君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ラブストーリー。分かりやすくそう。男性にはわからないかもしれない。それでいい。ストーリーの中盤まで、トロトロ進むけど、それでいい。2人の気持ちが通っていちゃついてるのもいい。絶妙のタイミングで流れたMystery of Love、この幸せに終わりがあると分かりきってるから泣ける。エリオの父のコメント、人生の全てに響いて泣ける。エンドロールのエリオの表情、観てるだけで涙止まらない。‘ブロークバックマウンテン’以来、最も切ない、同性恋愛の映画かもしれない。とにかく、泣きました。
7

7の感想・評価

4.0
普通に切ないラブストーリーかと思いきや、最後のお父さんがエリオに語りかけるシーンで一気に良い話だな〜ってなる
切なさとか、苦悩とか、救われる感じ
経験は無駄じゃないんだなって思わさせてくれる
n

nの感想・評価

4.5
夕方に眠いなぁって半分寝ながら見たのですごく心地が良かったです。笑
ここまで主人公の気持ちと一緒になって、待ち焦がれたり満たされたりってした映画は初めてでした。
恋愛の過程で相手と自分が一体化してくる、というのは良く聞きますがその過程が丁寧に描かれていたと思います。題名にもあるように。
LGBTを描く作品として有名ですが、その葛藤もありつつ、自分の感情に赴くままの激しさや繊細さがあって、普遍的な恋の物語であると感じたし、最後のパパの言葉は誰にとっても重要な言葉だと感じました。自分の気持ちを素直に認め抑えないこと、大事にしていきたい!

真冬だったんで、次は夏の夕方にみようと思います。

このレビューはネタバレを含みます

近かったのに目黒シネマに初めて行った。

とにかく映像が美しい。
スクリーンを通して川沿いを流れる風や、太陽に照らされた草木の匂いを感じられる。
実際にその町にいるかのよう。
前半は避暑地の風景と人物の個性、人間関係がゆっくり描写される。

その中で主題となるのは青年同士が惹かれ合う同性の恋なのだが、まるで異性との恋愛のように恥じらいや切なさがあり、自然と主人公の恋を見守ってしまっていた。
さらにこの作品は家族やガールフレンドの存在が大きい。
単純なBLではなく、人を好きになる事の嬉しさ、切なさが取り巻く人物達の言動によって肯定されていく。
同性愛で失恋という結末であっても決して暗く、後ろめたく、絶望的ではない。エンドロールでひたすら泣いているシーンですら、むしろ希望を感じさせてくれる。
YukiDan

YukiDanの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます


このエンディングは反則だろ
アサミ

アサミの感想・評価

4.0
渋谷

切なくて、苦しくて、愛おしかった。すぐにサントラを購入。
Zuko

Zukoの感想・評価

3.8
美しい顔!美しい体!
美しい街、自然!
アプリコット!!!

最後の暖炉のシーンはすごい
早く立ち直ろうと自分の心を削り取り、30歳までにはしっかりすり減って新たな人に与えるものが失われる。

文学的で説明の少ない映画だから感覚で見ていたけど、なんとく伝わるし美しい演出だった。ブロークバックマウンテンもそうだけど、大自然とゲイの組み合わせは尊い😭
結果はなんとなく分かっていたけど切ないよね。
sena

senaの感想・評価

4.5
綺麗な映画と音楽。

どんどん入り込んでしまう。
>|