君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

人が生きることの全てが詰まっているような素晴らしい映画だった。
なんでこんな人の心がもどかしくてリアルに描けるんだよぅ…

ティモシーシャラメくん、地上に舞い降りた天使なのかな
あこ

あこの感想・評価

4.0
❤︎LGBT映画は初めてだったからあまり慣れなかった。
❤︎10代の心情が細かく表現されてる
❤︎若く、そして美しい一夏の恋。
❤︎エンディングが素晴らしすぎてびっくりした。
❤︎パパママの愛が温かい
❤︎女の子もなんか素敵
miyutty

miyuttyの感想・評価

3.5
洋画って現実的な事を描いていてもどこか別世界の様な感覚がある
そして今回のテーマは、外国の方が演じているからこそ、美しく感じたり、心にくるものがあるのかなぁと思いました
これは日本人では違うんだろうなと…
また音楽や景色もあっての映画だなと思うのでそこも、日本では出来ないなと感じました

最初の方、この映画何も起きないな〜って思ってたらそういう事かとなりました!
両親の考え方が達観してるというか悟ってると感じた!

ラストシーンは名演技でした〜
ダイナ

ダイナの感想・評価

3.9
同性同士の恋愛をテーマとした作品。主役の感情の揺れ動きがメインに描かれており、性描写は抑えられている印象。そのため、純粋に恋愛モノとして鑑賞することができる。が、あくまで控えめであって特定層へ配慮することなく映すべき描写は映しているので、家族と一緒に鑑賞となると家庭によっては凍り付くかもしれないので注意が必要。

主役二人は二人とも美形。エリオは彫刻のように彫りが深い。話し方、言葉、動作から繊細でいて純粋な印象を受ける。オリヴァーはダンディさもあるがハンサム感が強い。知的で自信家の様は、彼に惹かれる理由もどことなく理解させられる。

作品内では基本環境音とピアノのBGMが流れており(挿入歌もたまに流れたり)、主役達の行動が、繊細な心情がベースとなっていることを印象付かせるのに一役買っている。ロケーションはイタリア。アプリコット、水遊び、編曲作業に囲まれて過ごす日々にて、生活の些細なシーンが積み重なっていく。それらのシーンは照れや想いにふける甘酸っぱいものや、嫉妬的で寂しさを感じさせる苦いもの、生々しい性的衝動の発散という辛いもの、恋愛を描く上で発生する様々な心情を映していている。丁寧な描写群が登場人物の心情の揺れ動きを分かりやすく説いてくれる。

自分が一番気に入っているのは、父親との会話からラストまでの流れ。是非ここまでは見てほしい(=全編見てほしい!)。ラストのクレジットが流れる所は役者の力というものをまじまじと感じさせられる。
zony

zonyの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

夏のイタリアで出会ったオリバーとエリオの二人は惹かれ合い、求め合った。
だけどエリオは少年だったし、オリバーは大人だった。
エリオはオリバーの一挙手一投足に一喜一憂するし、当てつけ(というよりは自分が傷つかないための防御線のような感じ)で女の子を抱いたりする。
オリバーはエリオの気持ちがわからずに距離を保とうとする。
そんな二人が自転車で出かけた街で同じタバコを吸うシーンがとても美しくて印象的だった。
わたしはこの映画において、タバコがお互いの距離を表す重要な道具になってると思う。
エリオしか吸ってなかったタバコ、そして街で同じタバコを吸う二人、そしてタバコを持った手を重ね、キスをする二人。

お互いの名前を自分の名前で呼ぶのは二人だけの優しくて甘い嘘のようで、それが美しく悲しかった。

両親と離れ、二人で行った旅行先の思い出を最後に、オリバーはエリオの前から姿を消した。
そして、次の夏が来る前にエリオに結婚することを告げ、二人の関係はひと夏の思い出になった。
全て覚えてるではなく「なにひとつ忘れない」と言ったオリバーと、オリバーに「エリオエリオエリオ…」と呼びかけるエリオの切実さに胸が締め付けられるけど、紛れもなく二人に愛は存在していたし、きっとその思い出をずっと心に生きていくのだろう。なによりエリオの周りには愛に溢れた人たちばかりで本当に良かったと思う。

光の美しさと自然の雄大さ、そして二人がその自然のようにさらけ出したむき出しの心はなんて美しいんだろう。
とても素敵な映画でした。また見たい。そして私もあなたにあなたの名前で呼ばれたいと思った。
LGBT映画って、最早ひとつのジャンルだと思った。全く対称的でない2人が重なる瞬間の美しさ。
特に何でもないような映画なんだけど、今でもずっと頭の中に記憶として映像と音が鳴り続けているような映画。多分これからもそうだな。
なんと生々しい感情…!!

物語はオリバーとエニオの話だけど、
そこにあるエニオの感情は、良いものも悪いものも、性別を超え、経験を超え、心に響いてきた。

社会とか、立場とか、性別とか色々あるんだけど、それが全て愛を引き立てている。
たかも

たかもの感想・評価

4.1
川に泳ぎに行ったり、田舎にあてもなく自転車乗りに行ったり、時間の使い方がとても贅沢で素敵
どの人も演技みたいじゃない自然な感じががいい
映画全てがキレイでずっと流していたい感じ
男性同士の愛ってすごく楽しそうで、少年同士がじゃれあってるみたいで素敵だな〜って思った!オリバーカッコいい!

最初の夏から最後の冬に移ろう季節の感じと、
最後の焚き火のパチパチとエンドロール好き。
izumo

izumoの感想・評価

4.0
おかしいぞ…
ノンケのはずなのに、胸が苦しい…。

生々しいのに美しく、結構露骨なのに切ない、絶妙な所を突いてきた。