君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

madokaaa

madokaaaの感想・評価

3.8
とてつもなくエモい映画だった。

ティモシー・シャラメ、
なんて切ない演技をするんでしょう。

ディカプリオの再来は
言い過ぎかもしれないけれど、
たしかに目を惹く存在感。妖艶さ。

ラスト近くで父親のパールマン教授が
エリオに語りかけるシーン。

愛することの意味。

哲学的でありながらも、
優しさに溢れていて泣けてきた。

いつのまにか忘れてしまっていた
何かに心焦がれる感覚。
愛の歓びと痛み。
そんな尊くも青臭い記憶を、
生々しく呼び起こしてくれる作品です。

穏やかで美しい景観の中で、
まぶしい、ひと夏の忘れられない恋を
瑞々しく描ききっています。
みんな優しくないよねえ
と寂しそうに言っていた彼女の真相に
この映画を見て、久しく私が誰かを全く愛していない、そのエモーションさえ湧かなかった日々を省みた。
規律によってその時代が条件づけられた時、人の精神は鈍感になる。人生がこれほどダイナミックであるならば、わたし達とてダイナミックで訓練さえされていない心持ちが必要なのに、鈍感になり続けて日本人、愛することを久しく忘れているのである。

圧倒的過去鑑賞。この時に感じた情熱を上回るほどの恋をまだ私はしていない。無念だよなあ。私はずっと"生"に恋をしている。
ノン

ノンの感想・評価

5.0
こういう恋って悲しいけど素敵、、
ころも

ころもの感想・評価

4.3
今観たら絶対ダメなやつだった…
泣きすぎて頭痛い…
お父さんの言葉がとても刺さります…
色々重なってしまって辛すぎる。
おまけに名前まで近いとかほんと辛い。
yuka

yukaの感想・評価

4.3
見た~ティモシーシャラメかっこよかった~
最後はちょっと、せつなかった

このレビューはネタバレを含みます

舞台が1983年の北イタリアが舞台なんだけど、とにかく映像が美しい。
「お前の人生はお前のものだが 忘れるな
心も体も一度しか手にできない そして 知らぬうちに心は衰える 肉体については 誰も見つめてくれず 近づきもしなくなる 今はまだひたすら悲しく 苦しいだろう 痛みを葬るな 感じた喜びも忘れずに」
ハッとさせられる言葉が劇中に何度も出てくる。
そして22歳のエリオ演じるティモシー・シャラメが美しすぎる。
彼の美しさと風景の美しさがあって成立すぎる映画だと思った
今年みたなかで1番ひどいかもしれん。同性愛を否定する演者もいないので物語の展開もなくひたすら二股模様を見せられる。風景と音楽でごまかすな。アプリコットのシーンは気持ち悪すぎて夜食べた特盛うどん全部出そうになった
トシ

トシの感想・評価

5.0
100点です。。20年後も30年後もずっと見続けられるであろう名作
なつみ

なつみの感想・評価

4.0
オリヴァーよく考えたらひどい男ですよね?

でもなぜか惹かれる映画でした。
イタリアの長閑さと両親の心の広さは良かったです。オリヴァーもエリオもハンサムだからこそ成り立つ美しさだと思います。