君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

かれん

かれんの感想・評価

4.5
何書いてもネタバレになりそうで書けない。とにかく美しい。サントラも最高。最後のシーンがものすごく好き。ティモシー・シャラメあっぱれ!!!
nan

nanの感想・評価

-
小説・冷静と情熱のあいだを読んでからというもの、空前のイタリアブームが来ていた私。舞台北イタリアの空の高さや空気の綺麗さ、水の冷たさが伝わってくる。

カメラワークや1カットの長さ、BGMのタイミングが最初は気になってしまったんだけど、見終わってからあれでよかったのかも、と。二人の間に入り過ぎず入らなさ過ぎない、スクリーンと観客との距離感の保ち方だったのかもしれない。
二人の愛情が本当に痛々しい程伝わって来て、心抉られまくって、一人で色々重ねて泣いて…誰も泣いてなくて静かに鼻を啜った。

あ〜〜。お父さん最高すぎる。最高すぎるな。台詞も言い方も表情も。最高。

あと、サントラ絶対買う。

この映画が人生で最高の映画になるか、最低の映画になるか、ある理由で天秤に掛けて待っていたけどもしかしたら最低になってしまうのかもしれない。けどそういうの抜きにしても本当に良かった。良くも悪くも多分一生忘れられない。
fujijun

fujijunの感想・評価

3.0
過ぎ去った季節とか、もう失った青春や若さとか、すっかり自分は鈍感になってしまったのかもと心の機微の細やかさに感動したり切なくなったり。

そして幸せとそこに落ちる影や後ろめたさ、悲しみとか、祝福とか、周りからどう扱われるかとか、自分を制御したり、制御できないことに戸惑ったり、イタリアのけだるい暑さと、みずみずしく熟した果実と、プールや湖の心地よさと、豊かな環境と知性あふれる家族と、もう思い出すだけで胸が締め付けられそうな「夏」っていう季節が持つ切なさを全部丁寧に丁寧に描かれた作品に、感動したのはもちろんそうなんだけど、24歳と17歳というのに引っかかってしまったのはある。
常に汗ばんだ胸元から胸毛が見えてるアーミー・ハマーが24歳の大学生には見えなくて余計に。

アーミー・ハマーは大好きだし、端正で自信家で血筋の良さを感じる立ち居振る舞いのオリヴァーというキャラクターをとてもよく体現してるけれども、もう少し若く見える俳優さんにキャスティングできなかったのかな…。

あの落ち込んでふさぎこむエリオにお父さんが語る言葉のおかげで、納得はするけども。でもやっぱり不安になる。同い年の子たちよりずっと大人びてるとはいえ、そもそも成人した24歳と、17歳。
17歳は私には十分子供に思える。
そういうことではなく、あの夏体験した恋愛が一生ものだという物語なのはわかるんだけども、頭でわかっても理性が拒否してしまうというかんじ。
肉体関係を持つことだけが愛情表現ではないとも思うし。

エリオが、あの女の子に、オリヴァーに言われた事をそっくり言ってみせるの、痛々しくて辛い。
痛みを感じたことを他人に、しかも自分に好意を持ってるのを知ってる相手にこそやってしまう行為って、どうしてやってしまうんだろう。
全く覚えがないわけではないけども残酷だってわかってるのにな。
最後のお父さんのセリフが、それまでのすべての映像の解像度を、ぐっと上げた感じでした。
奉

奉の感想・評価

4.5
とにかく綺麗だったしティモシーシャラメは天才なんだなあって!!!もう一回見たいです本当に良かった涙腺がしんどかった
サツキ

サツキの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

エンドロール、
愛した人が手から離れてしまう時のこと、手から離れても愛している時のこと、その人が他の人と幸せになること、何をしてもどうしても苦しくて心臓に針が何本も刺さったようなあの痛みとその涙がわかりすぎるほどわかってしまって
わかってしまった瞬間 異性であれ同性であれ愛し合うということは平等に美しいと感じていることにも気づきました。
同性で愛し合うことがダメだと思う理性が相手を突き放すせいで どこにもやれない性欲をエリオが 女性や桃で満たすシーンがもう苦しくてたまらなかった。愛し合っているのに遠いなんて、愛し合っているのに愛し合えないなんて、苦しすぎる。

「人は早く立ち直りたくて心を削り取るが 新しく出会った人へ与えるものがなくなってしまう 悲しみを葬るな 私がついている」
っていうお父さんの言葉がとても尊い。妨げないということ、諭すということ、親の愛とは偉大なのだな。
MM

MMの感想・評価

3.7
みずみずしいエリオ
魅力的な大人の男性オリバー

エリオの一夏の初恋の想い出の記録

切なくて愛しくてもどかしくて

2人の距離が近づいていっても
理性で遠ざけるオリバー
それにやきもきするエリオのなんて
可愛いことか。。

暖かい家族、特に最後のお父さんとの
やりとりは心にしみた

きっとエリオはこの恋を一生忘れる事が
ないんだろうな

初めての恋に、初めての両思い
初めての体験に心躍らせるエリオ
難しい役どころだったはずだけど
ティモシー君最高だった。

初めての恋の胸の痛みを生々しく
思い出させてくれる作品だったなー
藍の字

藍の字の感想・評価

4.0
冷静に考えて、ドイツ語の文献をその場で翻訳して読み聞かせしたりしてる家族やばくないですか?

予告編とかを見て何となく気づいてたんですが、超インテリ金持ち家族の夏のヴァカンスが舞台なんですよ。もう本当にこの家族の教養のレベルがとんでもなく高くて、しかも金持ち。そして1980年代に同性愛に理解のある寛大すぎる両親。もうこの設定だけでアヴェンジャーズよりも非現実的だし、なんか80年代の少女漫画みたいだなって思いました。

でもね〜〜ほんっっっとに主役の二人の美しさが桁違い。ローマの彫刻の恋愛見てるみたい。オリヴァー役のアーミーハマーなんか何しても超絶美形で「きれい、、」なんて思ってたら映画終わってました。

あと、サントラめちゃくちゃいい。これを聴きながら作業をするだけであら不思議、あなたも北イタリアに住めます。おススメです。
海檸

海檸の感想・評価

2.3
まるで絵画のような景色だった。お父さんの言葉が深い…所々で鳴るピアノの音も繊細な景色の一部のようでした。
ブク

ブクの感想・評価

4.5
きれいでした、きゅんきゅんした、濡れました
意外にもただのおしゃれ映画ではなかった、何回もみたくなる、ラストが最高、愛だな