君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

おこめ

おこめの感想・評価

4.5
夏の避暑地、パパの言葉、ラストのシーン
カメラワーク、目線、音、会話、ファッション、音楽、

ただただ美しい
2019年 66本目
北イタリア、ほう。1983年夏、へえ…、恥ずかしながらエリオと同級生やんけ。その夏あの一方で僕は〈時をかける少女〉を観に行き家じゃ河合奈保子を聴きファミコンに明け暮れていたというのに。この少年ハイソサエティに過ぎる。ただ、ガス・ヴァン・サントの二番煎じのような肌触りのいい映像と音楽をベッタリくっつけてるだけのような気もしてきて終盤寝てもた。24才の彼、ちょっとチャラくないかなぁ。こんなのには惚れんて。〈モーリス〉好きの女子マーケットを意識したような作りになってるのがね。これなら最近観た『ゴッズ・オウン・カントリー』のが濃いめのカルピスみたいで断然好みだったけどなぁ。あくまでも2019年の一オッサン目線。
みく

みくの感想・評価

4.0
画面上、音楽、ファッション、ストーリー全部綺麗、美

エリオのドキドキとか戸惑いとかそういった諸々の感情が全部ダイレクトに伝わってくる
エンドロールのエリオの表情が切なくて、だけど本当に綺麗でめちゃくちゃ泣いた
あんなに綺麗で濃くて儚いひと夏の恋、きっと忘れられないな

大人になって、あの夏は素敵な思い出って笑って話せてるといいな
白米

白米の感想・評価

3.5
ゼェハァ……
紗

紗の感想・評価

5.0
途中までしか観てないんですけどいいですか これは エンディングを見ずとも確実にこの評価なので
なみ

なみの感想・評価

-
表現が難しいけど、同性愛って動物の本能的な愛よりもっと尊い気がした。エロスって本当に芸術!!美しい!!映像の授業で果物はグロいって教わったけど、あんなにエロい果物の描写初めて見た。。。
心の奥底の隅の方に隠れたこそばゆい部分を優しく突かれるような映画でした。
感情に鈍感になるな、みたいなのがすごいグッときた
感情に鈍感になることでな〜大人になったつもりになってたな〜〜
一回の人生、私の心、私の身体、めいいっぱい、全力で感じていかんとなあ

エリオの周りは愛で満ち溢れているねえ、全てが愛だよなあ
一生友達ってところも羨ましくてとても素敵だと思った
エリオの甘え上手なところ見習いたい

あと服装が全部可愛すぎた
派手柄海パンにボーダーのTシャツ合わせるなんて高度テクすぎる
美しい少年の恋の話

気候や日差しが魅力的な映画
とにかく画になる

ラコステ着たくなります
るるる

るるるの感想・評価

3.6
中盤あたりから目が離せなくなった、
久しぶりにこういうの見た
>|