君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

気候川海フルーツ草ファッション家音楽空気光人全てが美しすぎて映画館で観れて本当に良かったと思う、でも全てが美しく見えたのは間違いなくただただ美しい愛を軸に出来たお話だから、わたしも、この映画もパパの言葉も、何ひとつ、忘れない、とは言い切れないけど、忘れたくないな
y

yの感想・評価

5.0
フィルマークスの試写会行ったのに次の日熱出してレビュー書けなくてそしたらフィルマークスアカウント入れなくなって今やっと開けましたフィルマークスさんごめんなさい。。
ゲイな映画
17歳の男の子が、
25歳の男子に、
目覚めさせられてしまう

割と面白かった!
お父さんの衝撃告白
何も知らずに翻弄される女子哀れ
男の子の母は
きっとすべてを知っている

見終わった後の感情は
うまく表現できない(笑)
見る人によって
色々な解釈あるなー!
GUMI

GUMIの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「痛みを葬るな。感じた喜びを忘れるな。」
引き寄せられるような出逢い…
性別などで切り分けて語るのは野暮な恋愛映画。


まず、なんて爽やかな雰囲気なのか…
イタリアの風景が羨ましいほど美しくて、エリオらの詩的さと繊細さ、理解の深い家族、音楽表現、ファッション…アーティスティックで惚れぼれしてしまう。情緒しかない。
こんな夏休み過ごしてみたすぎるでしょ…


ストーリーの主旨としては、恋愛とは何かを身体で学ぶ上で重要なステップが詰まった作品だなあ、と。
相手のことが好きであることはもちろん、その相手と一緒にいる自分のことも好きになれて自分を肯定できる…そんな出逢い。

何より、終盤でパパがエリオに語った言葉が私にとっても有難くて涙。
生きているからこそ心が動く。どのように動いたとてそれは愛おしいもので、大切にしていていいんだ…
私の場合は彼らと違って夏ではなかったけど、お互いに想いを肌で感じつつも通じ合ったのは相手が遠くへ越してしまうタイミングで、「もっと早く出逢いたかったね」と言って離れて行ったあの人のことを久しぶりに思い出した。


タイトルの意味を考えるのは少し難しい。
だけどあの場面は、"君"への愛や憧れ、それと、"君"と出逢えた"僕"のことをも愛おしくなる…そのように感じ取ることは出来るように思う。
この瞬間は永遠…きっといつ思い返しても煌めいている。

さめざめと暖炉の火を見つめるラストで深く染み入りましたね…あの表情が演技なのかと思うと恐ろしい。
taku

takuの感想・評価

4.0
観たかった映画が地元で公開。
切なくて美しい恋愛物語、評判通りの凄く良い映画でした。

同性愛っていろいろ考えてしまうけど、本作は性別を問わずにその人自身を愛するという所が良く、恋愛映画として違和感無く楽しめました。北イタリアの綺麗な自然風景と美しい音楽が良い雰囲気を出していて心地良かった。

同性愛でも少年の恋心を否定せずに受け入れるお父さんが素晴らしく、最後に語る言葉は誰に対しても伝わるメッセージで本当に感動しました。
lgKaoring

lgKaoringの感想・評価

4.6
心を揺さぶられた。
いまだに胸が痛い。

こんなにも美しい物語があるだろうか。
風景も主役2人も美し過ぎる。

特にティモシー・シャラメがいい。
中性的な顔とまだ少年の様な華奢な体つきが、役にピッタリはまっていた。

ひと夏の経験。
最初の方はオリヴァーが何を考えているのかさっぱり分からずモヤモヤしていたが、実はエリオに惹かれていたと分かってからはアップが多くなり、感情が読み取れる様に。これは監督の意図なのか。

彼らにとっては、同性だろうが異性だろうが関係なかったんだろう。
それを理解したエリオの父親の語りが素晴らしい。心打たれた。

ラスト、夏から冬になって聞いたオリヴァーからの知らせ。
雪の降る窓をバックに、ワンカット長回しのエリオの表情がせつない。

あの夏の2人が懐かしい。
胸が締めつけられる、美しい映画だった。
イタリアの田舎町がとっても素敵。ゆっくり時間が流れている町だからこそ、二人のひとときがさらにきらめく感じがした。
カメラワークが特徴的だった!
Rina

Rinaの感想・評価

4.2
人も景色も建物も自然も凄く綺麗。
じわじわくる切なさ。
シャツが素敵。
MIN

MINの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ほんとうにほんとうに良かった。人を好きになる"喜び"と"痛み"が繊細に繊細に描かれていて胸が痛くなるほど。
2人の想い方が違っているのが印象的だった。エリオはオリヴァーへの想いにまっすぐだけど、反対にオリヴァーは好きだからこそ距離を保とうとしている。とくに普段自信家っぽいオリヴァーが気持ちをおさえているのは本当に好きなんだな、と感じてもはや苦しい…。

「Call me by your name , and I call by mine.」から互いを自分の名前で呼び合うの素敵すぎて好きすぎて好きすぎて…………最高………

北イタリアの景色といい出てくるひとといい、きれいじゃないものがない。2人とも顔が良すぎる

エリオをティモシーシャラメ君が演じてくれて、オリヴァーをアーミーハマーが演じてくれて本当によかった。そしてマイケル・スタールバーグさんのお父さんも彼にしか出来ない空気感で素敵だったな…
marina

marinaの感想・評価

-
地方なのでなかなかやらなくて、やっと観れた、(と言っても隣の県の古びた映画館まで行った)ちょうど夏なのでよかった〜
観るまで、なんなんだ、この題名 って思ってました
こういう愛の表現があるんですね
ひと夏の恋の始まりから終わりまでが凝縮されていて
本当にその恋が終わる時って相手が別の恋路を進む時だと思ってるんですが
あの冬の痛みがとくに刺さりました
でもエリオはそれを経験して成長していくんだと感じさせる終わりが良かったです
最近の作品たちを観て性別ってそんな重要じゃないんだなと思います
これに関しても同性愛を問題にしてるんじゃなくて だからこそ本気で人を好きになるのをまっすぐに描けてるんじゃないかな
いろいろ言いたいことはあるけど上手くまとまりません
美しい景色美しい音楽美しい男とどこを切り取っても💮でした
夏って奔放になりやすいのかな
ガールフレンドのくだりは まじか…と思ったけど夏だししょうがないか〜