君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

みくし

みくしの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

大人の映画だった

いままででいちばん大人な恋愛映画だったし、いままででいちばん哀しい失恋だった…。あああ…。

人が動いて、画面からいなくなったあとも数秒間おなじ風景を撮ってるとことか、ほかの映画だったら無駄な時間なはずなんだけど。なんかそういうのがめっちゃよかった。なにげないシーンがめちゃくちゃ良くて、つまりそれがふたりの大事な時間で、そういう映画だった。なにげなくて大事な時間を、なんと美しく表現しているのでしょう


ラストシーン?というかエンドロール?が良すぎ。いちばんすき。

あと両親がサイコーに良い人だった
Miyu

Miyuの感想・評価

4.2
異性を好きになるのが当たり前って考えがそもそもおかしいよなぁ

好きな人と一緒に過ごす時間て本当に幸せだなって思った。
エリオの両親素敵すぎて私もあんな親になりたい。

全部が綺麗な映画。
エンドロールのティモシーシャラメの表情が一番好き。
ご

ごの感想・評価

3.8
心は知らずに老いていく。体は誰にも注目されなくなる。
素敵だった。理解できなかったところがあるのが悔しい。
Mayu

Mayuの感想・評価

5.0
Too beautiful
キリ

キリの感想・評価

3.9
もっと淡くてキラッとした青春系やと思ってたら、なかなか深くて複雑な色の青春やった、、

お父さんが偉大すぎる。

絵が全部全部きれいで見惚れた。
映画館で観れてよかった!
映画館で見る。ということに意味がある作品だと思ったので、忘れないうちに書き連ねます。長い。
.
舞台である北イタリア避暑地の涼しさや美しさ、自然、自由、全てが魅力的。
建物も素晴らしいし、街並みも綺麗
登場人物も素直で嫌味が無いし
なんといっても食事…なに食ってっか分かんないんだけど朝食シーンは何度見ても良い。たまご?かわいい。
あと、服装もすごく良い。シャツと特にリュック。欲しい。
.
アプリコットを官能的に使うんだけど
普通に考えれば変態〜〜!
でもそう思わせないのが凄い
きっと主演のティモシー・シャラメの
顔と体と表情からの儚さがそうさせているんだと思う。
アーミー・ハマー、ふつくしい…
ベストカップル過ぎますよね。溜息が出る。
.
特にグッときたシーンがいくつかある。覚えてる範囲で。
・お母さんが小説を翻訳してお父さんとエリオに読み聞かせているシーン
…イタリアの文化は分からないけど
家族が寄り添って穏やかな時間を過ごしているのって良いね
・エリオとオリバーが出先で滝に向かって岩を登るシーン
…激しい滝に向かって足場の悪い道を2人で進んでいくのを俯瞰で見て、これからの2人の未来が見えた時に泣いてしまった。
・同性愛者であるエリオにお父さんが言葉を送るシーン
…あんな両親を持ててエリオは羨ましいなぁ。オリバーは父に知られたら矯正施設行きだって言われると言ってたしね
・最後、エリオが暖炉と向かい合っているシーン
…演技もそうなんだけど、後ろで食卓の用意をしている家族が良いなと思った。
別に無くても良いシーンなのに、それがある意味を考えたら、家族の温かさというとこにたどり着いて胸がぎゅっとなった。
そこからエンドロールにいくんだけど
焚き火の音がしばらく文字とともに流れて
アーーーもう最高の映画だった…
となった。
.
原作にはまだまだ続きがあって
続編ありきで作ったみたいなので
楽しみです!
なぎさ

なぎさの感想・評価

3.8
すごくゆったりとした空気感の中の情熱というか、、そんな感じがすごかったです。
ラストがとても好き
オープニングもエンディングもきれい
後、俳優さん2人がきれい
君の名前で僕を呼んで、のタイトルは忘れない。。
4

4の感想・評価

-
心に響いてくる。
極限まで純粋な愛が、言葉だけでなく身体的な表現でスクリーンに映し出されていた。
美しく洗練された映像とピアノの旋律が内容と合わさり、純化された深い愛が感じられた。
最後の暖炉のシーンがすごく良かった。
星火

星火の感想・評価

3.5
オリヴァーも、何一つ忘れないと言ってくれたのは救い。愛していたことを否定しないことはとても素敵なこと、そうであってほしいことだ。

だけど、オリヴァーにとってエリオと添い遂げられないのは、少年だから?少女じゃないから?婚約者や、エリオの彼女や、エリオの父の妻はどんな存在?本当に好きな人の代わりの人?

男同士の関係で完結するならば、萩尾望都の少年たちを見るように受け入れられたのだろうなあ。BL好きとかではないんだけど、私も同性愛をある種のエンターテイメントとして見ていたのかも、と、自分にももやもや。

普通に男女が世の中で暮らしていたら、こういう類のもやもやは当然起こってくるんだろう。特に思春期、小説で読んだことのある「好き」と照らしながら、自分にとっての「好き」を掴み取っていく時期。
ぽっぽ

ぽっぽの感想・評価

4.5
とても美しい映画だった。全てが甘くて切なかった。色んな言語が使われてるこの映画は字幕で見るべきだと思った。

視覚と聴覚が美しさでいっぱいになるので、それだけで満足できるけれど、ギリシャ神話や西洋の古典芸術に造詣が深ければ、もっと楽しめると思う。勉強してからもう一度見たいと思わせる映画だった。
>|