君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

Mayu

Mayuの感想・評価

4.2
画が綺麗。
言葉が直接的じゃないところがいい。
意味を含ませてる感じ。
お父さんの言葉がすごく心に染みた。
深く、美しい映画だった。
叙情的で美しくそして切ない物語だった。セリフの一つ一つが直接的じゃなくて表情や作品の雰囲気で物語とか人物像とか気持ちとかを描写してて語彙力のせいで表現できないけど今まで見てきた恋愛映画作品の中でダントツにアートだった。
林則徐

林則徐の感想・評価

3.4
すごく考え深い映画だった。

シチュエーションや目線などで、何の話をしているのか、ある程度の見当はついたけど、それでも核心には触れない言葉選びが(これってたわいもない話?それとも意味がもっと深くにある感じ....?私の勘違いか?)と見てる側としても、ずっと考えてた。そこにある行動が、なんの意味なのか。今の言葉ってどういう意味?って。字幕だったからかな?吹き替えだともうちょっと違ったのかもしれないけど。

カメラの撮り方?やアングルが、なんだか自分が透明人間になって彼らの人生の一部を覗き見しちゃってるような「人に言えないイケないことしてる感」を感じてドキドキした。
BGMのピアノも急に止まったり、始まったり、物悲しく激しく変わっていって何にも比類できないかなぁと思った。

私が行ったのはレディースデーだったけど、雨の日のレイトショー、しかも上映終わりかけにもかかわらず席はほぼ満席。9割は女性。内容が内容だしな、と思ったけどびっくりはした。
KENT

KENTの感想・評価

5.0
言葉にするのが難しいけど、真剣さが伝わる描写ばかりでよかったと思います!
ばなな

ばななの感想・評価

4.0
途中まで雰囲気映画かな??って思ったけど、最終的にはそうでもなかった。
両親が素敵すぎるのとマルシアちゃんの腹筋がムキムキ。
姫伊那

姫伊那の感想・評価

3.9
二人の心の移り変わりだったり、葛藤だったりにときめいた。

エリオのオリヴァーに対する接し方が年相応でキュンキュンした

北イタリア綺麗だなぁ〜
かに

かにの感想・評価

4.2
画も綺麗、ふたりの愛も綺麗、なにもかも美しくて、それがひと夏の儚さ切なさを際立たせていたとおもう。
北イタリアいいなあ…

そんなひと夏の初恋を夏だけで終わらせなかったところ、エリオのエンドロールでの表情、これがこの作品の醍醐味なのではないだろうか
あとお父さんの台詞。

エンドロール、表情もよかったし、音、最後のお母さんに呼ばれるところ、なにもかも良くて、これ以上ないラストだと思った。好き。
uwi

uwiの感想・評価

3.5
瑞々しい。北イタリア。夏!
あの家に住んで毎日泳いだり本読んだり自転車こいだりする人生、一度でいいからやってみたい。

ピアノ曲の合間にかかるイタリア語とフランス語の80s ポップスが最高。80年代のシンセを聴くとなぜか、どうしようもなく夏!というかんじがして、より一層切なくなる。
kiwa

kiwaの感想・評価

4.0
詳しいレビューはまたあとで。

しばらく北イタリアから帰ってこれなくなるね。
cma

cmaの感想・評価

5.0
明確な感想なんて書けない。


それくらい、美しく儚い。

なにかが、見えない なにかが、

心に残って、

ずっと脈を打ってる。