君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

KOKO

KOKOの感想・評価

5.0
夏の匂いがしてくる。

冒頭の3分でわかる傑作。


美しい。

言葉じゃないことばがあふれて
とまらない。

理屈じゃなく、
でもハッキリとした感覚として
染み込んでくる。


これは原作からこうなのかな。
脚本が素晴らしいのかな。



主演2人のインタビュー等を見漁ると、
2人はあったそばから意気投合、
ゆっくり準備する時間があったみたいで、
2人の上辺でない関係性が
そのまま映し出されている。
納得。

家族もその描写も本当に素敵。



そして思い出すと少し泣く。
(2回目の鑑賞でさらに泣く。)
しお

しおの感想・評価

3.5
とにかく美しい。
今度の夏は、北イタリアに行こうって決めた。
性別も年齢も国籍も乗り越えて、傷つきながらも互いの内側に入っていく姿が、痛いほど純粋で優しくて、まぶしかった。
幸福とは、恍惚とは、美しい刹那と一体化すること。性別や国境など関係はなく、そこには魂が打ち震える愛情が木霊する。
yuyu

yuyuの感想・評価

3.8
リトル ティミティーが思春期真っ盛りの17歳を🍑気難しい少年が愛を見つけるお話♡♡
frenchblue

frenchblueの感想・評価

3.5
ノスタルジック。イタリアの80年代が舞台だけど、ああ、昔はよかったなあとじんわりきた。

エリオの両親がとても良かった。インテリだからあんな余裕が生まれるのかとも思った。

主役の2人が美し過ぎて目の保養にもなった。
key

keyの感想・評価

4.0
スタッフロールに繋がるラストシーンがとても好き。
しょこ

しょこの感想・評価

5.0
星100個つけたい。
すべてのシーンが美しすぎて泣いた
綺麗なものを見れた
北イタリアの夏ってこんなに美しいんだ
ayacr

ayacrの感想・評価

3.9
とても良い。
ヨーロッパの人間ドラマ系は、どこか叙情的で、伝わりづらいところがあるように感じていた。
本当は葛藤がものすごくあるのに、それを伝える表現が日本人とは違うためか、言葉は悪いが地味に物語が進んでいく印象があった。
が、この作品は違う。
人物の感情の表現がとてもストレートで、でも葛藤や心の機微を感じ取ることができて、最後の電話のシーンは涙すら出ないほどに時間が止まった気がした。
名前を連呼しているだけなのに、、、
>|