君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

2017年イタリア,フランス,ブラジル,アメリカ映画。

アンドレ・アシマン原作小説「君の名前で僕を呼んで(call me by your name)」の映画化作品。

80年代の北イタリア、とある避暑地。教授である父を持つ17歳の少年エリオ。毎年訪れる別荘に今夏は大学院生のアメリカ人オリヴァーが身を寄せてくる。エリオにとって初めての、そして生涯忘れられない男性同士の恋の痛みと喜びを描く。

主演のティモシー・シャラメは本作で数多くの主演男優賞や新人賞を受賞して脚光を浴びた。特に3分半にも及ぶ超長回しのラストショットには心を揺さぶられる。

鳥肌しか立たない。

観て。
mio

mioの感想・評価

4.0
念願!ティモシー出てるだけでエモいよなあ。全体的に美しい
sayaka

sayakaの感想・評価

5.0
セリフじゃなくて基本的に静かな中で感情が表現されてるからこそ淡い世界観、とてもリアルで感情移入してしまった。お父さんの最後の言葉が響く。涙が止まらなかった。
サウンドトラックに坂本龍一の曲が2曲もあって、やっぱり坂本龍一はすごい
えりな

えりなの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

切なくて切なくてラスト10分くらいからエンドロールで涙が止まらなかった。
夏の夜の森、プール、食べ頃を迎えた果実、全部が一瞬の短い時間にしかないものでラストで季節が変わっている事も含めて2人の夏の恋と重なってとにかく切なかった。
あと、両親の全て受け止めて包み込むような優しさも泣ける。
性的な描写はあるので親兄弟と観るのはお勧め出来ないかも。切ない恋をしてる人に観て欲しい。
mai

maiの感想・評価

5.0
ふたりの世界に引き込まれる。美しかった。
n

nの感想・評価

3.8
記録
ari

ariの感想・評価

5.0
美しかった。
a

aの感想・評価

4.0
「痛みを葬るな 喜びも忘れずに」

すべてが美しい作品
切ないけど胸を打たれた
両親の温かさに救われる
2187

2187の感想・評価

3.0
雰囲気、音楽、演出など本当にすばらしいのですが僕は苦手な内容。
ただ、そんな苦手な人に対する訴えでもあるのか父のセリフが心に刺さる。
>|