君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

Yuka

Yukaの感想・評価

4.6
美しい、、、!のひとこと。オープニングとエンディングシーンが特に印象的。音楽も景色もキャラクターも全部が最高
4

4の感想・評価

4.3
人物、風景、音楽、セリフの全てが美しい。タイトルが決め台詞になる映画とっても大好きです。
DIZ

DIZの感想・評価

5.0
タイムリミットがある恋というのは素晴らしい。
そしてこれほどまでに痛く苦い恋も人生で何度も体験できる事じゃない。
一度も経験できずに死んでいく人もいるかもしれない。

同性愛の映画なのだけど、とても普遍的なストーリー。
これはアデル、ブルーは熱い色のように本気で人を愛した時に伴う痛みの話だから。

本気で人を愛したことがある人なら、胸の中にあの頃の痛みが蘇ってくるほど
リアルな演技をティモシーシャラメが魅せる。
22歳であの演技ができるということは、彼にもそのような体験があったのかもしれない。
表情だけで、センチメンタルなエリオを演じ切った。

タイムリミットや未知の体験に戸惑いながらも心に従うエリオは美しい。

アーミーハーマーもとても素晴らしく、この2人が距離を縮めていく様子をじっくり、ずっと観ていたい。
Marisa

Marisaの感想・評価

4.8
夏の何ともビタースイートな恋。
イタリア行きたくなる、恋したくなる映画

エンディングのエリオットの表情、泣けてくる
何は無くともエンディングが好き。
エンディングが好きだと作品全体がいつも底上げされる気がする。
あとは夏。行きたい。この夏に会いたい。
Eriko

Erikoの感想・評価

3.2
短い夏の甘酸っぱい恋。男同士のキスがこんなに美しいって感じたの始めて。フランス感がすごいラブストーリーだった。パンニングの技術がうまい。
AriIshida

AriIshidaの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

一番好きなラブストーリーかもしれん。性とかを考えさせる今までの映画とはちょっと違う恋愛映画。画がとっても綺麗で、世界観にグイグイ吸い込まれた。出会ってから徐々にお互い惹かれ合う過程で、こっちも恋してる気分になっていく。まあまあ激しいから1人で見てよかったと思った。LGBT関係なく、人を愛する事ってほんまに素敵な事やな。カリフォルニアでは最後拍手して終わったし、みんな満足してた模様。どこの州でもこんな受け入れられてるんかは謎。あとラストのシーンが今までにない感じで、また感情移入してまう。
ミヅキ

ミヅキの感想・評価

5.0
ただただ美しくて儚い北イタリアのどこかのひと夏

眩しくて優しい太陽も、時に軽快で、時にささやきかけるような音楽も、Oliverと自転車で駆け抜けた街もすべて淡く、すべて夢のよう

しかし、ElioのOliverへの思いだけが炎のように強く心に焼き付けられる

人にこの映画を説明する時に、"ゲイの映画"ではなく"恋愛映画"と言いたい
ゲイかどうかはこの映画で重要ではないし、偏見を持ってみてほしくないから
Xx

Xxの感想・評価

5.0
これは本当に良かった
衣装も人間の描写も音楽も全部ドンピシャそしてこの心苦しいのに美しい感じ、これはおそらく今年一のお気に入り映画。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.8
DVDにて鑑賞
本年度の最大の楽しみが新作サスペリアの公開なのですが、その監督がこのグァダニーノ監督なんですね。そしてこの監督の最新作がアカデミー賞にノミネートされたということで いや~本当に楽しみですサスペリア。でこの作品、一言でいえば少年のひと夏の恋。脚本がジェームス・アイボリーということでどちらかといえばアイボリーカラーの作品なんですが 本当にイタリアの景色が素晴らしい!アーミーハマーに恋した少年の繊細な感情の移ろいが丁寧に描かれていて、またそれを演じているティモシー・シャラメが抜群にうまい!アカデミー賞ノミネートも納得。ストーリーとしてはシンプルなんですが絵画のような映像とシャラメ君の演技を堪能する映画ですね。
で、話しは最初に戻って アカデミー賞に絡む イタリアの監督がサスペリアを撮るって いや~本当に期待MAXです。