君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

risako

risakoの感想・評価

-
画が綺麗すぎた。
BLをこんなにも美しく、素敵なものに描くのすごい。。
題名意味わからんなぁ思いよったけど、2人の合言葉、2人だけのものってこと。
お父さんの最後の言葉、泣いた。

このレビューはネタバレを含みます

『君の名前で僕を呼んで』というタイトル。
一方通行な愛の物語かと思いきや、
まさか “僕の名前で君を呼ぶ” と続くとは!
こんなにも素敵な台詞に巡り会えたのは久しぶりです。

私は四季の中で夏が最も嫌いで苦手なのですが、こんなにも美しく描かれている夏に触れたのは初めてで、自分でも驚くくらい今年の夏が待ち遠しくなりました。(単純!)
私も北イタリアで6週間の夏を満喫したい!

そして言及せずにはいられないのが、水と光の描写。
ものすごく丁寧で美しくて、柔で繊細で、どことなく切なくて儚くて、まるでエリオとオリヴァーの関係を表現しているかのようでウットリ。

夏シャラメ(上裸短パン)をひたすら拝むことができ、目の保養~有難や~~!ですが、実のところはラストの冬シャラメに猛烈惹かれました。
かっこいいとか、イケメンとか、そういう言葉じゃ全然足りなくて。
なんでしょう。
天使かな?
だがしかしですね、実は……顔をうろ覚えで、ティモシー・シャラメとエズラ・ミラーが名前と雰囲気でごっちゃになっていたのですが、『ウォールフラワー』もつい最近鑑賞したので、とてもスッキリしました(^-^)/

ルカ・グァダニーノ監督作品は『サスペリア』からの『君の名前で僕を呼んで』という流れ(しかも記憶が新しい程度に立て続け)で観賞したので、家族がいるリビングで堂々と鑑賞してはいけないタイプの作品を撮る監督認定しました(笑)
ん〜〜〜ぜ〜んぶおっしゃれすぎる。BLだけどいやらしくもなく、綺麗に描かれてる。そしてドリームライフすぎる設定。最後は儚く切ない。思春期エリオの心の動きが細かく描かれてて、性にも興味津々が故にお手製テンガを編み出しちゃうところはすごい。そこもオシャレすぎ笑 中間ダレることを想像していたが、意外にダレずにずっと見ていられた。

こんな切ない恋をして人は成長するんや。
maru

maruの感想・評価

4.1
《何ひとつ忘れない》

風景や人が綺麗で美しかった。そんな言葉ばかり出てくる映画だった。

思いを伝えるためにセリフじゃなく動作や表情で表現されていて、ずっと考えながら見てた気がする。

最後のお父さんの言葉は心にしみた。
気持ちを殺さず暖炉で泣いているエリオ、悲しいだけじゃない恋だった。

『話すべきか、死ぬべきか。』
101miss

101missの感想・評価

3.9
夏のバカンス、きれいな思い出作れて良かったね!
あの時代に、同性に夢中になってる息子を温かく見守り、少し背中を押した両親にびっくりです。リベラルなヨーロピアンだからでしょうか?
昔から個人主義が進んでいたんですかね?
バカンス終えて彼は自国で結婚してしまう。悲しみに沈んでるところに、前に関係を持ってた女友達が、優しく励ましてくれる。
ちょっとありえないと思いつつも、清涼感に包まれた作品だとすんなり受け入れてしまう、不思議な力のある映画でした。
しり

しりの感想・評価

3.9
北イタリアいいとこすぎる
湖?水辺でふたりが戯れてるのよかったきゅんきゅんだ
hase46

hase46の感想・評価

3.8
以前からずっと気になっていた作品。

まだエイズが世間的には流行る前1983年が舞台。同性愛を自覚しながらも、異性と結婚していた時代。

最初は全然だったのに徐々に近づく彼らの距離が切なく、愛らしい。
どんだけ水浴び好きなんだよとは思ったけど。

ラストも当時の社会を反映しているようでとても印象に残る。

2019.3.17.40本目
“Call me by your name and I’ll call you by mine.” (Oliver)

“For Oliver, From Elio”

LGBTをこういう恋愛映画として描く映画すき、本人たちの苦悩は周りからの偏見ではないっていうところも良い
>|