君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

父親のセリフと寛大さに驚いた。エンドロールの涙は鼻がツーンとする感じがある。
Sayawasa

Sayawasaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最後のお父さんの話のシーンを見るだけで価値がある。(そこだけ巻き戻しして、繰り返して見た。)

瑞々しくて、鮮やかで、危うくて、苦しい。
多分、本気で誰かを好きになって、失恋を経験したことのある人に、刺さる映画だと思う。
ば

ばの感想・評価

4.2
ティモシーシャラメ氏のお美しさはかねがね聞いたおりましたが、それだけにとどまらず。映画全てが現代に再現された神話のごとき美しさ。人も海も街並みも緑も、楽園のなかみたいに現実離れした空間で、眩しく妖しく。交わされる言葉は哲学的、概念的なものが多く、受け取り手に解釈の余地を存分に提供してくれている。現実的なことをいうと濡れ場が多い気がして、誰かと観るなら平気な人と。
SZissie

SZissieの感想・評価

3.5
とにかく美しすぎる。街並み、海、小さなプール、泉……自転車と車もカッコいい。アプリコットがおいしそう。と思ってたけど、見終わってそう書くとなんか意味深だが。結構、親目線で見てしまった。父母の理解と懐の深さ、すごいなぁ
ぐんぜ

ぐんぜの感想・評価

5.0
どの場面を切り取ってもポストカードに出来るくらい終始美しい画
結構長い上映時間やったのに飽きることなく観れた
ティモシーシャラメにはまった
namedlove

namedloveの感想・評価

4.0
切なさで胸が張り裂けそうになる映画。
2人にだけわかる合図で胸が高鳴ることとか、すきな人からの悪い知らせってなぜか不必要に勘が鋭くなってしまうこととか、
恋したことがあるひとならきっと経験のある、
切ない切ない感情の揺れ動きがとても美しい映画。
ひとをすきになることはとても美しいことと思える。

イタリアの夏、古びた別荘
果樹園と湖
自転車で走る草原
ギターとピアノと別荘のきしむ音色

もうとにかくずっと美しい映画。
そしてティモシーがすばらしい!笑
nao

naoの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

夜中から見始めたのが間違いだった。

オリヴァーとエリオが2人で旅行してるとこ、最後電話してるとこ、1人で号泣してた。

初めてこんなに綺麗な映像を見た。

ほんと、映画館に観に行きたかった!
niconico

niconicoの感想・評価

4.0
ゲイの映画とは知らずに鑑賞。もちろん、何となくは分かってたけど。
序盤は2人のぎこちない関係性にもやもや。どうなるんだって。
明確には伝えないにせよ、何となく通じ合う。これって男女間でも全く同じだ。純愛。
いやー、美しい。美しい映画だ。
エリオのお父さんの言葉が全て。深すぎる。知らず知らずのうちに歳をとり戻れない。取り戻せない。経験できるのとできないのでは大きな違いが。
いやー、若いうちはとにかく経験だ。感情のままに。
砂場

砂場の感想・評価

4.2
LGBT同士で告白するって、異性同士の何倍も難しいことだよなあ
そのぶん二人の会話が映画的に高度になる
OSON

OSONの感想・評価

3.9
「内に秘めた同性への想い」×「一夏の思い出」×「北イタリアの避暑地」という組み合わせは最強でしょう。ただ、よくある映画っぽくもある。この映画がほかのと違うのは、まずとにかく映像が美しい。北イタリアの避暑地はゆったりしてて優雅で絵になる。そして、最も大きな特徴は、親達が同性への恋に直面している本人よりも理解があること!(笑)。こんなに理解してくれて、息子に優しくアドバイスできる親がいるでしょうか?父親がうなだれる息子にアドバイスするシーンは、愛情に溢れ、知的で、とても素敵だった。何年か経ち、冬になった北イタリアで迎えるラストも美しく、最後の最後まで綺麗だった。