君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

2回観に行ったんですが、2回目の方が泣きました。なんというか、ストーリーといい、音楽といい、キャストといい、カメラワークといい、光の色といい衣装といい、全てがわたしの好きにマッチしてました。2018年公開映画ランキング暫定1位です。

この映画、なんでこんなにいいんだろうって考えたんですが、常にどこかに優しさがあるからなのかなぁって。お父さんの優しさ、お母さんの優しさ、マルシアの優しさ、自然の優しさや音楽の優しさ。その優しさが作り出す安心できる空気があるから、オリバーとエリオの恋模様を純粋に楽しめる。最高です。

書きたいことまだまだたくさんあるけれど、ネタバレになりそうなのでここまでで。まだ観てない方はぜひ劇場へ。3回目行きたくなってます笑
青魚00

青魚00の感想・評価

4.1
綺麗な映画だった。オリヴァーがナイスガイすぎて好きになるのも無理はない気がしてきた…両親が理解ある人たちで本当に愛されてるのだなと思った。お父さんが息子と話すシーンで特に思った。こういった美少年とナイスガイの恋模様の方が大衆受けしやすいのかなとも感じた。これは同性だからといったわけじゃなくて、他の恋愛ドラマでも美男美女の方が見ていて楽しいし…あと最後の暖炉の前のシーンで虫が飛んでるのが気になりました
しらす

しらすの感想・評価

4.9
他愛もない瞬間がとても好きでした
すみ

すみの感想・評価

4.1
綺麗で眩しくて、切ないひと夏のお話。後ろ髪を引かれるような切ないままの気持ちは、お互いが今後誰かを好きになっても別の人と結婚しても、2人の心の奥に永遠に残り続けるのだと思う。実らない恋の方が、呪いのように永遠に忘れられないだろう。
雰囲気がとても好き。音楽が映像の美しさを倍増させるし、悪者が1人も出てこないところも、この映画の柔らかさと美しさを際立たせている。
a

aの感想・評価

4.1
『君の名前で僕を呼んで、僕の名前で君を呼んで』なんて、これ以上一つになれる言葉なんてないし愛しさしかない。圧倒的映像美。最高でした。
ren

renの感想・評価

3.7
愛とは何か、美しさとは何か、問いかけてくる作品。
ホアキンフェニックス...?かと思ったら違った。
とてもエモかった良きぃ。
綺麗な映画だった。
主人公のぎこちなさとお父さんの言葉がぐさっと刺さる。
痛みを葬るなって言葉になんだか非常に多感になってしまった。
でもやはりどうにもならないことと何も出来ないこと、そうなりたい思いとの板挟みで気持ちがゴリゴリすりこがれる感じは痛いほど分かるッ。
2017年イタリア,フランス,ブラジル,アメリカ映画。

アンドレ・アシマン原作小説「君の名前で僕を呼んで(call me by your name)」の映画化作品。

80年代の北イタリア、とある避暑地。教授である父を持つ17歳の少年エリオ。毎年訪れる別荘に今夏は大学院生のアメリカ人オリヴァーが身を寄せてくる。エリオにとって初めての、そして生涯忘れられない男性同士の恋の痛みと喜びを描く。

主演のティモシー・シャラメは本作で数多くの主演男優賞や新人賞を受賞して脚光を浴びた。特に3分半にも及ぶ超長回しのラストショットには心を揺さぶられる。

鳥肌しか立たない。

観て。
>|