君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

sk

skの感想・評価

5.0
なんて美しい映画なんだろう。
もはや芸術。


"切なくて美しい映画"


私のかなりのお気に入り映画


衣装スタイリングもセンスがよすぎる
puiippy

puiippyの感想・評価

5.0
気づけばじわじわと切ないようななんとも言えない気持ちで泣いていた作品
この家族でよかった幸せになってほしい
coconicooo

coconicoooの感想・評価

4.2
記録*2019.1.17

音楽も映像も綺麗。
恋は何だかいつだってせつない。
何よりもお父さんの言葉が全てだったかも。ものすごく深く重く尊い。
Pflaume

Pflaumeの感想・評価

3.8
ずっと見たかった映画!
夏の緑の感じが美しかった。エリオとオリヴァー二人とも素敵。
エリオ、フランス語とイタリア語と英語喋ってるの普通にすごい。
最後の電話は切なかった。
49

49の感想・評価

4.0
理解ある両親、大切に想ってくれたオリヴァー…エリオは本当に恵まれた環境にいたんだな。
予想していたけど、最後の電話のくだりで泣いてしまった
P

Pの感想・評価

3.9
よかった!

同性愛ものはやっぱりどこかしらでウッてなってしまうことが多いけど、これはスルッと異性愛もののような姿勢で観られた。
夏のカラッとした日差しと木漏れびと終始流れるピアノ音楽がとてもマッチしてて心地よい!

最後の長回し、とってもいい表情してる
YangYang

YangYangの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

とにもかくにも全てが美しい。
主演はこの絶対2人しかいないなという満足感。。。
特に何か大きなきっかけがあって恋に落ちるみたいなことではなくて、自然な流れでお互いに惹かれていく描写がとても繊細。
その背景が常に北イタリアの美しい風景なだけにもうすごい。

エリオの気持ちの動きが痛いほどみている側に伝わってきて苦しかった。
オリバーの選択は、愛しているけど離れ離れになることは最初から分かっていたようでそれも辛い。

エリオは理解あるとても素敵な家族に囲まれて、たくさん傷付いたけどこれから前向きに人生を歩める気がした。お父さんの言葉は本当にうるっときた。
aoiiiide

aoiiiideの感想・評価

4.1
余韻.....素敵というか......
なんて言ったらいいか出てこないけど余韻がすごい....

でもきっと2度目は見ない。
梅田

梅田の感想・評価

3.7
短パンの短さとか肌の綺麗さとかこんな全方位にエロいと観てて困ってしまう。ラストショットのティモシー・シャラメの表情(何分も泣き顔をアップで撮られ続けるのはさぞ疲れるだろう)とその周囲の雑音が頭から離れなかった。いい映画だった。
いつも思うが、ヨーロッパの風景でいちばん絵になるのは石畳の道路だと思う。
カモメ

カモメの感想・評価

3.9
どこを切り取っても映像が綺麗な青春映画。

○1980年代。17歳のエリオは毎年の夏には両親と共に水辺の別荘で過ごしていた。エリオの父はギリシャ・ローマの考古学教授であり、エリオ本人も考古学や芸術に秀でた才能を持つ感性豊かな少年だった。
エリオの父は毎年学生を一人アシスタントとして別荘に招待していた。今年はオリヴァーという青年がやってきた。はじめ、エリオとオリヴァーの相性は悪く、仲違いしていたと思いきや、同じ日々を過ごすうちに……。

身も蓋もない話をしてしまうと、ストーリーは至極簡単。けれど、ラストに繋がるまでの描写がものすごく丁寧。上映時間の長さも相まって、映画というより映像作品的な面が大きいと思いました。
2017年製作でありながら、ファッションや生活様式、色彩など本当の1980年代に撮影されたんじゃないかと思うくらい、”古い”描写がとても上手い。

私は異性愛者なので、差別するつもりはありませんが、LGBTにどこか特別感だったり崇高さを見出してしまいます。
しかしエリオの両親は何も特別なことだと思わず、理解を示し、全面的にエリオの手助けまでしてくれる。裕福な家庭というだけでなく、全てにおいて恵まれた家庭なんだなぁ~と感じてとっても羨ましくなりました。

自分の名前でお互いを呼び合おうと提案したオリヴァーに、はじめは「なんてナルシストなんだ」なんて事を思ったりもしましたが、ストーリーが進行するにつれ、とても二人の愛を確かめる上でとても大切な行為なんだなと思いました。

映画としてはとっても良いのですが、個人的にはこそばゆい感じがしてちょっと苦手。甘酸っぱい。