君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

ずーーっと、ずーーっと満席が毎日続き、一番後ろで隣は空席で観たい私は、こんなにも待たされた映画はありませんでした。2018年アカデミー賞脚色賞を受賞し、主演・助演男優賞にもノミネートされていたし、海外レビューも絶賛ばかりだったので、相当期待していたのですが、裏切りませんでしたねー。ちゃんと映画らしい映画。こういう感覚はパターソン以来かな。これをLGBTQ映画とカテゴライズしないほうが良いと思います。むしろ私はマディソン郡の橋と同一カテゴリーに入れてほしい感じ。誰にでもある、触れられたくない大切な大切な宝箱の話ですよ。いいですねー、美しくて。しかしこの作品の細かさには驚かされます。演者の所作ひとつひとつ、場面に切り替わりのひとつひとつ、分かる人にはピンとくる心憎い設定で、私は途中から気付いたんだけど、きっと最初からだったんだろうな…。
エリオ父の
「痛みを葬るな。感じた喜びで満たせ。」は重い一言でした…。
しかもタイトルにもなった「Call Me By Your Name.」なんて色っぽいセリフでしょう!いいなー!!キュンキュンします。
mizuki

mizukiの感想・評価

3.8
同性愛をテーマにした作品は、
苦手なはずなのになぜか美しく感じました。
イタリアの風景、キャスト、服装、美術、映像、音楽。

恋と共にいろんなことを学び、
大人になっていく姿がとても良かった。
エリオのお父さんが最後にいうセリフが、
心に染みました。残りました。
でも見終えて率直な感想は "切ない"

エンドロールまで素敵でした。
メメ

メメの感想・評価

4.5
なにもかもが眩しかった。
下を見れば太陽に照らされた海や川の水面が、上を見れば葉と葉の間から差す木漏れ日が、きらきらと輝いて揺れている。

エリオがオリヴァーをエリオと呼び、オリヴァーがエリオをオリヴァーと呼ぶそのとき、わたしはなぜだか泣きそうになって仕方がなかった。
知性や言葉をもってしてもどうにもならない愛や恋。流れ出す卵の黄身や滴る果物の果汁のように、溢れて止まらないそれを、こんなに眩しく描かれたらもう、好きに決まっている。

恋の痛みも喜びも知って、ぼくたちは大人になっていく。
お父さんがエリオに願ったように、心を擦り減らさないまま、この夏の全部を宝物のようにいつまでも大切にしていてほしい。

"君の名前で僕を呼んで"
こんなことを誰かに言えて、誰かに言われる人生、尊すぎてクラクラする。
とも

ともの感想・評価

5.0
終わった瞬間涙溢れ出た...
8

8の感想・評価

3.5
美しい映像、音楽、俳優に囲まれてのあっという間の2時間だった。
2人の深い絆は〝ひとときの恋〟であったわけで、同性愛という言葉一つでは言い表せない特別な瞬間であったのだと思う。とにかく、青年であるティモシー・シャラメの一瞬見せる大人の色気のようなあの表情は本当に見るものを引きつける。
美しい...

久々にこんな良い映画観ました。って感じです。
Akiko

Akikoの感想・評価

3.5
2018.10.19 dvd
59
sakae

sakaeの感想・評価

4.0
すごく綺麗で、純粋。
でも、生き方だったり、人との繋がりだったり、さらっと盛り込んでる感じが素敵でした。
なつ

なつの感想・評価

4.5
中盤まで、
眠くなっちゃう系だなーと思いながら
でも耐えて観たら

ジワジワはまってきて
最後にガッチリつかまれる

最高の映画だった!!

ゲイの純愛映画は
どれも美しくってなんかシャレてて
素晴らしいのはなぜだ!

ブロークバックマウンテンしかり、
シングルマンしかり。
>|