君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

Anna

Annaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

感想をうまく言えない、この感じ。
胸の内側をザラっとなぞられたような、こそばゆい。
産毛の生えた桃やアプリコットを触っている感じに近い気がする。

よくある「青年期の恋、葛藤」で済ませてしまえば簡単だけれど、
青春のあのキラキラした、感じ、
1人の人に夢中になる、感じ。
鮮明に描かれています。

オリヴァーが列車で行ってしまうシーン。
あれは男女カップルならキスをするだろう。
それが、できない。どんなに愛しくても。
その時のエリオの表情がなんとも切ない気持ちになりました。
zhuye

zhuyeの感想・評価

-
ちょっと眠い時に見てしまったので評価なしで。でも良かったと思う。
北イタリアの自然とか街並みとかがすごく綺麗だった。じわじわ変わっていく心情とか関係とかを描くのとか、いちいちの仕草へのカメラとかが細やかだった。
ギリシアとか、果実とか、ハエとか、なんか意味するところがあるんやろうなとは思っててんけどわからんくて、他の人の解説?感想?見てなるほどー!!!ってなった。
なんか、同性愛とかも含まれてるんやけど、それ以上に、それ以前に、1つの恋の映画だった。し、背後にあるメタファーとかもいろいろ作り込まれた映画だった。
お父さんの言葉、全部良かったけど、個人的に「善良」って言うのが良かった。悪いことじゃないんやなって。
家族では見れないです。
この作品を駄作扱いする奴とは暫く喋る気無いね、ってのは過激過ぎるかな。大袈裟に鳴らないサウンドトラックなんてここ最近で久しい。あのスフィアン・スティーブンスの美しい楽曲が映像に溶けあう。劇中の音楽の全てが“映像と共に”流れる。余りに自然に映像と一体になっている。
映像とセットと音楽が見事に融合した流れを甘酸っぱい一夏が流れていく。プロットはありきたり、しかしながらこの破壊力。参ったね。クラクラ。
それにしてもファッションが最高。真似したくなっちゃうよ。似合うかは別の話。
まるも

まるもの感想・評価

4.0
1980年代、北イタリア。
水と緑が豊かな夏の避暑地が舞台。
家族や友人と過ごす様子が楽しそうで
伸びやかで、とても素敵です。

17歳のエリオと、年上のオリヴァーの
ボーイ・ミーツ・ボーイ。
純愛。

エリオの戸惑い、嫉妬、衝動、愛情のどれをとっても、自然の萌芽のごとくナチュラルで美しい!
避暑地の開放感とか、役柄の“善良”な性質、あのルックスが相まって…。久しぶりに、お芝居だ脚本だ映画だってことを忘れて、エリオ(ティモシー・シャラメ)に見惚れてしまいました。
GAWACO

GAWACOの感想・評価

3.5
終わり方が良き
女友達ときゃっきゃ言いながら観た
旦那さんとは恥ずかしくて観れなかったかも…
と、下世話な好奇心丸出しでみてたんだけど、最後のお父さんのセリフ、自分が親だったらこんなことが言えただろうか…
>|