きでいてもらうこと、ずっと一緒にいれること、結婚することは必ずしも綺麗に揃うものではなくて、その苦しさと切なさ、儚さを綺麗にズドンと打ち込んでくるので、そのまま心奥に入ってくる。

ラストシーンのシャラメくんの表情が印象的。
あれは何を意味するのか、きっとどちらにも取れるものではあるけど、それぞれが置かれてる状況によって捉え方は全く違う気がするな。
あゆか

あゆかの感想・評価

3.0
2018/5/21 鑑賞
北イタリアに行ってみたくなるくらい、何もかもが美しい作品。

このレビューはネタバレを含みます

同性愛のハードルは当事者にしか分からないけど、お互い理解し合う事と、周りが理解する事
その2つが物語になるのかな。
父や母が受け入れてくれることはとても有り難い事だなと思った。
親父が言っていた「痛みを葬るな」という言葉を体現するようなエリオの涙を流す姿を淡々と写しながらエンディングが流れていたのが良かった。
Komey

Komeyの感想・評価

3.5
描写がすごい綺麗だったし、表情一つとっても美しかった。
難しい役なはずなのに自然体で。
エンドロールが新しい感じがした。悲しいけど、彼の奥では普通の日常が広がってて、食器の音とか、声とか全部が新しい!って思った。
byrd

byrdの感想・評価

-
@シネマロブレ
うみず

うみずの感想・評価

3.8
ふたりが話すとき、音楽もなくて彼らの動く音だけがやけに大きく聴こえてドキドキしてた
summer

summerの感想・評価

3.5
ひと夏の想い出が一生の想い出になる感。
#085
ふたりが美しくて眩しくて目を細めたよ

衣装のサイズ感とか天才的
>|