君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

KOKO

KOKOの感想・評価

5.0
夏の匂いがしてくる。

冒頭の3分でわかる傑作。


美しい。

言葉じゃないことばがあふれて
とまらない。

理屈じゃなく、
でもハッキリとした感覚として
染み込んでくる。


これは原作からこうなのかな。
脚本が素晴らしいのかな。



主演2人のインタビュー等を見漁ると、
2人はあったそばから意気投合、
ゆっくり準備する時間があったみたいで、
2人の上辺でない関係性が
そのまま映し出されている。
納得。

家族もその描写も本当に素敵。



そして思い出すと少し泣く。
(2回目の鑑賞でさらに泣く。)
狂おしい、でも切なくて儚い恋の話。性別とか全然関係なく、ただただ美しくて思わず守りたくなるような感じ。
役者も曲も凄く良いけど、個人的にはお父さんの最期の台詞のために全てのシーンがあったと思わせるくらい、一言一言が胸に残っている。
andy

andyの感想・評価

-
まるで避暑地を訪れたかのような気持ちにさせてくれる、爽やかで切ない一服の清涼剤のような作品だったので、この酷暑のタイミングで観ることができて本当に良かった。ぼくもアプリコットのジュースを飲んだり、日光浴をしながら本を読んだり、そして早朝に川で泳ぎたい。‬
KiReiko

KiReikoの感想・評価

3.8
映像綺麗やったなー
最後のお父さんの言葉が良かったなー
すみれ

すみれの感想・評価

3.7
海外旅行気分で綺麗で楽しかった。
内容は、まぁ、うーん。
心の機微とかはじんわりどきどきできた。
一緒に初恋してる気分。
Nana

Nanaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

一言で映画の感想を述べるなら「しんどい」これに尽きると思います。最初から最後まで映像、音楽が美しすぎて1つのアートを見ているような気分。アプリコット、ショーパン、川、ピアノ、自転車、ダンス。北イタリアの夏の過ごし方最高すぎて平成最後の夏真似したくなります。
あんなに1日ゆったり好きなことして過ごして羨ましい。。。 夏よくチャリ漕ぐけどこんな絵にはならんな。。苦笑
そして、エリオとオリバー。 どうやってオリバーがエリオのこと好きになったのかもっと掘って欲しかったな。エリオの気持ちはとても伝わってきた。。。だからこそラストシーンはめちゃくちゃしんどかった。。。お父さんも自分の気持ちをエリオに語るシーンはエリオのお父さんが彼で本当に良かったと思ったよ。
官能的なシーン沢山あってちょっとびっくりしたけどとても美しくてどんどん引き込まれていく映画でした。
タイトルとあらすじとトレーラーだけでこの映画は絶対に最高だと思ったし、観なくても感想が書ける自信があるけど、ちゃんと観ます。ということで、観ました。

同性に惹かれる葛藤のような内面を描写するでもなく、少年は少女の代替ではなく、青年と少年のただただ美しく切実な関係性を、北イタリアのむせ返るような夏を舞台に描いた映画でした。

カメラは終始エリオを写していて、どんどん自分がエリオになったようにその焦燥感に同調してしまうんだけど、時々差し込まれるオリヴァーの表情を捉えるカットに、報われたような気持ちになる。

こんなにヒリヒリする一夏の恋は他にない。ないよ〜!

綺麗事でない身体も描かれているけど不快感はないし無駄に扇情的でもない。登場人物たちは夏を口実にすぐ服を脱いだり泳ぎに行ったりするので、まあ、眼福でもある。

最終的にオリヴァーがエリオの元を去ることは最初からわかっていたけれど、それでも終盤は一気にやりきれない気分になる。お父さんがエリオに語るセリフに撫でられる感覚や、暖炉の爆ぜる火に照らされるエリオの表情の長回しに締め付けられるような気持ちがして、何か自分の中で削れていくような気分のときは、この映画をまた観ようと思ったのでした。
maverick

maverickの感想・評価

4.3
あまりの美しさに本作の虜になってしまった。北イタリアの雄大でのどかな自然に満ちた映像美と、ヨーロッパ映画らしい芸術的な作風で、淡々とストーリーは進んでゆく。美少年のエリオと好青年のオリヴァーは見ているだけで絵になるし、芝居とは思えないナチュラルな役者たちのアンサンブルが心地よくて自然と見入ってしまう作品である。こういうニュアンスの映画なのかと思いきや、作品終盤で心を鷲掴みにされる。本作が絶賛された意味がよく分かった。同性愛を描いた作品であり、その描写は生々しく遠慮がない。ただその表現方法も、男同士のヌードを見せるというよりは生々しさを想像させるような演出がされていた。多くの人はその生々しさに抵抗はあると思う。自分もそうだ。しかし、本作を観終えて嫌悪感だけが残る人は限りなく少ないはず。作品の、この2人の愛の物語に美しい感動を覚える人の方が圧倒的に多いはずであると思う。現代において、同性愛は昔よりも遥かに偏見がなくなってきており、そういう映画も多く作られている。『リリーのすべて』、『ムーンライト』など。しかし本作が他と大きく違うのは、同性愛が物語内で偏見的に扱われていない所である。同性愛を描いた作品は大抵、家族や周りであったり、社会そのものから迫害や偏見に扱われ、その中で戦う内容である。そして観客は、そんな偏見はよくないなと思わせられるわけである。でも本作は、2人の愛について周りがとても寛容。土地柄というのもあるかもしれないが、何よりもエリオの親が素晴らしい人間性なのだ。特にお父さんの存在は本作において非常に大きな部分になっている。2人の愛を含め、それを見守る人達、この作品で語られていることも何もかも全てが美しい本当に素晴らしい作品だった。誰かを本気で愛したことがあるならば、本作がただ人を好きになることを描いたラブストーリーであることに不自然さを感じはしないと思う。そして、LGBTが悪いことではないのだよと認識させるに十分な作品性である。エリオを演じたティモシー・シャラメには圧倒された。ディカプリオの再来と言われているが、個人的にはジェームズ・ディーンを彷彿とさせるような凄さがあった。自分の中で今年どころか生涯ベスト10内に入るような作品。偏見を持たずに是非多くの人に観てもらいたいと思います。
GoodAnt

GoodAntの感想・評価

4.0
美しかったな
mm

mmの感想・評価

4.6
あんなに公開前から楽しみにしていたのに就活で中々見に行けず、やっとやっとの思いで見れた!
サントラを聞いてから見に行くとやっぱり違う、尚更良いし見た後もずっと聞いてしまう。落ち着く曲だし大好き、love my wayもポップで好きだな!
北イタリアの大自然が綺麗すぎて映画館で見れて本当に良かった。
キャロルくらいかと思っていて(勝手な想像)思ったより生々しくなかった(笑)でも1人で見て正解。
何度も何度も泣きそうになって最後で号泣した。お父さん言葉がすごく良くて何度もウルウル(T-T)
"何ひとつ忘れない"
自分を責めてはいけないこと。世間的な芽はあると思うけど抑えてしまうのは良くない事なんだとこの映画で学んだ。
それにしてもエリオかっこよすぎるしファッションも◎
>|