君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

画や音楽は良かったけど前半ちょっと物足りなく感じた。
さよならの汽車のシーンからは良かったと思う。
良いオヤジ。
Masumi

Masumiの感想・評価

3.7
実は男性同士のラブストーリーとは知らずに鑑賞してしまい、途中までモヤモヤしてました😓
途中まで、主人公がある意味二股してるのも釈然とせず。
でも、主人公が泣きながら彼に抱きつくシーンあたりからは、2人の恋を応援し始めていた自分。ラストも切なすぎて、思わず涙ポロポロ...。普通の恋愛と変わらないですね。

お父さん素晴らしすぎました。

登場人物も街並も音楽も皆美しくて、その世界観に浸っているだけでも心清められそうです。
Natsko

Natskoの感想・評価

4.8
本当は10日以上前に観てました。
でも何か消化できなくて、でも反芻して楽しんでました。
まだ消化できてなくて断片的だけと、書き残します。多分後日書き足します。

#########
インターネット普及するまでの別れってこうだった。相手が目の前からいなくなって、国を隔てたら、本当に"別れ"だった。

青春純愛映画、
LGBTQ映画、
そして告白するならポルノとしても楽しんでしまいました(ゴメンナサイ)

ああ、シャツ交換とか…ブロークバックマウンテンかよ😍

このレビューはネタバレを含みます

確か、お父さんさんが
体も心も一度だけ与えられると
言ってたと思うけど
体も年をとると衰えてくるのは
わかる
心も同じなんだよ歳をとると衰えてくるんだよ
赤ちゃんが初めて見る、自然やあらゆるものをみて感激やビックリするでしょう?
それと同じでエリオが17歳で
オリバーと出会い感じた感情や
気持ちは一生忘れない永遠な
ものだと思う
ごっ

ごっの感想・評価

3.0
二本立て「彼の見つめる先に」の庶民的で等身大の悩みと幸福に共感した後に観たことも有り、金も無い、モテない、中年ゲイの俺は「お金持ちで、若くイケメンで、更にバイセクシュアルで、親も理解があって、いいよなぁー」としか(笑。
お父さんの最後の語りが一番印象に残った。
あやこ

あやこの感想・評価

3.8
目の保養映画

映画の中で何度かカメラに映り込むハエが気になった。それだけでレポート書けそう笑

ラストシーンがお気に入り。
しょこ

しょこの感想・評価

5.0
至る所に散りばめられた圧倒的な美の数々。
映像はさながら、ピアノの旋律に乗せて、物語は緩やかに紡がれる。自転車で走り抜ける中、眩い陽光に晒されるイタリアの田園風景。
エリオとオリバーの淡く儚い、一夏の愛。
それはもう、美しすぎるほどに。
澄んだ青空が残酷に映り、ふたりで過ごす自然の雄大さが脇役のように霞んでしまうほどに。
胸締め付けられるラスト。

タバコの煙をくぐらせるティモシーシャラメは尊い意外の何物でもない。
正直、フィルマークスの皆様方のレビューも見ながら、楽しみにしていた作品だった。
けれど決して、ハードルを上げることなく、自分の感性と琴線に委ねて作品を鑑賞しようと思っていたが結論、どストライク。
こんなにも時間があっという間に過ぎてしまったのは久々のこと。まだこの映像、この世界観に浸っていたい。見終わったあともそんな後ろ髪引かれる思いでいっぱいにさせられる。

欲望を挑発するかのようなふたりの駆け引き。
オリバーがエリオの気持ちを確かめるようにトランクスを脱がせたシーンは狡いの一言。
官能的で清廉潔白。真っ青な空の下、罪悪感に苛まれながらも止められない恋心。
見事にその両面を描き切っており、伊達に高評価を得ているわけではないと確信。

アプリコットに齧り付くエリオ。
まだ熟れていない彼自身の象徴だと言わんばかりに所々で現れる。アプリコットをこんなに美味しそうに感じたのは初めてだ。

そして、終盤エリオに向けた父親の助言。
「痛みを葬るな。苦しみも、得た喜びすらも。」
作中でも触れていた、理解のある親がどれほど今の世の中にいるだろうか。けれど、同性愛が受け入れられ始めているこの時代。エリオの父親のような存在が増えていくのもまた事実なのだろう。
父親の偉大さ、母親の優しさがヒシヒシと伝わってきた。

ふたりが過ごし確かに交わした、あの愛の時間は永遠である。決して忘れない。そうオリバーが告げたように。ふたりにとっての忘がたいあの一夏は、きっと死ぬまで反芻し続ける。


〝君の名前で僕を呼んで
僕の名前で君を呼んで〟
とにかく絵がすげーキレイ
全てのシーンの音楽とかカットの
イタリアらしさがすごいステキ
お父さんのエリオへの
言葉に考えさせられる

ラストのエンドロールのエリオの表情にはいろんな感情が込められていて鳥肌だった
>|