君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

Nobu

Nobuの感想・評価

1.0
本当に長い!二時間以上もある。
せめて一時間半で良いだろうに・・・苦痛だった。

一言でいえば、シャラメファンのための映画だ。

みんながみんな何の不自由もない悠々自適な生活を送っている。
エリオとオリヴァーの男同士のひと夏の恋。

それをエリオのリヴェラルな両親(そういう状態になりやすくしておきながら)が、二人を悩みながらも見守るという摩訶不思議な状況だ。

エリオの父親が息子を労わりながら諭すシーンは、しつこいくらいで、これでアイヴォリーはオスカーをとれたのではないかと思う。

最後のバス旅行は必要だったのか?もっと、テンポよくできないのか?
こういう私小説的な映画は仕方ないのであろう。

とにかくアーミー・ハマーが気持ち悪い・・・せめて彼じゃなければ良かったかも。

終わった後、裕福なお気楽話に腹立たしかった。私の見るべき作品ではなかったのは確か(笑)
moe

moeの感想・評価

4.0
何気ないシーンで物凄く、喜びや葛藤や悲しみや、やるせなさが伝わってきた。
最後の終わり方も良かった。
表現力というか演技力、すごかったなぁ。
もう一回観たい…
りこ

りこの感想・評価

4.0
映像美である。どのワンシーンを切り取っても絵になる。
いつでも見返したい一作。
沸き起こる未知の感情に揺れるエリオが魅力的。お互いの名前で呼び合うところ、カットもう少し遅くして欲しかったな。もう少し二人を眺めていたいと思った。この映画は両親の描写がいい。
toganooo

toganoooの感想・評価

3.5
自分の名前で相手を呼ぶという行為を考えれば考えるほど深い。自分を、相手を、愛するという究極の形だ。人が人を好きになるときというのはやはり、自分と似ているところ異なるところ両方を相手に見出していること、それを自分と重ね合わせたいと思うことでは。同性愛だからとか異性愛だからとかは関係なく、愛とは何か?を考えられる美しい映画。ひと夏の恋だからこそ、ただ美しい。
ひと夏の恋人


どこか陰のある少年と院生の、6週間だけの恋のお話。
エモいという言葉がジワジワと沁みてくる。

豊かで満ち足りている家に生まれ、知性豊かで周囲の人々にも恵まれているがどこか自信のないエリオはひたすらに美しく、自信があり見目麗しく人の目を惹くオリヴァーはエリオの関心を離さない。

愛している や 好き を言葉にせず、自分の名前を囁きながら互いに見つめ合うシーンはナルシズムのようであり、分かりやすい恋情の形にも見えた。
harmo

harmoの感想・評価

4.0
切ない。そして何より美しい。
景色も音楽も素晴らしく、心洗われた。
アーミー・ハマー、知的な表情の中にある隠しきれない熱情。
正に大人の魅力!
ティモシー・シャラメ、白くて細くて可愛かった!17歳の少年独特のフェロモンにやられました。
二人とも綺麗でラブシーンもいやらしくなく、圧倒された。
あのラストの後、どうなったのか気になります。
c

cの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーンが、良い
泣きながら後ろでお母さん達が普通に食事の支度をしているのが最高。
ほんと、そうだよね。普段。
普段、個人的に悲しい事があった時、ああ言う感じ。自分だけの時間が少しずれて、でも家族とかは普通に日常が流れていて、ああ言う時、更に孤独になるよね。

両親の理解の在り方が素敵。説明がなくて良かった。

later.
音楽がずるいし、主演2人の美しさもずるい。耽美な世界観。

心と身体の導火線に一瞬にして火がつくような恋は、案外一瞬で終わったりして、離れる時は肉体が一つ死んだような気持ちになる。忘れられない恋には障害がつきものだけど、だからこそ綺麗な思い出で終われるのかもしれない。

監督は原作の年代設定と、映画の年代設定をずらしたらしい。ゲイの間でエイズが蔓延して社会問題になってしまった以降の年代を描くと、どうしても政治的な要素が入ってしまうからと。

納得の美しさである。
daisy

daisyの感想・評価

3.6
北イタリアの夏の情景に対比するかのような鬱屈感、どうにもならない不安定さがなんとも美しかった。