君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

Bo

Boの感想・評価

4.2
繊細さと知性が突き抜けていました。
サイモン&ガーファンクルのような音楽も良かった。
10年代の映画でベストかもしれません。
なんて美しい空気、イタリアの避暑地に吹く心地よい風、美しい空と家。
夢を見ていたかのように手元には何も残らない感覚があるけれど、劇中の音楽が頭の中を回ってしまう、そんな映画だった。
初めての別れ…
ラストシーンにエリオの新しい出会いが見えました。

このレビューはネタバレを含みます

とても素敵な映画だった。
主人公にまとわりつくハエが、忌々しさや振り払えぬ感情や葛藤などを表しててすごくいい演出になってる。
細かいとこまで描写力がすごかった。
主人公が男が好き察してる母親の対応や
フラれた後の父親の「痛みを葬るな」という台詞や恥じるなその気持ちを大切に生きろという話はとても染み入るものがあった。
y

yの感想・評価

3.6
良かった!んだけど、捉え方がわからなかった、どう思えば良かったんだろうか。何も考えずに見られるような映画じゃないはずなのに、なんだか掴めなくてモヤモヤ。能力が足りないなと思いました。ぜひ人にはおすすめしたい。
演出、音楽はすごく良かった!ストーリーありきで映えてるんだろうなぁという気持ちもする。エンドロールすごく良かった。
3ヶ国語がポンポン出てくる。とにかく北イタリアに住みたくなっちゃった。
n

nの感想・評価

4.0
こんなに儚くてお洒落なエンドロール初めて。
エリオ役の俳優さん、すごい。
最後の2分で涙腺ぐわー持ってかれた。
yurina

yurinaの感想・評価

4.2
美しい。どのシーンも魅力的でその美しさに見惚れてるうちに終わってしまった。。最後のバッポの言葉演技素晴らしすぎ涙...北イタリア住みた〜い
ふー

ふーの感想・評価

5.0
大好き
眩しいけど爽やかな陽射しが心地いいし、全体的に色が柔らかい

いろんな内に秘めたものを外にさらけ出せなくてグズグズしたりイライラしたりする思春期の男の子が本当にきれい
大人だけど完全な大人じゃない感じのなお兄さんもかっこいい…イケメンとかじゃなくてナイスガイって感じ

この映画、登場人物の性別がみんな入れ替わっても一部だけ入れ替わってもなりたつのが本当にすごい!あと周りの大人達がとても素敵
mogawa

mogawaの感想・評価

3.6
あんな経験は自分には無いけれど、とても美しい北イタリアの風景に何故か懐かしさを感じる。綺麗で切ない夏休みの映画。

同じ境遇の人からはどう見えるのだろう、
エリオとオリヴァーがもしくはいずれかが別性だったら。

もしかしたら誰しもに訪れる普遍的な物語なのかもしれない。
相手が女性かは分からないが、彼が最後に結婚し所謂日常に戻ったことで、何となくそう感じた。

最後に、タイトルが優勝しすぎなので、悪くない内容が少しだけ期待外れに感じてしまった点は否めない。
淡く、青く、切なく、鮮やか。映画の中から夏の匂いが漂ってくるようで、とても心地の良い空間かと思えば、ラストに畳み掛けるような激しさは、忘れていたなにかを思い出すような、あの子ももしかしたらと思いを馳せるような、熱情に満ちた作品だった。そして、映像ではなく演出自体によって、とても色彩が強く感じられる作品だとも思った。このタイトルの意味がしっくりときた瞬間、人間の美しさを語るドラマなのだと痛感すると同時に、北イタリアの最高な夏を体感した気がした。音楽もねぇ、素晴らしいんですよ。

あぁこんなにも人を好きになりたい。
そしてこの家族最高だな。