君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

終始美しい映画でした。

南イタリアへの憧れと、ティモシー・シャラメ様への恋心が募る映画でした。

ラストのお父様のお言葉も、映画史そして自身の人生に残るほど印象に残りました。

辛い時に見た映画だったので、支えになった映画でした。
ラストシーンがとても印象的でした。
美しかった…
ry

ryの感想・評価

4.0
常に聞こえる小鳥のさえずり。
日差しと緑。プール。
このあったかい?雰囲気の中、だんだん惹かれ合う2人。
そしてピアノの音がいい味出してる。
切ない。
「サスペリア」と同じ監督ってのを知って観たらこの監督のクセ、案外わかるかも。
自分の名前で相手を呼ぶってすげえ新鮮な感覚。
itsuki

itsukiの感想・評価

3.7
SFなど派手で視覚からも面白い作品好きの方は、あまり好みではないかもしれません、しかしじっくりと色々な事を考えさせてくれる作品でした。
「早く立ち直ろうとして自分の心を削りとり、30歳になるまでにすり減ってしまう」
エリオ父が言ったこの言葉が胸にささった。まだ24歳だけど一途に1人を愛することができなくなってしまっている自分がいたから。今の私は別れた時でも「彼女が自分に合わなかったのだろう」等となにかと理由をつけてすぐ開き直りがちだ。付き合ってる時でさえ、その娘のことが好きなのかどうかも分からないでいた。社会人としてはこの切り替えの早さはメリットではあるかもしれない。しかし冒頭のセリフを聴いて、悲しんだり、落ち込んだりしていいんだと気持ちが軽くなった気がする。幸せだった時の思い出を胸に抱きながら、悲しみと向き合い前に進む。

あとエリオの服装が私的にツボ。リーバイス501のヴィンテージを買ったばかりだったこともありラフなシャツに501にコンバースのスニーカーで着たいなと思った。
mi

miの感想・評価

3.4
誰一人として悪くない、2人の想いが判ってから全員の気持ちが切ない…。今の時代でこそ少しは同性愛を言えるようになっているけど、80年代なんてそんなことはなかったんじゃないか。もどかしいだろうなぁ。ラストのエリオは、思い出、この先のこと、色々考えてしまったんだろうな。
両親も女友達も理解があって心が優しくてよかった。
そして終始映像が綺麗でストーリーの切なさを際立たせる。

いつから好きだったの?ゆってよ!みたいな話をしているシーンが好き


こんなに好きな人ができることってとてもいいなあとおもった…
fkkitm

fkkitmの感想・評価

4.4
見目も心も美しい。
純粋で繊細で尊い、だけど誰にでもあるもの、スッと入ってくる。
青春特有の、美しさ儚さ、自由さ勝手さ、感覚としては遠い昔のものでもあるけれど、いまも心の隅にあるもの。
周りの人や自分を大切にするために何を選択するか・しないか。

両親が理想すぎてため息。

あともう趣味の話だけど、シャラメ程に柄シャツとニューウェーブが似合う人間いるだろうかという。
な

なの感想・評価

4.5
美しい
最後のシーンが泣ける
時間経ったらもう一回見たい
ガビ

ガビの感想・評価

4.3
こいちゃん2018ベスト映画

夏は花火のように弾けるけど、とても儚い。
夏が終わってく切なさの表現がすごかった。

最後のお父さんの話が全てと言ってもいい。
色んなものを抱えて大人になっていくんだなぁ。

風景や感情の表現が美しく、素晴らしいお話。
ただオリヴァーは車で来たのに、バスと電車で帰って行ったけど後始末どうしたのかめっちゃ気になった
my

myの感想・評価

4.5
切ない…美しい…
ラスト40分くらいくるまで、映像が美しいけど普通にエロいから何見させられてんだと思ったけど、最後一気に来て泣いてしまった。そして見終わった後の余韻がすごい。見返したい。LGBTの映画であることはすっかり忘れてた。そんな世界。
両親の眼差しが優しい。暖炉の火が暖かそう。この映画、お父さんの言葉に詰まってる。

君の名前で僕を呼んでって、最高の愛だな…羨ましいな…私はあなたであなたは私なんでしょ…すごいよ…
何もかも忘れないってもう
経験だよね、なかなかそんな相手に出会えない。

情景もファッションもとても素敵だった。
音楽も最高。大好きなカンタータが流れてきた時は声を上げてしまった。
続編出るというので慌ててみたけどよかった。これ次どうなるんだろう。
タイトルfind meってもう泣いちゃう
>|