君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

pencil

pencilの感想・評価

4.0
映画館で観る機会を逃してブルーレイで鑑賞。

2人の機微な心理描写が、決して多くないセリフの中にすごく出ていてその分グッときた。さらにそれを引き立てているのが彼らをとりまく周囲の人達の温かさや、北イタリアのキラキラした景色、それとSufjan Stevensの曲。

オープニングクレジットと、エンドロールがかなり好き。特に、エンドロールはティモシー・シャラメの表情から目が離せなかった。

まだどこかでやっていたら、映画館でもう一度観たいなぁ。
ほ

ほの感想・評価

4.1
記録
she

sheの感想・評価

3.7

きれい

庭でのごはんシーンは
ドランのたかがを思い出した。
日本人も外でごはん食べればいいのに。

すきな人に近づきたいけどできない。
エリオのもどかしさと不安定さの描写が良い。
lotte

lotteの感想・評価

5.0
美しく儚い2人の愛に感動

徐々に燃え上がっていく2人の恋に惚れ、耐えがたい失恋の痛みに胸を痛める、自分の経験の一部となるような映画でした。

この映画にこの年で出会えて良かった。
イタリアも、音楽も、セリフも、男同士の恋愛も、親の子どもへの想いも、美しくて甘くて苦い。何ひとつ、忘れない。
“Call me by your name, I call you by mine.” 「君の名前で僕を呼んで」邦題がストレートで、よかった。
obagi

obagiの感想・評価

5.0
彫刻のような二人
恋、爆発しちゃいました。夏

そう、人生は心も体も一度っきり。みんな、臆せず恋しようぜ!

[好きな部分]
・楽園すぎる。こんなにも眩しい世界が同じ世界に存在してるのが不思議
・一番印象的だったのは二人が初めて迎えた朝の寝ているエリオを見つめるオリヴァーの目。これまで不安げな表情をしていたのはエリオだったけれど、このシーンをさかいに真逆となったように感じた
・変態仮面
・両親の凄さ。同じ子を持つ親としてここまで寛容になれるものなのか・・すごい
・彫刻って絶対、当時この愛を表現できなかった人たちがほったんだ。絶対そうだ(決めつけ)

[感想を書いた時の視聴回数]
初見

[所持管理番号]
I52
豪華版パンプレット
Yu

Yuの感想・評価

3.8
記録
yuki

yukiの感想・評価

4.5
記録用
イトウ

イトウの感想・評価

3.8
続編楽しみ
>|