君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

anankeigo

anankeigoの感想・評価

4.1
ハエと卵とアプリコットがメタファー。

ラストのお父さん良かった。
にしても、観客の9割女性だった。
みしよ

みしよの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

綺麗なところしか無い映画でした。
北イタリアの景色と生活が綺麗。広い家の中庭のテーブルでしぼりたてのジュースを飲みながら朝食を食べる。暑い陽射しの中川で泳ぐ。自転車で街に行く。全部の景色が綺麗。
あおい

あおいの感想・評価

3.5
とにかく映像と音楽、ピアノの音色が美しい。

ひと夏の経験って感じの話だけれど、男同志というのが、今風。

男の子達も美しいけれど、それを丹念に丁寧に描いた映画。だけど途中で飽きてしまいました。

ヨーロッパの夏の光線って、日本と違う。日光の色や日陰のひんやり感も違う。北側の窓から見る明るい夏の庭の描写が、昔過ごしたイギリスの夏を思い出し、美しさ懐かしさ満載でした。
北イタリアの話だけどね!
ティモシーシャラメもアーミーハマーもまず顔が良い。私の貧相な語彙では表現しきれない美しさで心にグサッときた。映画終わったときの悲壮感がすごすぎてしばらく立ち上がれなかった。
Mietta

Miettaの感想・評価

3.5
みずみずしい若さ、北イタリアの澄んだ空気
ラヴェルの音楽とぴったり
ohana

ohanaの感想・評価

5.0
ラブストーリーが苦手です。
ボーイズラブはもっと苦手です。
...というこれまでの食わず嫌いを後悔する程の素晴らしさでした。
男同士の関係を必要以上に美化せず生々しく描いている所、ラストシーンの素晴らしさ。
そして何よりその一つ前の父親との対話、言葉では言い表しきれない切なさと美しさでした。
震えるくらい美しい映画でした
人間も自然も
世界を肯定したくなる
こんな青春を送ってみたかった
ラスト、泣いてしまったなあ
pico

picoの感想・評価

5.0
5/16.5/17.5/27
>|