君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。 眩しすぎる太陽の中で、激しく恋に落ちるふたり、しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてくる。

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

途中の感情描写、終盤の父の言葉が印象に残った。もう一度観たい
yukina

yukinaの感想・評価

5.0
24/05/2018 (Thu)

同性愛をテーマにした映画を観るのは初めてだった。
人物、風景、物語、全てにおいて"綺麗"という言葉がぴったりだった。
17歳のエリオのオリヴァーへの恋心を自覚した時の葛藤と24歳のオリヴァーのエリオへの愛情表現にドキドキした。
エンドロールの涙を堪えて暖炉の火を見つめるエリオに涙が止まらなかった。
何度でも観たくなる映画だった。
ふじ

ふじの感想・評価

1.5
1983年イタリアの思春期独特の複雑な感情入り混じる17歳の少年と博識でどこまでも包容力のある23歳の青年との一夏の恋を描いた恋愛映画。

太陽の暖かな光で満ち溢れた川や森、街の景色、そこに流れる音楽や風や時間にいたるまで芸術的で見るものすべてが美しく、優しく思えた。
ここまで“美”に振り切った映画も珍しい。

すべてが美しく見える、それはどこまでも夢物語にしか過ぎない。
人間の恋に対する苦悩や葛藤までも美しいベールにかけられてしまう。
そうして現実味がないものに感情移入出来るはずもなく、味のないガムを永遠と噛まされている気分になった。

印象に残っているのはラストシーンだけ。唯一主演の2人が最近流行っていること、美形であるからこそ
この映画はギリギリの瀬戸際で成り立っている。

私の性格上せっかちで、ゆったりとした時間の流れに最後まで身を任せられなかったのは私の要因と言える。

本年度ワースト候補となってしまったのが非常に残念である。
とし

としの感想・評価

4.5
古代ギリシャ・ローマ時代から珍しくなかったとされる男色関係。愛の物語は普遍で、1980年代の北イタリアでもひと夏の燃え上がる恋があった。

どこでスイッチが入ったのかはよく分からないが、胸に六芒星が光る者同士、お互いの考古学、楽曲の才、知性と感性に惹かれ、戸惑いながら落ちていく。

木々がそよぎ、鳥がさえずり、泳いで、寝て。なんかよく考えると君たちほとんど裸だな。そりゃあ絵画のような湖畔も近く、避暑地だもんね。カラダを重ねて、太陽みたくキラキラして。青年たちの気持ちを乗せたピアノの美しい旋律が終始心地いい。

話が進むにつれ、"同性愛テーマ"とかを飛び越え、観ている一人ひとりが、自分の過去を重ねるほどの激しい心の揺らぎを映し続ける

初めての恋、危険な恋。
周りが見えなくなるほどに純粋に、
美しく狂おしくココロもカラダも満たされ、
ぐちゃぐちゃになるほど甘い幸せの絶頂と、ほんの少しだけそれを俯瞰している自分を感じることがある。終わりのない恋がないことを本能で感じているように

旅のシーンは悶絶。アドリブですか?やばいです。石畳の古い町並みで、酒と夜遊びでふいに見知らぬ誰かとハジけ去ってしまう気持ちと、その好きな人に置いてかれ嫉妬交じりに距離をおきつつ、早くそばに戻ってきて欲しい人の気持ちを同時に体感できる。そんな贅沢なシーンがたまらない。

そして、ラストの父の言葉と、エンドロールが死ぬほど好きだった。

自分の愛を肯定してくれる人が身近にいること。それは偉大で、聡明で、温かい。
二人の恋愛模様に障害がそれほどなく、それが同性愛を題材にした映画の中では珍しく新鮮。主人公は感受性豊かで、それを支える家族も暖かく見ていて暖かい気持ちになれる。終わりの主人公の表情は圧巻。
トマト

トマトの感想・評価

3.7
もう一回観たい、二回ぐらい観たらもっと理解できるかも。少し難しかった。ロードムービー的なところは好きだし、ちょっとあとから振り返ってもっと考え込みたいかんじ。感情を読み取るのが難しくて、逆に本人達も物凄く複雑で苦しいんだろーなーって
らいか

らいかの感想・評価

3.0
美しい。甘美。アプリコット。もうアプリコット食べられない。
最後の5分のために捧げられた映画のような気がした。
映像も、繊細な感情を映し出す表情もエリオも美しすぎた
美しすぎて途中記憶が抜け落ちているのは睡魔のせい
エンドロールが圧巻だった
pi

piの感想・評価

4.6
両親の思いが素敵すぎて泣いた
男の子可愛いすぎる 透明すぎる

人生経験してみないと分からんし
ShihokaJo

ShihokaJoの感想・評価

3.6
お父さんの言葉、しみる。

エリオとオリヴァーの表情で
読み取れる感情。

つらかった。