君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

青臭い青春が何かに刺さった
yae

yaeの感想・評価

-
アホほど眠い時に観たから途中寝た 眠気ない時にまた観たい
スズキ

スズキの感想・評価

4.0
大人と子供の恋愛への思い、いや…面白い。上手
心洗われるねぇ。
Yuki

Yukiの感想・評価

4.3
綺麗な映画。
本当の自分をさらけ出せる人もいて、さらけだせなかった人もいて、それを表に出せなかったとしても確かに愛あった。どんな選択肢を選んだとしてもそこにあった愛は確かなもの。
映り

映りの感想・評価

-
すこし難しかった…行間読めない人間にはすこししんどかった…訓練だな…
雰囲気はすごく素敵で楽しかった
時々フランス語出てきて楽しかった
西崎

西崎の感想・評価

4.2
綺麗且つショートパンツの丈があまりに短過ぎてmr gentleman2019ssのルックを観せられてるかと思った。
ぽむこ

ぽむこの感想・評価

4.2
映像美✨
目の保養になるー
でも切ない
prisky

priskyの感想・評価

4.1
画面の隅々まで美しい。台詞もクサくない程度に美しかった。キラキラと陽光に輝く自然のなかで、古代ギリシャの彫刻のような少年と知的で精悍な若者が恋に落ちる。美しい。

一歩踏み出してからのエリオの色気は凄まじかった。たびたび逆光で彼をとらえるシーンがあるのだけど、もう溜息しか出ない。

この映画で、もっとも伝えたいことは、きっと父親の言葉にあるんだと思う。ほとんどの親は、10代の“揺らぐ時期”に「早く目を覚ませ、結婚して、子どもつくって、親を安心させてくれ」と言うだろう。でも、エリオの父親は言わない。その時期に感じたことは一生の宝物になるだろうから。誰もが、その宝物を見つけて、手にすることができるわけではない。手にすることができたひとは幸せなんだと。

初恋のひとを失ったのではない。
一生の宝物を得ることができたのだ。

そんなようなことを言ったのだと理解。

LGBTへの理解が乏しい時代に、こんなことを言えるなんて。
めっちゃいい父親、、、。
>|