君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

Karen

Karenの感想・評価

4.0
ヨーロッパ系の映画のゆったり感がよかった。
ラブシーンが思ったより濃厚でびっくり笑
やっぱりティモシーが最高。

このレビューはネタバレを含みます

大作だな。
まずシチリアが最高すぎる。深いのに明るい緑、アプリコットの曖昧なオレンジ、色色色…。あと音。(坂本龍一も関わっているの?)ピアノの澄んだ音。
全体を通してアプリコットの描写は続いて爽やかだったり刺激的だったり、二人の象徴なのだとおもう。
外での食事シーンはかなり良かったし木漏れ日と水のきらめきと言ったら…。
あとエリオの柄シャツが可愛い。
最後のシーン、何気ない、クライマックスの興奮のない静かなシーンを持って来ているのに、こんなにも感情の昂りを表していてすごい。ブツ、と衝撃的なラストでもなく、なんていうかシトシト降る雨とかポロポロ続くピアノみたいな終わり方。
アプリコットって、甘酸っぱい…。
生理的に無理男がマジで生理的に無理。

俺イケメンでガタイ良くて背高いし最高でしょレイディース?な時点で驕り高ぶってる感がもう本当に受けつけなかったがそれに加えて下着みたいな短さの短パンを常に履いていて嫌悪感のトドメを刺された。完全に嗚咽のノックアウトですわ。久しぶりにこんなに直感的に厳しい人を見た。

正直、個人的に無理男が出てる時点で話がどうなろうが興味が湧く訳がないので完全に映画の正当な評価はできていない。
それでもそいつ抜きで考えても本当にテンポがゆっくりで大きな展開も少なく退屈な時間が長い。
ロケ地はとてもお洒落で南イタリアのゆったりとした空気を楽しむには合っていたとは思うが面白みは感じない。

やりたいことはなんとなくわかっても、そもそも僕には登場人物の感情が読み取れない場面が多くて入りこめなかった。
てかゲイとか関係なく、勝手のいいやつの恋愛に感情移入なんてできない。
無理男、マジ無理。
saya

sayaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

メルボルンにて鑑賞
イタリア語と英語たまに色んな言語おもしろい
なかなか映画館で笑いが起こるシーンもあったり物語は淡々と進んでって見やすい
青年同士の一夏の恋は、爽やかでキュートでビューティフル
エリオの父と母がステキな人たちだった
オリバー本当にイケメンアメリカーノ
80年代のイタリアの夏の風景が良い
日本で見るとどんな感じだろう
ラストシーン、エリオの涙が美しかった
エリオのピアノが物語と合う
ただちょっと長かったなあ
shuwa

shuwaの感想・評価

-
これ見るの冬が良いと思います⛄️
舞台は夏のシチリアですけど、しっとりした雰囲気なので冬に見たい作品ですかね〜

ラストシーンが好きです、エリオの表情と Visions of Gideon のマッチ感といい、切なさといい、良かった

シャラメの演技力に脱帽、ほんと青春真っ只中の17歳!!って感じで、あれほどナチュラルにこの役演じれるのは彼くらいかな〜なんて思いました。オリバー、さすがに24歳の設定は少し無理が 笑

ラブシーンがなかなか濃厚でした、、R15か18の間くらいかなって印象です🤔

今まで見てきた LGBT作品とは少しテイストが違う感じでした

映像の1つ1つがすごいきれい、どこを切り取っても絵になるし、CM並みにワンカットが素敵です、それに合わさった音楽もとっても良かった

お父さんのセリフが素敵すぎた

エンドロール後に余韻に浸れる作品です

シチリア行きたい!!!!

🍑…🍑…🍑…
Inori

Inoriの感想・評価

3.8
素敵な映画。舞台がヨーロッパなのも、時代が80年代という微妙な(特に服装が)時期なのも、どこか夢のような世界で良かった。ひと夏の恋というものはまさにコレなんじゃなかろうか。

個人的な好みもあるが、アーミー・ハマーとティモシー・シャラメの年の差や体格差がとても良かったと思う。アーミーさんは美しかった…。ティモシーの演技は噂に聞いていただけ素晴らしく、これからが楽しみな俳優。しんみりじっくり何度も観られる映画だと思う。
Kyohei

Kyoheiの感想・評価

4.5
ラブリーでスイートな、そしてせつない一夏の思い出がだれにでもある 三島由紀夫のイタリアバージョン
Nodoka

Nodokaの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

開始と同時に流れ出すピアノの美しい旋律、これが強烈で頭に残る
映し出されるのは彫刻の写真、そしてキャストのクレジット
一瞬にして映画に引き込まれました
そして美しいイタリアの風景
エリオ一家が夏とハヌカのシーズンだけやって来るあの家の周りもそうだけど、
エリオが本を読みにいく池(2人のファーストキスのあの場所)、広場、旅に出た先、その全てが美しい

恋の喜び、苦しみ、悲しみ
それが2時間12分に凝縮されていて本当に素晴らしい作品だった
ただのLGBT映画ではない
これは人を愛することの大切さを伝えてくれる、そんな映画です
だからゲイが出てくるんでしょ?と見るのを躊躇ってる人にも見てほしい
それだけじゃないから
この映画から学べることはたくさんある
エリオとオリヴァーの2人のひと夏の美しい恋模様だけではなく
エリオと両親、エリオと彼女のマリツィアのことも描かれているのがこの作品のさらにすごいところ
エリオの両親はとても教養があり、終盤にありますが、2人ともエリオとオリヴァーがお互いを想い合っていてそういう関係になっていることに薄々気付いています
だからこそのあの最後のパールマン教授の台詞
「そういう恋愛を、関係を築けるというのは私は羨ましい」うろ覚えですが
「この気持ちを押し殺さないで」というのがすごく響きました
エリオの彼女、とても美しくフランス語を話していたマルツィアも
オリヴァーとエリオのことに気付き
「私は少しもあなたに怒ってなんかいない、これからもずっと友達、愛してる」
という台詞がありました
泣けた〜
でもルカ監督が言っていたけど、この2人は将来結婚すると思います

監督曰く4時間あるらしいです
それがBDに特典映像として入るかは分からないけどずっと見ていられる映画でした
最後のエンドロールもずっとエリオを見ていたい、と思いました
あの表情が全てを物語っていると思います
恋の喜び、悲しみ。
あの時代は同性愛というものがまだまだ受け入れられていなくて2人はお互いを想いながら必死で世間には隠していた
エリオの両親、マルツィアと親しい人にはバレバレだったわけなんですけども
それでも、オリヴァーという人に出会い、エリオは恋に落ちた
それはもう性別を超越したもので純粋に2人は愛しあった

本当に素晴らしい映画なので早く見てほしいです
4月公開なんて遅すぎる、早く公開していろんな人に見てもらうべき映画です
Kumarion

Kumarionの感想・評価

5.0
映画見終わってから数時間経ってもその映画のストーリーや俳優たちしか考えられないのは久々だった。
ティモテ・シャラメのエモーションは素晴らしい。音楽も、他のキャストやロケーションも、全部うまく混じって、交響曲のような映画だった。
甲冑

甲冑の感想・評価

4.8
監督すごい。久々にいい映画見たなー。終わってからの30分間、感情移入しすぎて現実世界に帰ってこれなかったほど。これほど見た人のシンパシーに訴える映画も珍しいのでは?