君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

BiBi

BiBiの感想・評価

5.0
はじめはイケメンふたりのラブストーリー、という軽い気持ちで見に行った今作、もう、どうしてだかわからないけど、大っっ好きだった。死ぬまで大切にしたい映画に、久しぶりに出会いました。
映画館に5回も行ってしまった。パンフは通常も豪華版も買ったしサントラも買って1ヶ月ひたすら聴きました。

観る前は勝手にイギリスのお話だと思い込んでいたので、大好きな夏のイタリアが舞台であることにまず胸が踊った。
そんな避暑地を映した映像、流れるピアノ、英語とイタリア語とフランス語が飛び交う会話も、どこがどうという感想が言えないくらいどのシーンを取っても好き。永遠に見てられるかもしれない。

エリオとオリヴァー、ふたりの雰囲気がとても良かった。他のキャストもそうだけど、みんなお芝居とは思えないほど自然にそこに居て、心の動きを捉えることができた。
普段ラブストーリーをあまり観ない私だけど、ふたりが可愛くも見えたり、ドキドキしたり。まさに恋するふたりだった。プレスやオフの映像を見てると、アーミーとティモシーくんがとても仲良しで、こんな関係があの良い雰囲気を作り出しているんだなぁとほっこりしたりしています。

中にはひと夏、年上の男に誑かされただけ、という感想も目にしたけど、私にはとても美しい物語に思えた。ラストの2つのシーンの素晴らしさは、言葉にできないくらい感動した。この作品のあり方を示してる気がする。マイケル・スターバーグの眼差しの深さと優しい言葉に涙が出ました。

何と言ってもティモシー・シャラメ。彼の発見は大きい。期待しかない、これからずーっと見ていたい俳優さん。生きていく楽しみが増えた!

君の名前で僕を呼んで
本当に大好きな作品に出会えた。
もう何年も揺らがなかったベスト3映画だけど、そこに入れたくなるくらい。これからきっと何回も何回も観るんだろうな。

ルカ・グァダニーノ監督、他の作品も見てみようと思います。
生茶

生茶の感想・評価

-
記録
2018年64本目
minipen

minipenの感想・評価

-
エリオとオリバーの関係と同じくらい、エリオとマルシアの関係が印象的だった。

マルシアの立場はよくあるものなのかもしれないけど、マルシアのエリオに対する自己犠牲的な態度からは、それがエリオの父の話と並んで描かれることに違和感がないほど、無償の愛情が感じられた。

マルシアに注目してもう一度観たい…。
Nao

Naoの感想・評価

-
2018.7.20
Yuriy

Yuriyの感想・評価

3.9
かっこいい。
サントラほしい。
ako

akoの感想・評価

5.0
2回目を見てきました
景色がとにかく綺麗で坂本龍一さんのピアノの楽曲ととても綺麗に合っていて物語はさる事ながらあの綺麗な空間にもう一度入り込みたいという気持ちがありもう一度足を運びました。
とても切ない気持ちと大人になっていくような不思議な気持ち、この映画に出会えて嬉しい気持ちでいっぱいです。
17歳、私と同い年なのにも関わらずこんな経験が出来た彼は凄いなと思いますね…女友達と見に行くことをお勧めします。
個人的に落ち着きたいときに見たいです。何回も。
色、言葉、音楽、全てが綺麗。
見終わった帰り道も音楽がずっと流れてて余韻に浸りたくてサントラ買った☺️エリオのピアノが良い。
re

reの感想・評価

4.1
豊潤な生活の描写が美しかったのと、最後のお父さんの語りがすごく良かった
>|