君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

服も風景も文字も何もかもがすっごいお洒落。
性別なんて関係ない。
夏になったら観たくなる映画。
ロマンチックで、透明で、青春な映画だった。とにかくイタリアの景色が綺麗で、音や背景にうっとりしてたし、行きたくなった。そして何より、恋をしてる二人の、特にティモシーの演技!なんて純粋な演技なんだって。最後まで、美しい作品だった。最後長く写して頼もまたいい。
うみは、君のことが知りたいから、のシーンがいいって。これは、本も読んだ。
Aya

Ayaの感想・評価

3.7
純な初恋のおはなし💞いいなぁこんな風に肩が触れたこととか目があったことで、そわそわしたりヤキモチ焼いたりしたい☺️
rejocqu

rejocquの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

友人間での上映会にて鑑賞
カラオケプロジェクタールーム&Blu-rayありがとう!!!

文系サブカルに造詣が深い友人の解説つきでないと良さが理解できなかったと思う。
一人で映画館で見なくて良かった。

北イタリアの情景が美しく、印象的な色使いが徹底されていた。が、その色使いや周りの小物などにも本人たちの気持ちが投影されており、内面的な部分を行間を読み取るように理解する習慣があるそうだ。

セリフとシーンが合致していないように感じたり意味のないシーンに意味があったり、いやそもそも意味とかそういう問題じゃなくて
シーンを
理解するとかじゃなくて、感じろ!!!
だそうだ。

難しかった…修行が必要だと感じました。

とはいえ…
アミハマちゃんとティモシーシャラメくんはたいへん美しく、あんな若いのにメインとなって画がもつ存在感やナチュラルな演技は確かにスゴい。最後の長回しは吸い込まれる。


なんかこう

開始1秒で何らかの乗り物が絡むドタバタ導入から、チーム紹介、ミッション発生、キャラの個性発揮する作戦から実行までのアクション満載(戦闘の新しい技巧と滾る銃火器選びと何キロの火薬と車両を使ってロケーションを最大に活かせるかが勝負)、最大の敵との対面、愛と友情の大団円

っていう映画で育ったので
感じるものは疾走感であったりミッションの滑らかさであったり爆風だったりタフな男たちの生き様だった。

マジ言語がちがうよね笑
mam

mamの感想・評価

2.8
正直よくわからないが、人間の潜在的な部分が出来事のきっかけとなって、出てくるのだと感じた。

父親の『感情を圧し殺すな』の言葉には胸が熱くなった。
きゃと

きゃとの感想・評価

4.8
その年の1位。とにかくティモシーが美しいし、最後のパパがなんて素敵なことか。しばらく友達と別れがたく、ふたりでなにを語るわけでもなく一緒に歩いた。
ワタシニハナニガヨイノカワカラナカッタヨ
映像の美しさは確か
とても上手だし、ロケーション最高だけど、そもそもオリヴァーがなんか嫌。
>|