君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

0ohitomi

0ohitomiの感想・評価

4.5
例えば、好きな人と外で手を繋いだり、そっと頭を肩に乗せたりすること。
当たり前にできていることが、実はとんでもなく幸せな、恵まれたことなんだと痛感した。

暗示的な描写や美しい映像に、sufjan stevensの音色が最高にマッチしてて、目を閉じると静かに涙がこぼれ落ちた。

美しい映画だ。
nuco

nucoの感想・評価

4.5
素晴らしく美しい映画だった。
映像、間、音楽、色、全て綺麗だった。
エリオも、エリオの家族も美しい。
最後のエリオの服が素敵だった。
いい映画でした。
Kanako

Kanakoの感想・評価

4.3
エリオとオリヴァーの関係性が愛しい。性別の壁を越えた愛は本物の愛なんやろうな〜。流れる時間のゆったりさ、家族や親子の関係性とかいいなあ〜ってなった。映像も美しすぎるし音楽も最高やしもう一回見たい。
ちゃぴ

ちゃぴの感想・評価

4.1
北イタリアの広大な自然がエリオのまっすぐな感情を引き出してくれる。カラッと乾いた暑さを川で泳いでだり、みずみずしい果物を食べることで潤す姿は人間の欲そのものでそれを見ているとオリヴァーに対する愛を伝えることもとても自然なことのように思えた。

この手の映画(といってもキャロルほどしか観てないが)はとても不思議で、同性の恋模様なのにその表情、仕草は性を超えて人を愛するということを教えてくれる。いつのまにかどちらともなく抱擁する側、甘える側に分かれる。(もちろん同じストーリー内でその逆も起こる)
それはとっても自然なことなんだと改めて感じた。

主演のティモシー・シャラメの感情を押し殺すシーンはとても迫力がありもらい泣きしてしまう。
それに対する最後のシーンで、お父さんがエリオに話した内容がとても印象的だった。

どんな感情も捨てるには惜しく、その全てを受け入れて人は自分らしさを作り上げて行くものなんだろうなと改めて思った。
自然豊かなイタリアで始まる一夏。

柔らかい陽射しの下で家族と囲む朝食。

小川のせせらぎ、キラキラ輝く水面。

自転車で駆け抜ける一本道。

搾りたてのアプリコットジュース。

草木に横たわり読書にふける午後。

ストーリーより映像に見入ってしまった。それ程全てが鮮やかで、爽快。

その土地の魅力をじっくりと味わうことができ、イタリアに行きたくなる。

そしてそんな景色に負けないくらい美しかったのが、主人公エリオを演じる、ティモシー・シャラメ。
美少年という言葉がピッタリすぎる。
純粋な恋のお話でした。甘酸っぱい、もどかしい、エリオの青春の輝かしい1ページです。
80年代のイタリア、夏。
17歳のエリオは、大学教授である父のもとにやってきた大学院生オリヴァーと出会う。
ふたりの間に徐々に生まれた特別な感情は、やがて激しい恋へと燃え上がる。
しかし、夏の終わりとともに別れの時は近づいていた…。

とにかく「美しい」の一言に尽きる、という感想が多いけれど、
個人的には美しさの中に突き上げるエロスを感じて、息をのむ瞬間がいくつかあった。
たぶんそれはエリオ(とオリヴァー)を客観視できなかったからだと思う。
イタリアの夏、教授の父と優しき母、年上の聡明でチャーミングな青年。
日本で生まれ育った自分にとって非日常的なシチュエーションなのに、
まるで自分がその場にいるかのようなドキドキを感じるのだ。
誰かを好きになる気持ちをしばらく忘れていたけど、
気持ちが通じかけてはほどけていくようなもどかしさを久しぶりに思い出した。
「ひと夏の切ない経験」というとチープな感じがするけど、この映画はまさしくそれです。
ただし、この先もずっと忘れることのない、たったひとつの経験。

【個人的に琴線に触れたシーン】
・主演ふたりのビジュアルがたまらん。エリオに関しては劇中9割上裸、オリヴァーは短パンにシャツ。
・だからこそラストシーンの冬の装いに、胸がギュっとなる。
・エリオがオリヴァーの身につけているものにほんのり執着する感じ、わかるわかる。
・両親、最高だな。勉強することは人の心を育てることなんだ。
・ふたりがはじめて結ばれる夜までの一日の見せ方。私も何度か時計見そうになったわ~。
予告の雰囲気そのままの作品でした。
美しい景色に音楽、2人の切なすぎる儚い恋…
何よりティモシーシャラメの繊細な演技がこの映画にピッタリです。
ラストの彼の表情には心を奪われました。
わ

わの感想・評価

4.6
アプリコットのように甘酸っぱくジューシー、
それでいてほろ苦く、純粋。
イタリアで、ひと夏の想い出。
2人の目線が、台詞よりも多くのことを語る。
まるで移りゆくポートレートのよう。
何ひとつ忘れない。
mcmcmo

mcmcmoの感想・評価

5.0
エリオから感じた生きている証たち:
シーツ、呼吸でうごくお腹、シーツと足、二回転、ただ涙が流れるのをそのままにじっとしていること、掴む・掴まれる腕

エリオの若さの証:
歩き方、猫背の肩

基本ふたりの表情というより動きを追っているような印象、だからこそ時折しっかり映る表情で、ふたりの目つきをまともに見、別人に思えるからはっとする。

恋愛のすばらしさよりも、生きるという行動のすばらしさ。