君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

あまりに素敵であまりに儚ない、くるしい

胸張り裂ける覚悟で見てくれ
衝撃よりもじわじわと締め付けられるこの苦しさ

北イタリアの夏
一生忘れない恋の喜びと痛み

エリオの割り切れない、複雑な気持ちってのが上手く描かれていて細かい心境が本当よくわかる。ティモシーくんの迫真の演技には度肝抜かれた。圧巻!エリオの抱きついたり噛んだり舐めたり一つ一つの動作が可愛すぎる愛くるしい、ありゃ誰だって好きになる見てるこっちがドキドキした。

水面、木漏れ日に廊下、本と自転車。映るもの全てが心地よく思い出がフラッシュバック。初々しくも官能的な描写が忘れられないです。ジブリ感..◎

物語とどこか外れたサイケデリックファーズが良い味出してました。

これは太陽と月に背いてを見た時と同じ感覚、いやそれを超えるくらい良かった第二のディカプリオと言っても良いほど。

家族みんなが理解して支え合うってのは凄く良い事だし、時代が変わるごとにLGBTの理解も深まって今ではそれが普通であると考えるようになった。日本ではまだ社会的に受け入れがたいのかもしれないが、この映画をみて新たに生まれる価値観ってのがあると思う。だからたくさんの人に見て欲しい!

本当に良かった。

とりあえずね、一番の衝撃は
自転車のサドルの高さですね?
ユ

ユの感想・評価

4.7
最高に良すぎる
夏を感じるのにぴったり
わたしも北イタリアでひと夏の儚い思い出作りたい
曲もファッションも最高
hnk

hnkの感想・評価

4.0
私もこんな夏過ごしてみたかった〜〜1ヶ月くらい避暑地いってなんもしない時間過ごしたい
そういう趣味ないけどなんか尊いな〜って感じ
ティモシーシャラメがとにかくかわいい、演技うますぎて映画見てる感じしなかった
エリオの両親素敵
終わり方は謎
Rio

Rioの感想・評価

4.3
aesthetic.
MOMO

MOMOの感想・評価

4.9
これだけは上京する前に家の大画面で観たいと思い鑑賞
こ

この感想・評価

-
もう目と耳が始終幸せ
どこを切り取ってもティモシーシャラメが絵になる
いろんな言語で会話するの独特でおもしろいから見るのすきなんだけど 吹き替えが入野さんと津田さんって知って つい吹き替えで見てしまった 🤭❣️
最後のエリオの涙のエンドロールがすき
りんご

りんごの感想・評価

4.0
ティモシーくんが可愛い&かっこよすぎた🤧
音楽やちょっとした素振り一つとっても胸が強く締め付けられるような気持ちになったりしました。

最後のシーンではエリオの心情が痛いほどわかって少し辛かった😢
映像美が見事だし、アーミー・ハマーの肉体美とか、二人の間に流れる言語化できないセクシャルな雰囲気みたいなものが美しかった。
とにかく言語化しない映画だなと思った。みんな具体的・即物的な物言いはしないし、相手の解釈に委ねている。
逆に言えば「分かりやすさ」みたいなのが無いということで、「え?え?どういうこと?」「なんでそうなるの?」と思ってしまうところがあったと言えばあった。

なんとなく洋画の文法を期待して見ていたのが間違いだったかもしれない。制作国を調べたらイタリアフランスアメリカブラジルの合作とあって、あーなるほど!と思った。どちらかと言えば邦画に近い、展開の波が少なくて温度が低い在り方はフランス映画っぽいと言えばそうかも。
そして原作は小説ということで(これも後で調べた)、そう思うとストーリーラインもさもありなん。でも調べたところ、原作は結構官能小説に近い形なのかな?とも思った。

ラストの切なさ、みたいなのは感じられたけど、結婚っていうオチもまあ読めたしなあ…。物語としての淡々とした温度の低さは詩的と言えばそうだけど、感情を大きく動かすには物足りないかも。

アーミー・ハマーのズボンの丈がどんどん短くなっていくのに中盤からずっと気になってて、そしたら鷲掴みにするシーンがあったのでなるほど。と思った。特に前半から中盤、とにかく裸のシーンが多い。裸、水浴び、裸。
ティモシー・シャラメの身体はどこか危うい未成熟なティーンのようで、アーミー・ハマーの身体は肉厚でセクシー。ファン的にはあれだけで満足できるといえばそうかも。

基本的にセックスシンボルとしての役割?をアーミーの方が請け負っていたのが意外だった。(見る前は、アーミーが美少年のティモシーに熱をあげる映画かと思っていた。)
「美少年愛」みたいになるとニュアンスが大きく違ってくるからかな?(後時代的にも・・・)
セックスのシーンはニュアンスに留めているというか、最高に上品にした撮り方をしているなと思った。でも桃はないな。絶対果汁でぶつぶつができると思う。

同性愛抑圧の部分も、正直時代にしては描写がオブラートというか、甘いというか、この映画全体に言えることだけど直接的な描写はそれほどしていなかったように思う。うーん……!
いや!もう一回、家じゃなくて、今度は静かな映画館で一人でゆっくり見たら何か変わるかもしれない。理解したいし、感動したい!この映画を!
最高だった。同性愛がテーマだけど重すぎなくていい
夏に見れてよかった
>|