君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

ひつま

ひつまの感想・評価

5.0
あまりに素敵であまりに儚ない、くるしい

胸張り裂ける覚悟で見てくれ
衝撃よりもじわじわと締め付けられるこの苦しさ

北イタリアの夏
一生忘れない恋の喜びと痛み

エリオの割り切れない、複雑な気持ちってのが上手く描かれていて細かい心境が本当よくわかる。ティモシーくんの迫真の演技には度肝抜かれた。圧巻!エリオの抱きついたり噛んだり舐めたり一つ一つの動作が可愛すぎる愛くるしい、ありゃ誰だって好きになる見てるこっちがドキドキした。

水面、木漏れ日に廊下、本と自転車。映るもの全てが心地よく思い出がフラッシュバック。初々しくも官能的な描写が忘れられないです。ジブリ感..◎

物語とどこか外れたサイケデリックファーズが良い味出してました。

これは太陽と月に背いてを見た時と同じ感覚、いやそれを超えるくらい良かった第二のディカプリオと言っても良いほど。

家族みんなが理解して支え合うってのは凄く良い事だし、時代が変わるごとにLGBTの理解も深まって今ではそれが普通であると考えるようになった。日本ではまだ社会的に受け入れがたいのかもしれないが、この映画をみて新たに生まれる価値観ってのがあると思う。だからたくさんの人に見て欲しい!

本当に良かった。

とりあえずね、一番の衝撃は
自転車のサドルの高さですね?
hirt

hirtの感想・評価

4.2
エリオが最初に食べたあんずは熟してないのに性に目覚めたあと食べるあんずは完熟なのがなんかすごくいい
桜

桜の感想・評価

-
きれいよ
K

Kの感想・評価

5.0
タイトル通りだけど、自分の名前を呼ばれるたびに愛する人のことを想う
ズルイけど、お互いそうやって想い合う約束をしたから、多分忘れないし忘れられないんだろうな、この恋は
ミ

ミの感想・評価

4.0
やわらかく美しくやさしく穏やかな映画
こんなにもどこを切り取っても絵になるのすごい

このレビューはネタバレを含みます

最後にティモシー・シャラメの泣き顔で全部持っていくスタイルは素晴らしいけど長い。前半登場人物全員がだらだらしてる間何も感じるところがなかった。
mogulas

mogulasの感想・評価

4.0
古き良き映画のようなノスタルジックな映像美と斬新な演出が見事に融合してる。ラストシーンの暖炉にあたるエリオの表情アップ長回しでエンドロール行くのは素晴らしい。

繊細なラブストーリー。終盤の父親の語り、最初はずれたこと言ってるシーンなのかと思わせるくらい遠くからな語りなんだけど、もう一つって言ってからの、私は逃してしまった、人生は一つの体と心しか与えられていない、お前の人生はお前で選べ、喜びも痛みも忘れるな、みたいなのは全部染みた。

とにかくティモシー・シャラメの演技はいいですね。若さゆえの勢い爽やかさ清々しさみたいなものと若さゆえのどこにも発散できないぐじゅぐじゅしたものをうちに抱え込んでる苦しさみたいなものが表現されてる。

全く予備知識なしで観れたのも良かった。
あとで脚本ジェイムス・アイヴォリーで音楽スフィアン・スティーブンスと知って驚いた。言われてみれば中盤ちょっとダレ気味になる感じもジェイムス・アイヴォリーっぽい。

一つだけ文句つけると、セックス描写が逃げてるように思えた。このテーマで全く直接的な描写しないってむしろ不健全。差別意識丸出し。アプリコットに性器を突っ込むという”文学的な”描写は許されてベッドシーンはダメなのか?最初の窓の外にカメラ降って木を映すところなんかは、あまりにも古くさすぎて、撮る方も撮りたかったんですけど配給の問題でダメって言われてるんです、わかってね、みたいなエクスキューズにさえ見えたわ。そんな言い訳してないで戦えと言いたい。いや完全に妄想で言ってるけど。
insomnia

insomniaの感想・評価

3.8
常に美しい映像でどこを切り取っても絵になる。
ストーリーの流れが良かった。
完成されていない少年だからこそ恋をしたかもしれない青年。
全てを捨てる覚悟なんて何処にあるんだろう。
こんなに切ない青春なら要らないと思えるくらい悲しく甘い話でした。
エンドロールと、父の存在感が素敵だった。
リ

リの感想・評価

-
切なくなるぐらい美しい愛だった
綺麗だった切なかった
ティモシーシャラメ サングラス ラコステ の組み合わせが最強かっこいい
>|