君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

全てが美しすぎて(それにも意味があることは後でわかるんだけど)、なんか全体的に神々の遊びのような感じがした。

そして、ここまで美しくしてないと「違和感なかった」とか「同性でも全然構わないと思います!」って言ってもらえないのかと思うとゲンナリしたので星一個減点。

でも、
本当に音楽も映像も俳優も美しくて最高。
そこに意味もあるなんてほんと最高。


****


で、女の子が「私全然怒ってない」なんてこと言っちゃって、なんだそりゃ!嫌味の1つくらい言わせてやれよ!言いたいだろうに!と思って、マイナス6億点。。

美男子に群がるガールズが一様に薄っぺらい。
まぁこれも主役美男子2人の視点からだとこう見えてるってことなんだけど。


****


でも、ラストのある人の語りがあまりにも素晴らしくてプラス6億点。


つまり4点。



ネタバレはコメント欄に。



****


監督『胸騒ぎのシチリア』の人なんだ。たしかに映像美と心情描写に個性アリ。
こちらも面白いので、是非。
skh

skhの感想・評価

3.8
爆音映画祭
夏の恋は幻ってサンプラザ中野くんも言ってた
Natsu

Natsuの感想・評価

3.7
機内で鑑賞。音楽と、色彩が美しかった。もっと良い設備で、ワインでも飲みながら観たらより良かったかも。
認めます。
ドハマりしました。

最初はなんか良さそうな映画かなと軽い気持ちだったけれど
出し抜かれたとでもいいましょうか、心を掻っ攫われました。
ティモシーシャラメも怖いぐらい美しく、「若者のすべて」のアランドロンのデジャヴかと。。
なんなんだこの若者は。。

浮世離れした家庭環境に、異様なまでに大人びている主人公。
そして、イタリア!夏!裸!短パン!笑

物語は、大学教授の父と翻訳家の上流階級の家で育つ一人息子のエリオが
夏と冬にだけ滞在するイタリアの田舎町の家に、
アメリカから父の仕事の手伝いにきている大学院生のオリヴァーと出会い、
一夏の激しい恋に落ちてしまうという。地味に過激な話。

舞台が80年代なので、ちょっと古めかしい服装でなんか懐かしみもあり、
最後のシーンでエリオが着ているシャツ可愛かった。
古着屋さん行きたくなる映画でもありますね笑

原作では映画以上に卑屈な少年なのですが、映画版は控えめ。
「大切なことは何も知らない。」っていう告白は、自然でこの主人公らしく
そしてお姫様と従者の話をなんどもしてくるところとか
不器用か!!!て突っ込みたくなるぐらい遠まわしの愛の告白w

エリオもオリヴァーも、出会ってお互いを好きになるけれど
「先がない」って言う事を二人とも承知していて、余計に切なくて胸が苦しくなります。
オリヴァーが帰ってしまい、また自分の殻に閉じ籠ろうとするエリオに
父親が語りかけるシーンはほぼ原作と同じセリフで
このセリフを英語で読みたくてペーパーバック買ってしまったぐらい。

あえて感想は深く言いたくはないけれど、みてよかったです。
最後まで寝ずに見れた。
自分にはなかなか理解出来ない世界だった。
たまたま好きになってしまった相手が同性だっただけなのか?
でも自分に置き換えて考えて見ていたが、やはり自分の中では同性に恋する気持ち、理解出来なかった。
トマト

トマトの感想・評価

3.5
画がキレイ。オチも納得。でも2人の感情の揺らぎ?みたいなのがどーーーーーにも理解できなかった。中盤でチュッチュしだした時はびっくりした、普通にちょっと仲良い友達と接する感じだと思ってた。(一目惚れというやつ?それともそういう惹かれてく描写があった?どちらにせよ読解力不足か。)
でもタイトルの意味はなんとなく掴めた気がする。(お互いを求めるあまり限りなく一つになろう的なニュアンスかなと)

余談だけど、みんなやたらと薄着だったので1983年当時のイタリアの気温を調べたら最高42℃だったとか。原作は1987年の設定らしいし関係はないけどそらしょっちゅう水浴びてないとやってられんよねって感じ。
木木木

木木木の感想・評価

3.8
"人は分かち合える"というのをしみじみ感じさせてくれる作品だった。主役の二人の関係だけじゃなく、家族や友達など周りの人達にも色々な思いや考えがあって、こんな展開になって、こういうセリフがあって、、と今までみたどの作品よりも思い知らされた。
それも、押し付けがましくなく、媚びたりしないで、まっすぐに。
音楽も美しかった、、、。
恋というか、愛が主題でした。
>|