君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

Mina

Minaの感想・評価

4.3
“We rip out so much of ourselves to be cured of things faster than we should that we go bankrupt by the age of thirty and have less to offer each time we start with someone new. But to feel nothing so as not to feel anything...what a waste!”

🚲🍑
りぱ

りぱの感想・評価

3.8
すごい綺麗だった。
さや

さやの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

大事なことは何も知らないんだ


『Call Me By Your Name』
君の名前で僕を呼んで。
監督は『ミラノ、愛に生きる』のルカ・グァダニーノ。
キャストは『インターステラー』のティモシー・シャラメ。
『コードネーム U.N.C.L.E.』のアーミー・ハマー。


【あらすじ】
君の名前で僕を呼んで僕の名前で君を呼ぶ話。


132分、長くもなく短くもなく。
低い期待値を軽々と上回り、放心状態で帰路へ。
感動の押し売りも、悲惨な光景を描くための虐めもない傑作。
近年この手の映画は山ほど制作されており、特別で在りたいのか普通で在りたいのか、焦点定まらぬ映画で溢れているのが現状。性的少数者に撮らせれば必要以上に美化され、ストレートが撮れば批判され。LGBT枠を設ける(あるいは設けようとしている)大作映画も少なくなく、無意味な気遣いが映画界の可能性を閉ざす。
歪んだ倫理観を本作が元の軌道に戻してくれることを願うばかり。

そんな本作を語る上で欠かせないのが俳優陣の演技力。
ティミーとアーミーは間違いなくキャリア史上最高の演技。
特にエリオ(a.k.a.オリヴァー)が“桃を用いてマスターベーション”をするシーンは素晴らしいなんて言葉じゃ足りないくらいの出来で、映画史上最も優れたマスターベーションと言っても過言じゃない。
桃がお尻に似ているのか、お尻が桃に似ているのかはよくわからないが、桃に指を二本挿し、果汁が溢れる様は実に官能的。モモホールでのモモニーは正に、美がエロスを上回った瞬間であり、禁断の果実が誕生した瞬間でもある。いけない行為でイってしまう主人公の背徳感は此方側にも強く伝わり、それを食らおうとするオリヴァー(a.k.a.エリオ)の恥性を誰もが疑う。あの果実は禁断の関係が生んだ欲の具現化か。

知らぬ間に惹かれていた一作。
序盤は退屈。でもいつの間にか好きになっていて、頭からずっと離れない。
夏に燃え上がり、冬が鎮火した尊き恋を、美しき愛を、葬ることなく、崩れた関係を隠していたことも忘れ、彼は泣き噦る。
その様に誰もが焦がれるんだ。あの時の自分が重なるから。
結論:エリオは早漏。
Haruka

Harukaの感想・評価

4.0
5月に映画館で見たけど定期的に見直したい
Jun19

Jun19の感想・評価

4.0
仲のいい先輩と観て、感想話しながら飲んだ酒めっちゃうまかった〜〜〜

あれ、ここTwitterじゃないんですか??
映像の美しさ、サントラの良さ抜群
Mariko

Marikoの感想・評価

4.2
ありふれた表現ではあるけれど、ひたすらに瑞々しくとにかく美しい。
たまたま(主人公の)二人共が生物学的に男である、というだけで
まったく普通の純愛ラブストーリーになっている所が凄い。
とは言え設定は83年だそうで、「普通」ではない、ということを
最後の最後オリヴァーの電話での台詞で思い出させられる。
観ていて胸が締め付けられるようなラブストーリーというのも久しぶり。
最後のお父さんの話(ほぼ独白)が実に深く、
それまで美しさに見とれてはいたけれど特に感動はしていなかったのに
あまりに素敵で思わず泣いていた。

80'sPOPS、ミニマル、クラシックが絶妙に混在している音楽も
とても良い。
バッハのカンタータをリスト風やらブゾーニ風やらにアレンジして
弾いているのは(そういう役)
主役のティモシーシャラメくん本人だそうで、どんな才能だよ、、と驚愕。
どき

どきの感想・評価

-
記録、兵庫
rii

riiの感想・評価

3.8
自分にとって新しい何かに触れた映画。行間と、余韻。

2人が自らの名前でお互いを呼んだ時、境界線が溶けて一つになるようで、とても良かった。

だから夏って良いんだよなあ、と思いました。
na

naの感想・評価

2.5
ほんとに人の気持ちって難しいよなあって思った。特に恋愛においては、、こればかりは正解がないよなあ。ラストの「何も感じないこと、感情を無視することはあまりにも惜しい」みたいなお父さんのセリフで心がきゅってなってとても響いた。いろんな人がおすすめしてたから観てきたのだけれどBLだって知らなくて胸焼けやばい、、しかも遅れて途中から観たからはじめ10分くらいわからないし 笑 なんかずっしり重かった。。
>|