君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

2回観に行ったんですが、2回目の方が泣きました。なんというか、ストーリーといい、音楽といい、キャストといい、カメラワークといい、光の色といい衣装といい、全てがわたしの好きにマッチしてました。2018年公開映画ランキング暫定1位です。

この映画、なんでこんなにいいんだろうって考えたんですが、常にどこかに優しさがあるからなのかなぁって。お父さんの優しさ、お母さんの優しさ、マルシアの優しさ、自然の優しさや音楽の優しさ。その優しさが作り出す安心できる空気があるから、オリバーとエリオの恋模様を純粋に楽しめる。最高です。

書きたいことまだまだたくさんあるけれど、ネタバレになりそうなのでここまでで。まだ観てない方はぜひ劇場へ。3回目行きたくなってます笑
イタリアらしい風景がとても美しい映画でした。10代の初恋。ひと夏の恋。限られた期間の滞在中の関係だと分かっているところが切ない。そして 男性同士というオープンにできない関係もまた切ない😢だからこそ音楽 映像 全てが美しく胸に響くのか…

お父さんの言葉が優しく 思いやりに溢れ こんなにも心に寄り添ってくれる存在は どれだけ彼を救っただろうか。
ティモシーシャラメ君素敵です。
和田

和田の感想・評価

3.8
なんだこれめっちゃいいな
度々流れる軽快なピアノの演奏が素敵
出会って別れるだけの単純な話だけど色々感じる
桃に突っ込んだら気持ちがいいのか、とか
全体的におしゃれ
儚さのある美しい話だった

このレビューはネタバレを含みます

美しい光景と半裸の若美男が優雅な青春を送る様子が眩く映し出される、とても風通しの良い映画。
この瑞々しさは神話と言っても過言ではない。
発掘していた彫像が実在した時代性が1983年の北イタリアにおいて時を超えて再現されている。

17才の叶った恋って、それまでの人生の最大の喜び(エクスタシー)だろうな。
異性愛者である自分にも、その楽しさが伝達してきて微笑ましい。
しかし一抹の不安も同時に有って、ラストでその予感は的中した。
楽しい思い出ほど痛い。もう宿命的に。
冬の切なさに題名の意を噛み締めて泣いた。
eriudosu

eriudosuの感想・評価

3.8
複眼。最初オリバーの坊ちゃん感とシャツにショートパンツのバランスがうちのパパみたいで嫌だったんだけどだんだんマジでイケメンだなとしか思えんくなる
アミハマUNCLEのときは超ロシア人ぽかったのに今回はアメリカ野郎に見えるからすごいな〜まあロシア人ぽさがなんなのか詳しいわけでないのだが
やまた

やまたの感想・評価

4.5
期待を超える感動作でした。
ひと夏とはいえ誰かを本気で好きになることの素晴らしさと、どうしようもならない儚さ。そして理解ある家族。すべてが美しかったです。
ラブストーリーはステキですが、舞台設定が飲み込めない。文系大学教授の田舎の家だったらトトロだろーよ。何このお手伝いさん付き豪邸。妻の果樹園でとれたアプリコットって何すかそれ。
真弓

真弓の感想・評価

3.9
同性愛の話かと思って見てたけど、ゲイじゃなくてバイかな

現代じゃない分、同性愛に関して周りが受け入れないてない
主人公が男を好きになったと受け入れられない最初の葛藤
相手はそれを拒絶と受けとるが、それによって主人公は恋心を受け入れる
そこで自分達はどうするのかという、二人の葛藤
気持ちが通じたのはいいが、相手といつ書にいられる時間は決まってる

葛藤が役者の演技だけで、ハッキリと口に出さない分こうなのかな、どうなんだろうと見てしまう

最後の現実的な部分と、両親のあり方に心を打たれた
また、この二人が現代だったら、自立していた時に出会っていたらどうなるのだろうと感じる
ぺ

ぺの感想・評価

3.5
見終わって桃オナニーとかパンツ被って匂い嗅ぐシーン等性的な部分しか印象になくて我ながら笑った。

全編美しいんだけど桃に全部持っていかれたというのが正直な感想。

次回作のサスペリアのリメイクはどうなるんでしょ。
>|