君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

画や音楽は良かったけど前半ちょっと物足りなく感じた。
さよならの汽車のシーンからは良かったと思う。
良いオヤジ。
Lieechan

Lieechanの感想・評価

3.7
人を愛するって、たとえ性別を超えていたっていいんじゃないかなぁと思ってしまう。

早くそんなのを気にしないような世の中になればいいのに。

切なかった。

全編において音楽も映像も美しかった。
美しい
17歳と夏、恋と性
眩しすぎる

若いって繊細で美しいな
オリヴァーのキスのねだり方が可愛すぎる。

あの時代にあの考えを持つ親がまず素晴らし、子を持つならあんな風になりたい。
土足で踏み込んでくるのではなく優しく見守りながらでも助けてくれる。
中でも父親の
人は早く立ち直ろうと自分の心を削り取り30歳までにすり減ってしまう。
新たな相手に与えるものが減ってしまう、
感情を無視することはあまりに惜しい。
この台詞がかなりぐっとくる…

君の名前で僕を呼んで
なんて素敵な一言なんだろう。
Lisa

Lisaの感想・評価

-
記録用
みなと

みなとの感想・評価

4.8
とにかく美しい、ゆったりした休暇中の環境に現れたオリヴァーという不安と魅力要素が実に良い。エリオが自分と重なって更にこの映画への愛が増した。レンタルではなく劇場へ赴いてこの作品を体験したかった。忘れたくない映画のひとつ。
R

Rの感想・評価

4.0
2018/09/21
よーじ

よーじの感想・評価

4.3
とにかく綺麗。
性別を超越した優美さ、とはこのことなのか…?

オリヴァー(アーミー・ハマー)!あなた妖艶すぎるよ!そんなに胸元開けられたら誰でも堕ちちゃいますよ!

17歳男子の恋や性。あの感じは万国共通?
「17歳の夏」っていうワードから誰もが感じる謎のキラキラ感は何なのでしょう。
16歳でも18歳でもなく、17歳。

エリオの麗しくて端正で、でも触ったらすぐ壊れちゃいそうな儚い感じ。
ティモシー・シャラメ君だからこそ出せるのでしょう。素敵な俳優さんになっていくんだろうなぁ。

エリオのパパママも、あの時代だったら尚更レアだったのかな。
音楽や読書そして恋愛・性。一歩引いて、全て子供の選択に任せてるけど、深い愛情を持っていて。
エリオのパパママへの接し方からも、その愛情が伝わってるんだなと感じた。
子供ができたら彼らのような親になりたい!

そして益々、北イタリアに行ってみたくなった!
一度でいいからああいう自然に囲まれて寝そべって好きなだけ本を読みたい。

キャラクターも、彼らの心情も、風景も、音楽も、全てがまさに「美しい」作品でした。
暖炉の前でのエンドロールも最高です。

大好きな「ビフォア・サンライズ」のように続編も想定しているとのことなので、大いに期待!
Smith

Smithの感想・評価

3.8
イタリア製の車や自転車はシンプルで、あの自転車は欲しいとすら思った。

レンガ造りの町並みや美しい自然風景に小鳥のさえずり、そしてそこで美味しい朝食を食べる。羨ましい限り。
>|