君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 439ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

想像以上に素晴らしかったです。音楽、映像、セリフ全てが美しい。主演のティモシー・シャラメの変幻自在の表情が何より映画を瑞々しくしています。
まだ自分が何者かわかっていない、棒っきれのような身体の中に渦巻く感情をどこにぶつけてよいかわからない若さ。
そんな若者に一目で惹かれるアメリカ人研究生のオリバー。自分にないものを持っているエリオに羨ましさすら感じています。
最後、エリオの父がエリオに向かって言うセリフの重さ。
オリバーの現実との折り合いの付け方。1983年のアメリカではオリバーが思うように生きることは難しい。その選択にただただ泣けました。
何度でも見返したくなる切なく愛おしい映画です。素晴らしかった。

このレビューはネタバレを含みます

 グチャドロ情念系ホモが好きなワイ的にはちょっと物足りない感じではありましたが、綺麗に徹しててこれはこれでありかなと思いました(謎の上から目線)
 そんな爽やかな絵面の中、ズボンの匂いを嗅ぐところで止まらず被ってしまいイタリア版変態仮面完成、アプリコットで果物オナホを作ってしまう等々、ハイレベルなネタが投入されてて、大いに草生えた次第です
 ていうかティモシーシャラメが挿す方で0721してたとなると、やっぱアーミーハマーが受けだったという事なんでしょうか。コードネームアンクルでも受けだったし(決め付け)、アーミーハマー総受けは映画界の総意なんやね(震え声)
coppo

coppoの感想・評価

-
I love you.だけが愛を表現する言葉じゃないなと。

夏目漱石が月が綺麗ですね、
と訳したように
Call me by your name.も
ひとつの愛の表現だ。

心の距離の描き方、サントラ、イタリアのどこかの街並み、教授のお父さん、
素敵です。
題材が題材なだけにこの時代に見れてよかったなと思います。
甘楽

甘楽の感想・評価

4.5
エリオとオリヴァーの関係がゆっくりと、でも、ひっそりと進んでいく感じがたまらなかった。
自分を知ってほしいけど、素直に言えなくて
自分自身に言い聞かせてるところは、胸が締め付けられました。
人を好きになるって苦しいけどこの上なく、愛おしいことなんだ
全部が全部美しい。でも、なんかそれ以上のものだった。ポロシャツと短パン、半分くらい開けたシャツ。
kayano

kayanoの感想・評価

4.8
「君の名前で僕を呼んで」。まずタイトルに、たまらなく惹かれました。恋人どうしの甘い戯れはいろいろありますが、自分の名前で相手を呼ぶ、相手の名前で自分が呼ばれる、こんなにステキな求め合いってないなと。

天才肌の17歳の少年エリオと、24歳のスパダリ系(!)大学院生オリヴァー。ふたりはエリオ一家が夏を過ごす北イタリアのヴィラで出会い、秘めた想いを静かに確かめ合いながら関係を深めていきます。夏の陽、夜の風、光る水、揺れる木々。ふたりのこころと響き合うように、時に爽やかに時に官能的に映し出される豊かな自然が、とても印象的でした。また、結局2番手に回ってしまう女の子たち、エリオの両親、まわりの人々がみな素晴らしい!知的で優しい言葉とまなざしが、胸に沁み入ります。
mercy

mercyの感想・評価

4.9
場面ひとつひとつがひたすらに美しい。
一人の人を好きになって、相手の気持ちがわからなくてもどかしくて、気を紛らわせたり、ちょっとずつ探ったり、嫌われたくなくて距離をとったり、、、誰しもが経験したことのあるような恋心に胸がくすぐったくなった。

多くの人が言っているように、嫌な人が1人も出てこない。
みんな心が綺麗で、誰かを想っていて。
最後のお父さんの言葉には私も救われた。
気が付いたら涙が止まらなくなっていた。
その言葉を胸に留めておきたくて、同じ映画を映画館で何度も観たくなるってこういうことかと思った。まだ何回も観たい。

13,14
みい

みいの感想・評価

-
とてもきれいな映像と音楽の映画だった。

ただ性別に関係なく、優しく扱っているようでいて、とても身勝手で人を振り回して傷つけている事をあまりにも美化してる物語に嫌悪感を感じた。

合わない映画だった。

4月に鑑賞。
やんぎ

やんぎの感想・評価

2.0
正直、全く合わんかった。
途中から普通に笑ってた。

終盤あたりに両隣の男女が泣いてたので「この人ら相当のBL好き腐女子か、ゲイなんかな〜」とか思いながら画面見つめてました。

主人公の演技には★5あげたい。

このレビューはネタバレを含みます

エリオとオリヴァーの感情に差がありすぎるように感じる。

オリヴァーが「普通」を頑張って演じてるのに対して、エリオはただの両刀使い。男にも女にもモテるタイプの男が遮二無二手を出してるだけ。

エリオの親父さんの言葉にはグッときました。でも、その言葉はエリオには響かないんじゃないかな?というモヤモヤ。

前評判のおかけでハードルが上がりまくっていたきらいがありますが、個人的には凡作。