君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

ちくわ

ちくわの感想・評価

4.7
人は恋をすると世界が変わって見えるとよく言われるもので、舞台のイタリアの避暑地の美しい原風景はエリオの見る世界だったかもしれない。オリバーがあんなにハンサムなお兄さんに見えるのも、恋をしたエリオにはそう見えただけで、実際にはそこらにいる男子大学生だったかもしれない。
ただ、こういった恋愛の普遍的な喜びと恋の終わりにグッとくることに相手の性別は関係ない。エリオのお父ちゃんの「お前が感じた喜びをその痛みとともに葬ってはいけない」という優しい言葉にどれだけ多くの方が励まされたかをふと思っただけで涙が出そうになる。

一つ苦言を呈するなら、オナホ代わりに使った果物を好きな相手にもしゃもしゃ食べられたら、自分だったらドン引きしてしまうわ…
A

Aの感想・評価

-
NYのPARIS THEATREにて鑑賞。
フルゴ

フルゴの感想・評価

4.6
ロケーションや映像が本当に素敵でした。
途中にちょこちょこ出てくる街と、自然にあふれる家の両方の画がとてもきれい。

なにより、エリオとオリヴァーの会話がとても素敵で、シーンも素敵で感無量でした。

素敵な2人に憧れました。
 彫刻のようなティモシー・シャラメがひたすら美しい映画。ただ、桃のシーンでは、つい「解せぬ」と桃の気持ちになってしまった…
moe

moeの感想・評価

5.0
たったの2時間程なのにこんなにも喪失感を味わった映画は初めてかもしれない。観終わった後、何も言えなくなる。
原作本も読んだけど、エリオ父の言葉でどうしても泣いてしまうし、幸福な思い出よりも残った苦しさの方が強まっていくエリオに胸が詰まる。

原作の方の続編が今月出版されるらしいので楽しみ。
愛弓

愛弓の感想・評価

4.2
文系ほっそり体型のアンニュイイケメンが、茹で卵を割る力加減も知らない筋肉系イケメンと恋をします。
ざっくりとしたあらすじですみません。ティモシーファンなので観ました。(やっと、、!)ティモシーは文系インドアオタク系少年役が一番似合うと思ってます。夏が終わるまでは読書をしたり?歌を編曲したり?川で泳いだり、夜遊んだりしてる?ってイタリアの夏、お洒落だな。。と、ど洒落な行動も彼らにとっては日常なわけで、さらさらとした身のこなしにうっとり見惚れました。そんなティモシー演じるエリオが出会うのはアメリカンなパワー系イケメンのオリヴァー。ただただ美しい映像を見せてもらいました。2人ともかっこいいし、ファッションがいいね。これを見てラコステのポロシャツ買った人、いるでしょう?私は、最後の冬のティモシーの柄シャツにタートルネックをインナーで合わせる服装に惹かれたよ。そのシャツの柄がアンニュイな表情の顔面だったっていうのがあら最高。
fiorina

fiorinaの感想・評価

4.5
北イタリアの避暑地を舞台にして、見事な映像美を描いており、繊細な心の少年・エリオ役ティモシー・シャラメの演技は本当に素晴らしい。水辺で泳いだり木陰で読書したり自転車に乗ったりとストーリーが進むんだけれど、どう展開していくのか不安に思いながら観てた。が、途中から青年との愛を確信し名前を呼びあうシーンやベッドシーンなど印象的なエロスが続いて映画ということすら忘れていた。社会的・政治的なメッセージはなくどこかの北イタリアの夏物語を堪能できたのもグァダニーノ監督の素晴らしさ。
chas

chasの感想・評価

-
美しい映画。

イタリアの風景、空気感まで伝わってきた。設定が冬ではなく、夏だったのも良かった。
>|