君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

こころの動きが、
ちょっとした仕草や
それを彩る音楽で
美しく描写される。

父親が息子に語りかける、
その言葉もとても心に響く。

ただただ、好きで、好きで、好き、
でした。私は。
ちねん

ちねんの感想・評価

5.0
とても美しくて感動した。
shiro

shiroの感想・評価

2.5
この映画の素晴らしさは舞台が北イタリアということ。
ひたすらカラッとしていて暑苦しくなく、屈折した感情表現も嫉妬もどーでもよくなる。
色々大雑把にシーンが切り取られていくのはいいのだが、余白にあまり意味ない気がする。
とにかく風景が美しいなぁ…と思って見ていました。
エリオは自尊心の強い17歳のナイーブな感じが素敵。
そしてオリヴァーは…オリヴァー自体が大雑把で魅力的に見えん。
エリオはなぜ惹かれたのだろう。
Hal

Halの感想・評価

4.7
何度観ても胸が張り裂けそうな思いになってしまいます。
最後の4分間。。。。
全てがここに。。。
Skyler

Skylerの感想・評価

1.5
LGBTには何の偏見も持ったことがないので、逆に同性同士の恋愛を美化したような映像は逆に不自然に感じてしまう。

異性の恋愛と、同性の恋愛って何が違うの?

大学生と高校生の夏休み。
北イタリアの長閑な田舎の風景、そんな綺麗な映像で包んだ内容の何もないストーリー。

終始上半身は裸で、ピアノ弾くときも裸、食事して、飲んで、テレビ観て、あとは性的シーンばかり。
建設的なことは何もない。
気持ちも伝わってこない。

日米の興収通りのクオリティ。
アカデミー賞ノミネート?っていっても作品賞じゃないよ。
脚色賞。
素晴らしい。
LGBTを扱う映画の新たな理解領域に達した印象。
斜陽

斜陽の感想・評価

4.2
感動した。ここまで自然に満ち溢れた青春映画があったなんて。シャイなオリヴァーと17歳の多感なエリオ。夏の北イタリアで芽生えた二人の恋は、蒸し暑さもなく、ただただ官能的で...。

淡々としているからこそ、この世界が広がって見えた。
この映画はノスタルジックで懐かしさも感じる。だから、何度もないシーンでウルっとする。映画を観ているというより、思い出を追体験しているという気持ち。この創造性は凄い。
北イタリアの青空の下。二人を繋いだ、捨て去ってはいけない喜び。
言葉にもならない儚い思い出の数々。
これは一生忘れない一本。
Purin

Purinの感想・評価

3.9
とても美しい映画です。主人公の少年がひたすら美しく切ない。イタリアの田園風景が二人の恋愛をより美しく情緒的に描いています。ラストが予想通りではありましたが、そのラストの主人公の演技がとても余韻を残しよかったです。続編も何年後かに予定しているようですが、主人公の少年はあのまま美しくいてほしいなー。相手役はすでにまぁまぁ年を取っているから、撮るなら早めにお願いしたいです。あの作品は主演の二人が美しくないと台無しだと思うので。
kanai

kanaiの感想・評価

4.1
やっと観れました...すごい好き
1回観終わった直後無意識にもう1回再生してしまった...
美し過ぎるし、切ないし、とにかく余韻がすごい。
>|