君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

cr

crの感想・評価

4.0
シーンひとつひとつが美しい。
ラストにかけて苦しくて切なくて、最後のシーンは忘れられない。
cherry

cherryの感想・評価

4.0
ティモシーシャラメくんがひたすら美しい映画、映像のどこを切り取っても絵のような美しさ。なかなか話に入り込めなかったけど、切なくて苦しかった。。
mami

mamiの感想・評価

-
機内で、何とはなしに観て、二人が夜中に待合せするシーンの前で時間切れ

退屈だったけど、後半、盛り上がるの?

イタリアが舞台だし、期待してたけど、出演の彼が、Nativeじゃないから、イタリア語が不自然なのが嫌

絶賛、ヒットだから、ちゃんと劇場で最後まで観ないととは思ってるが。。。
ムギ

ムギの感想・評価

-
おっさんずラブを観る前だったら、もう少し彼らの悲しみに寄り添えた気がする。。というのも、おっさんずラブの、「男を好きになってしまった苦悩」のターンを終え、普通にこの人が好きだけど、この人はあの人が好き、とかそういう普通のラブストーリーになってしまった次元をちょうど楽しんでいた頃だったので。
が、この映画はまだ、男を好きになってしまったな、、でも叶わないな、、のところの感情を描いている。時代(1983年〜)のことや、エリオはまだ17歳ということを思えばそれが軽視されるはずもないんだけどさ。
しかもお父さんもゲイだった、って明かされたら、1960年代にそれで生き抜いてママと結婚したお父さんの話の方が気になっちゃうよ!!!笑

ただ、オリヴァーと一夜を共にし、オリヴァーが去るバスに一緒に乗っていたエリオは、いきなり精憚な顔つきで大人になってたのがよかったな。。。
あと、最後オリヴァーが結婚したことを知ったあと。ラスト。暖をの火を見つめているロングカットもすごかったね。
20代で観てたら…大きな失恋をする前に観てたら…どんな風に感じたのかなと思いながら、でもやっぱり今観ることが出来て良かったと思った。


グッドウィルハンティング と、チョコレートドーナツ くらいの大感動作品。流れた涙の意味は前者に近い感じ。素敵な作品をありがとう!帰り道にまで涙がこみ上げてきて、全身が震えました。(エンドロール短すぎて涙止まらず!もう少し余韻プリーズでした🤭)
Mathew

Mathewの感想・評価

-
あれ、車で来たのに電車で帰った??

「later(後で)」が「right now(今すぐ)」に変わるのが良い。各シーンが官能的にエロい。父の語りとラストカットだけで映画として十分素敵。
イタリアの景気も、彼らの身体も、音楽も、クラクラとしてしまうほど美しい。
頭で考えるというよりも、視覚から聴覚からスルリと体内に溶け込んでくる映画。

ただ、正直アート色が強すぎて最終的には映画の世界に入り込めず終わってしまった。この世界の美しさについていくのに疲れてしまった。

また、結びつくのが男性同士というだけで、ごくごく一般的な恋愛映画だった。ブロークバックマウンテンみたいなものを想像していた。
ティモシーの若さゆえの純粋さと無知さ。そして、アーミーハマーの「この人、素敵だけど危なそう」なお兄さん感が良い(笑)。
あの夏の日だからこそ、もたらされた高揚感と背徳感。誰しもがふと思い出す、夏の日に肌と肌を合わせたあの感触。全てが映像から滴るように感じ取れます。

ですが、例の桃?のシーンは直視できなかった(笑)これから見るたびに思い出しそう(笑)

ちなみに、私が見た回は9割女性客だった。隣の女性はラストシーンで泣いてましたね。
かたや私はと言えば、途中から尿意に負けて…モゾモゾしてしまい本当に申し訳ございません…って気持ちになった(笑)
sara

saraの感想・評価

4.3
映像がとても美しかった。
少年の気持ちの葛藤。
濃厚なシーンが多かったけど、まったくいやらしくかんじない。

とにかく美しい映画でした。
イワセ

イワセの感想・評価

4.0
終始何もかも美しかった。
こんなにもまっすぐで偽りのない恋を自分は果たしてしたことがあるのかと自問自答した。おそらくその機会を自分は逃したし、これからももうできないだろう。
人生は一度きり。どう歩むかは自分次第だが、心と身体は次第に衰えていく。自分の気持ちにまっすぐでいたい。そんなことを思った作品だった。
すさまじく美しくて儚くて胸が締め付けられる映画。
解説を深く読み込みたい所存。