君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

KOKO

KOKOの感想・評価

5.0
夏の匂いがしてくる。

冒頭の3分でわかる傑作。


美しい。

言葉じゃないことばがあふれて
とまらない。

理屈じゃなく、
でもハッキリとした感覚として
染み込んでくる。


これは原作からこうなのかな。
脚本が素晴らしいのかな。



主演2人のインタビュー等を見漁ると、
2人はあったそばから意気投合、
ゆっくり準備する時間があったみたいで、
2人の上辺でない関係性が
そのまま映し出されている。
納得。

家族もその描写も本当に素敵。



そして思い出すと少し泣く。
(2回目の鑑賞でさらに泣く。)
L

Lの感想・評価

-
一夏の恋、しかも初恋ってのがいい
一瞬一瞬を大切に、今を生きてる!っていうのがすごく伝わってきて、そこが良かった

同性愛はテーマなの?違う気がする
評価の仕方がわからないのが正直な感想です。

今日の流行である「同性愛」をテーマにした映画を、僕はおそらく初鑑賞しました。

本作はアカデミー賞ノミネートされて当然なぐらい素晴らしい映画でした。
俳優陣の演技、イタリアの風景、生活感、劇中歌、セリフ回し...
どれをとってもオシャレで大好きでした。
まるで、純純純ラブロマンスのようです。

しかし、物語の根底である「同性愛」という部分だけ、他のラブロマンスと異なっていました。
男と男の恋愛をとても美しく表現されていました。

その差異を受け入れられるかが、この映画を好むかの分岐点と思われます。

純ラブロマンスの飽和による新たな開拓なのか、現代社会へのメッセージなのか、制作側の意図は分かりません。
ですが、同性愛を受け入れきれてない日本人がこの映画を観てどう感じるのか、僕は知りたいです。なので、多くの方に一度観てもらいたいです。

あなたは同性愛者を受け入れられますか?

このレビューはネタバレを含みます

温暖な気候と、青春の全てを置いてこれるような湖がある、美しいイタリアの街の物語。
最後に父が語った言葉が救いになったのかはずっと分からない。彼にしか紡ぎ出せない物語はあったはず。永遠のディスコミュニケーション。結局は痛みに寄り添う事しか出来ない。
早稲田松竹で「彼の見つめる先に」を一緒に観たせいで、結局オリヴァーもエリオも文化的にも生活的にも豊かで恵まれている、なんて思ってしまうけれど、ラストの暖炉を見つめ続ける一連のシークエンスではそんな背景を全て引っくるめて押し流してしまう涙があって、とても尊いものであると感じた。
エリオは、果たしてどんな大人になるのだろう。
Reina

Reinaの感想・評価

5.0
「そういえば私映画館にいたんだった」ってなるほど入り込んだのレミゼ以来。今回見て感じたことは自分の中に留めておきたいな〜ってなった。
絵画を眺めてるような画だったり、ピアノの旋律だったり、私の好きが詰まってた!楽譜欲しい!
美しい映画だった。軽い言葉で申し訳ないが、とにかくエモい。

同性愛がなんだの思想臭いメッセージは置いておいて、「一夏の初恋」を美しく描くことに注力した映画のように感じた。

イタリアの夏の透き通った空気感よ。果実。スタンドのない自転車。古い町並み。湧き出る川の水。透明な湖。

全体的に言葉少なげな映画で、それがまたオシャレな雰囲気を盛り上げている。やっと発せられた言葉は核心を突かず、周辺をなぞるように曖昧でもどかしい。

ラスト前のお父さんとの会話良かったよね。ズバリとは言わないんだけど、欲しいだろう言葉をちゃんと言ってあげて。いい両親で良かった。

Call me by your name.

恋が終わっても、お互いを自分の名前で呼びあうことが1つの暗号のように2人の思い出を消さないでいることの証になったんだろうなあ。エモいなぁ。
ハル

ハルの感想・評価

4.5
なんで映画館で観なかったんだ後悔しかない😢
主演2人は最高に綺麗で最高だったけど
お父さんお母さん、、、2人とも本当に素敵。お父さんがエリオにかけた言葉でめちゃくちゃ泣けた。悲しいような嬉しいようないろんな感情が混ざってなんていったらいいかわかんない!
1つ1つのシーン、音楽、ファッションも全部好き!
>|