君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

izumo

izumoの感想・評価

4.0
おかしいぞ…
ノンケのはずなのに、胸が苦しい…。

生々しいのに美しく、結構露骨なのに切ない、絶妙な所を突いてきた。
映像は美しい
音楽も美しい
最後は泣いた
でもゲイが身近に感じない
日本人のおっさんは
早く映画終わらんかな…
って思いながら見てた
点数を付けにくいが
一生忘れない映画だったので4点
痛みを葬るなに感動
まちよ

まちよの感想・評価

5.0
全てがキレイ。
セリフも俳優も街並みも全てが美しい。同性愛関係なく、とても魅力的な作品。
惹きつけられる。
本も読んだが、本よりもスッキリまとまっていて、いいところだけをうまく抜粋していたので脚色賞も頷ける。
最後切ない気分になる。最後の主人公父のセリフが少し長めだが、そこがもうシビれる。全力で人に、自分に向き合ってみようかな。と思い直すことができた。
この映画、同性愛なので、好きだといってもなかなか興味を持って貰えないが、ただの恋愛青春ドラマ。
この映画の特にいいところが、LGBT感を出さないところ。ゲイが苦しんだとか、ゲイのために作った作品は少しLGBTの押しが強くてうーんとなるが、この映画には全くない。
ただの二人の人間の愛。について純粋に描かれているので、変に偏った見方をしなくなる。
こういう映画や物語、ドラマが増えたらいいのになと思う。
とにかく全てが素晴らしかった。
全てが美しい映画。

音楽が美しい、ローケーションが美しい、登場人物が美しい。

タイトルもとても素敵。

君の名前で僕を呼んで欲しい。
Natsuki

Natsukiの感想・評価

4.2
おとうさん。
おかあさん。ありがとう〜すてき〜。
美しい少年。
そして最近の映画はとてもお洒落なものが多いな?お洒落できれいですてきだった。
Kefu

Kefuの感想・評価

4.4
主人公のご両親も、彼女になりそうだった女の子も、イタリアの空気も優しくて!良い作品でした。

周りが理解有る人達ばかりなので、恋の弊害があまり無く、丁寧に描かれた2人の恋愛をじっくり堪能出来る作品。
主人公の精神がまだ子供過ぎるのだけど、純粋で…、美しい素敵な時間を見せて頂いたなぁ、という感じ。

主人公の事を思う、お母さんの視線、お父さんの言葉が優しくて暖かくなりました。
とさか

とさかの感想・評価

3.7
エリオ役の柔軟さがいい。
ロケーションも含めて綺麗。何か大きなキッカケがある訳じゃないから分かりにくいけど、それもいい。
kanon25

kanon25の感想・評価

4.5
とても胸がときめいた映画だった!
美しいイタリアの街並みを背景に、二人の距離がどんどん近付いていく過程がよくマッチしていた。
時折交わる二人の熱い視線にこちらまでもどかしい気持ちになり、ハラハラドキドキさせられっぱなしだ。

題目の意味が終盤で分かるのだが、想像以上にロマンティックで愛に満ちた映画の題目だった。
自分の名前で愛しい相手に呼びかける。相手の名前ではなく、自分の名前で相手を呼ぶ。そこに込められた情愛を想像するだけで気が遠くなるほどの密度を感じる。
まるで秘密の合言葉のように、自分の名前で彼を呼ぶことで、交わされたあのほろ苦くて美しい夏のひと時を再び想起する事ができるー。

パパが最後にエリオに語った言葉のひとつひとつが彼の痛みや苦しみに寄り添ってくれればいいと思う。
てっど

てっどの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

"痛みを葬るな"
この言葉は忘れられないな〜

素晴らしい風景、そして美しい少年と青年の甘くも切なすぎる恋物語に一瞬で虜になりました。
映像や音楽全部ひっくるめて
あ、これ絶対好きなやつだって感じた

ところどころの描写もエロくてグロくて
たまごの黄身がどろぉってしてるとこや
プラムでのとあるシーンなんて夢中で観てしまったよ…鼻血

あと…
エリオのキスがものすんごく良い

ティモシーくんほんと美しすぎて可愛すぎて後光が差していた。

アミハマはズボン短すぎかよ!イケメンかよ!最高かよ!でした

家族の空気感もとても好き

ママの、ふふふ全部お見通しよ、なんだけど何も言わずに見守ってる感じもすごく好きだし、めちゃくちゃ美人だしパパは可愛いし優しいし、けど最後のエリオとのシーンなんてめっちゃ父親だし心に響くし胸に刺さるわで涙が出ちゃうよ〜なんてステキなご両親なの。。

ラストもエリオがまたいい表情してるんです

そのままの映像でエンドロールになり、画面が黒くなって暖炉の薪が燃える音もとても好き、好き好きの好き。

何度でも観たいなと思いました。

原作の小説もさっそく読んでみたい!
KANJI

KANJIの感想・評価

3.7
今年2018年公開された映画(日本公開)で"今年の最高傑作の1つ"と称されるこの作品。
公開当時もかなり話題になっていました。

イタリアの別荘で一夏を家族と共に過ごす主人公エリオ。父のパールマンは考古学の教授で毎年学生を1人アシスタントに別荘に招待する。その招待された学生オリヴァー。初めはオリヴァーとどこか合わずに嫌悪感を抱くエリオが、オリヴァーの魅力に惹かれ打ち解けていき、純粋な恋愛感情を抱く。そんな2人は6週間という特別な夏を過ごす事になる。

舞台が北イタリアの自然溢れる場所という事もあり、大変美しい作品です。
ストーリーも純粋な初恋です。しかし何もかも上手く行く訳ではなく、愛し合う2人は男同士のゲイで、親の目もあり、オリヴァーが滞在するのは6週間。簡単に言えば"一夏の思い出"

その"一夏の思い出"、"始まり"になるエリオと"終わり"にするオリヴァー。そのすれ違いが何とも悲しい。美しいだけで無く繊細な映画でした。

終盤に親という暖かい存在が映し出されています。時代の影響もあり、息子がゲイということに関しては普通親は反感するものですが、オリヴァーの親がいかに息子思いの優しい親か。父パールマンの言葉にオリヴァーはどれだけ救われたでしょう。

凄く繊細な美しい映画でした。勿論映画としての出来も良いしストーリーも良い。切ない。ただ、批判する訳じゃ無いんですがここまで評価されるかなと、、、僕は絶賛とはいきませんが普通に楽しめました。多分退屈に感じる人いるかなと。
日本で今年上映された作品、「シェイプオブウォーター」「レディプレイヤー1」もまだ観てないので今年中に観たい。

あと、オリヴァーが履いていたConverse
ワンスターのハイカット、エリオが着ていたTalking HeadsのTシャツなど衣装にも拘りが。もしワンスターが70sオリジナルのモノであれば10万円くらいのレア物なので、恐らく何か意図があるのかなと笑