君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

風景や暮らし方とも相まって、あまりにも純粋な愛情に胸が苦しくなった
「男が男を好きになる」と「男が好きになった人が男だった」を明確に区別してるところもいい

LGBT映画として見る以上に、キャラクターたちの聡明さにも心奪われる作品だった

映画で泣いたことはほぼないんだけど、一滴だけ涙が出た
KURI

KURIの感想・評価

2.5
うーーーーん、とにかく長く感じた。家でだらっとして観る分にはいいかもしれない。自然がきれいだし、長〜い夏休みの様子が羨ましい、休みって休むためにあるんだよね、のんびり過ごしたい。
内容はあえて語らない、察してって部分が多くて疲れたし、よくわかんなかった。
こぅ

こぅの感想・評価

4.1
来春【サスペリア】公開が待機するルカ監督の
【ラブ・ストーリー】。

’83年夏の北イタリア、17歳の少年エリオ(ティモシー・シャラメ)は、大学教授である父の助手としてやってきた23歳の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)と出会い、ひと夏過ごし、互いに強く惹かれ合ってゆく…。

序盤のエリオのオリヴァーへの繊細な気持ちを映像で綴る【映像表現】が素晴らしい。
オリヴァーのダンスシーンを見守るエリオの眼差し(演技)が素晴らしい。

陽射し、青い湖、避暑地クレマ、建物、自転車で走る田舎の畦道…その自然風景を捉えた【イタリアロケ】が素晴らしい。←それだけでもまた観たいと思わせる。
本作の成功はこのロケーションによるところも大きいだろう。

中盤の2人はキラキラ最高潮。
男女で例えるなら、経験豊かな大人の女性と、まだ経験乏しいウブな男子といった趣だろうか…。

終盤、エリオの【父親の語り】が素晴らしい。


ラスト、エリオの気持ちを淡々と捉えた【長回し】が素晴らしい。


この手の作品がアカデミー賞に絡んでくるのは、良い傾向だなと思う。
ひ

ひの感想・評価

4.5
1983年夏、北イタリアの避暑地・・・
色味、質感、温度感、ロケーションが100点で最高なシーンと最高なキーワードがたくさんあった 終わり方も良くて夢の中みたいな映画だった
エリオの愛しさに母性大爆発

人ははやく立ち直ろうと自分の心を削り取り
30歳までにすり減ってしまう
新たな相手に与えるものが失われる
だが何も感じないこと 感情を無視することは
あまりに惜しい

心も体も一度しか手にできない
そして 知らぬうちに心は衰える
肉体については誰も見つめてくれず
近づきもしなくなる
今はまだひたすら悲しく苦しいだろう
痛みを葬るな
感じた喜びも忘れずに
Takubo

Takuboの感想・評価

3.2
自宅にて鑑賞。
英語字幕がなかったのが残念。

綺麗な映画でした。
エリオの心はアンニュイで不安定で、不純な部分もありつつも、無垢であることには違いなかったでしょう。その淀みがありつつも綺麗な様子が、全体的な画面の色調やBGMに反映されていて、1つの映画としての統一感、まとまりが印象的でした。

淡く、明度は少し高めな印象ですが、彩度は低めで、くすみながらも明るい独特な色感だったと思います。くすませているにもかかわらず、映像美を感じられるのがこの映画のすごいところかな、、と

ただ、のんびりとゆったりと落ち着いて進む映画が苦手な僕からすると、少し苦痛に感じる長さでした。そのようなジャンルの中ではきっと傑作と呼ばれる映画の1つになりうるのでしょうが、あまり見ていて満たされるような気持ちにはなれなかったです。
こう言うジャンル克服したい!!
何度も言いますが、クオリティの高さは苦手な僕でもビシバシ伝わってきました。

気になったのは、要所要所でハエがしっかり登場するのはなんだったのでしょうか。
いまだにどう言う意味を込められていたのかが、わかりません。でもおそらく劇中におけるキーの1つではあるのだと思います。

パンツからまたが見えそうな場面も多くて、これにも狙いがあったのかな?

最後に一番好きな、エリオとお父さんが語る時に残した最高の言葉を記そうと思います。

心も体も 一度しか
手にできない
our hearts and our bodies are given to us only once.

知らぬうちに 心は衰える
Before you know, your heart's worn out

まだ今はひたすら悲しく、苦しいだろう
Right now there is a sorrow and pain

痛みを葬るな
Don't kill it

感じた喜びも忘れずに
and with it the joy you've felt.

劇中のセリフ回し、これがまた巧みです。特に終盤の言葉の使い方が恐ろしいです。一言一言が胸に刺さり、脳に染み込んできます。
mizuki

mizukiの感想・評価

3.8
同性愛をテーマにした作品は、
苦手なはずなのになぜか美しく感じました。
イタリアの風景、キャスト、服装、美術、映像、音楽。

恋と共にいろんなことを学び、
大人になっていく姿がとても良かった。
エリオのお父さんが最後にいうセリフが、
心に染みました。残りました。
でも見終えて率直な感想は "切ない"

エンドロールまで素敵でした。
メメ

メメの感想・評価

4.5
なにもかもが眩しかった。
下を見れば太陽に照らされた海や川の水面が、上を見れば葉と葉の間から差す木漏れ日が、きらきらと輝いて揺れている。

エリオがオリヴァーをエリオと呼び、オリヴァーがエリオをオリヴァーと呼ぶそのとき、わたしはなぜだか泣きそうになって仕方がなかった。
知性や言葉をもってしてもどうにもならない愛や恋。流れ出す卵の黄身や滴る果物の果汁のように、溢れて止まらないそれを、こんなに眩しく描かれたらもう、好きに決まっている。

恋の痛みも喜びも知って、ぼくたちは大人になっていく。
お父さんがエリオに願ったように、心を擦り減らさないまま、この夏の全部を宝物のようにいつまでも大切にしていてほしい。

"君の名前で僕を呼んで"
こんなことを誰かに言えて、誰かに言われる人生、尊すぎてクラクラする。
8

8の感想・評価

3.5
美しい映像、音楽、俳優に囲まれてのあっという間の2時間だった。
2人の深い絆は〝ひとときの恋〟であったわけで、同性愛という言葉一つでは言い表せない特別な瞬間であったのだと思う。とにかく、青年であるティモシー・シャラメの一瞬見せる大人の色気のようなあの表情は本当に見るものを引きつける。
美しい...

久々にこんな良い映画観ました。って感じです。
sakae

sakaeの感想・評価

4.0
すごく綺麗で、純粋。
でも、生き方だったり、人との繋がりだったり、さらっと盛り込んでる感じが素敵でした。