君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

ずーーっと、ずーーっと満席が毎日続き、一番後ろで隣は空席で観たい私は、こんなにも待たされた映画はありませんでした。2018年アカデミー賞脚色賞を受賞し、主演・助演男優賞にもノミネートされていたし、海外レビューも絶賛ばかりだったので、相当期待していたのですが、裏切りませんでしたねー。ちゃんと映画らしい映画。こういう感覚はパターソン以来かな。これをLGBTQ映画とカテゴライズしないほうが良いと思います。むしろ私はマディソン郡の橋と同一カテゴリーに入れてほしい感じ。誰にでもある、触れられたくない大切な大切な宝箱の話ですよ。いいですねー、美しくて。しかしこの作品の細かさには驚かされます。演者の所作ひとつひとつ、場面に切り替わりのひとつひとつ、分かる人にはピンとくる心憎い設定で、私は途中から気付いたんだけど、きっと最初からだったんだろうな…。
エリオ父の
「痛みを葬るな。感じた喜びで満たせ。」は重い一言でした…。
しかもタイトルにもなった「Call Me By Your Name.」なんて色っぽいセリフでしょう!いいなー!!キュンキュンします。
色々な愛情の形に心が揺さぶられた作品
感動で涙が出るというより苦しい位胸が締め付けられました。

作中の音楽がとても素敵。
君の名前で僕を呼んで


今作が 本日で最終上映でしたので、
久しぶりになんばの劇場で鑑賞。
ホモだけの恋愛だと思ってましたが
男女がちょめちょめの場面もあり
驚きを隠せない所存です。

エンドロールに入る前の
17歳の主人公の表情が印象的。


が、しかし!!
くそおもんなアンニュイ映画でした!
時間の無駄無駄ですわ。
ai

aiの感想・評価

3.3
美しい北イタリアの自然と街並みの中、
気の向くままに、泳いで、本を読んで、ピアノを弾いて、眠って、セックスして。
なんつー羨ましいひと夏を送っとんじゃい!
平成最後の夏はこんな風に過ごしたいわ。

この夏限りの恋はね、、美しいというか生々しいというか…。
美形で画を保ってる感は否めず。
アプリコットはもぉぉ〜。。
うちにあるアプリコットジャムの消費が滞ったらどーしてくれるの!笑
でもこの恋から得た喜びや痛みの経験は尊い。
知らないうちに心は衰える。
そうだなぁ、と、思います。
ミ

ミの感想・評価

4.5
美しい、尊い
osamuyo

osamuyoの感想・評価

3.8
素直に青春時代の淡くて苦い恋の物語を描いた作品。一般的に取り沙汰される同性愛への視点なども排した、綺麗な作品。
場所、時代設定も全て絶妙。夏のイタリアの太陽の元、澄んでいて且つ強烈な自然の色と熱気に包まれて、2人の距離は近づいたり遠ざかったり。
2人を取り囲むキャラクターも程よく愛せる人たちばかり。特にお父さんお母さんは、暖かい眼差しを若者に投げかけ続ける。最後のお父さんの台詞のなんと詩的で綺麗なことか。
この退廃的なかんじ…なつかしい。。もう忘れかけてたなこの感覚は。中高生の時に三島由紀夫を読んだときのような。とくに印象的なのは男の子の秘密の場所での最初のチューのとこ、つかずはなれずのこのかんじな。。ぼくはバイってわけではないけど、初チューは男子だったので、なんともなつかしい。最後のチューはピンボケてのがまたニクい。

景色もいいな〜。このバカンス感がまた退廃的ですわ。83年て設定もええんやろなぁ。チェーン店的なノイズもないギリギリの時代なんかな。出てくるクルマがみんなかわいいしなぁ。

そしてやっぱりお父さんの名言と最後の主役の子の顔。ちらちら飛んでる蝿と暖炉の音。
これはまごうことない名作です!!!!!!

しかしあんなずっと裸やったらそら変な気も起こしますよね。。
おかむ

おかむの感想・評価

3.9
よく行く映画館の最終上映が今日までだったので急いで観に行きました、間に合って良かった。

北イタリアの自然の景色、人物、音楽全てが美しかった。。。いつか行ってみたいな〜!!!
エリオとオリヴァーの美しくも儚い恋、官能的で凄くドキドキした。
最後のお父さんのセリフがこの物語のメッセージなんかな?
でもエリオの両親理解力ありすぎではないのかと疑問に思った。80年代の話だし今よりもっとLGBTには敏感だったはず。けど受け入れて更に寛容してくれる親ってなかなか居ないし、エリオは恵まれた環境で育って良かった…
桃の使い方は斬新だったが、あとはダラダラ甘ったるい
>|