隻眼の虎の作品情報・感想・評価

隻眼の虎2015年製作の映画)

대호/The Tiger

上映日:2016年10月01日

製作国:

上映時間:139分

3.4

あらすじ

西暦1925年。朝鮮最後の猟師と謳われながらも、ある事件をきっかけに銃を捨てた”伝説の 男”チョン・マンドク(チェ・ミンシク】は、険しい智異(チリ)山の奥深く、息子と2人で ひっそりと暮らしていた。一方、軍主導のもと<害獣駆除>に熱を上げる地元の猟師たちは、 智異山の”山の神”とも”朝鮮虎の王様”とも畏れられる隻眼の大虎を仕留めようと躍起になっ ていた。しかし”神”と呼ばれるにふさわしい知性と強…

西暦1925年。朝鮮最後の猟師と謳われながらも、ある事件をきっかけに銃を捨てた”伝説の 男”チョン・マンドク(チェ・ミンシク】は、険しい智異(チリ)山の奥深く、息子と2人で ひっそりと暮らしていた。一方、軍主導のもと<害獣駆除>に熱を上げる地元の猟師たちは、 智異山の”山の神”とも”朝鮮虎の王様”とも畏れられる隻眼の大虎を仕留めようと躍起になっ ていた。しかし”神”と呼ばれるにふさわしい知性と強靭な肉体を前に次々と命を落とす人間 たち。山が雪に閉ざされ、狩りが難しくなる本格的な冬を前に、なんとか”山の神”を仕留め たい軍と猟師団は、大量の人員と弾薬を投入し、いまだかつてない大規模な捕獲作戦を決行 することに。彼らに協力を要請されたマンドクは「”山の神”を怒らせてはならない」と警告 を発し、頑なにその求めを固辞していたが、いつしかその激しい戦いの渦に飲み込まれてい くのであった。

「隻眼の虎」に投稿された感想・評価

伊庭

伊庭の感想・評価

3.5
「隻眼の虎」鑑賞。かつて朝鮮一の猟師と言われた男。息子と住む山では日本軍による虎狩りが行われ、家族を殺された大虎が暴れていた。男は狩りへの協力を求められるが大虎とのある因縁から協力を拒否するが…。
日本軍や、大虎へ復讐を誓う男など最初は人間視点だが、ある地点からそこに大虎の視点が入ってくる。それは一連の出来事が全て人間の傲慢さがもたらしたものなのだと印象づける。
冬の雪山の過酷な状況も緊迫感をもたらし、観ている側も大虎が現れる瞬間、現れた後、全てが終わるまで息を詰めて、息を呑むしかない。
寓話的なとても悲しい物語だった。
冬山とチェミンシク以外に良さがない。
5

5の感想・評価

-
壮絶さ。
エイハブ船長が3人もいる『白鯨』で、虎バージョンの『オルカ』なお話。

予想してなかった大杉漣が登場でついウルっと。
旧日本軍の悪徳将校役が似合っていました。

昔は朝鮮半島にも虎がいたのですね…。
*「せきがんのとら」と読むメモ
ハマり過ぎチェミンシク猟師のパッケージ顔面に惹かれつつ「これヤバくないか…」と疑いつつ、再生を押し気づいたら2時間超ダレずに堪能できたのは意表をつく虎ドラマもさることながら迫力のトラ無双シーンのおかげ。
だからこそ残念なのはトラのサイズ感。デカい!のか?まぁデカいか、くらいの。同じ韓国、野生動物パニックアクションであることろの『人喰猪、公民館襲撃す!』が唯一良かったのは猪🐗の馬鹿デカさ。あり得なくない最大値、それは軽トラ級。銃がギリ効きそうな最大値、それは軽トラ級。軽トラ級トラ🐯の大暴れが見たかった。スピード感は凄くよかった。
キムサンホと大杉漣のちょび髭が効いていた。
伝説の虎と伝説の猟師、互いに失い深い絆があるのに闘う運命なのが切ない。大杉漣さん敵役の日本軍司令官で出演してます。
SUPERTIGER

SUPERTIGERの感想・評価

5.0
圧巻だよッ(`・ω・´)ッ!

俺の映画レベルは園児なみに低いけどよ

今まで観た中で一番虎に迫力があった(`・ω・´)ッ!!!

一にも二にも
息子が可哀想過ぎた(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

ストーリーも良かった(`・ω・´)


ラスト、、、
燃えたぞッ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
モモモ

モモモの感想・評価

4.0
本作は「動物映画」や「自然映画」と言うよりもゴジラやキングコングと同じ様に虎に魂が宿っている「怪獣映画」だ。
その怪獣映画の中で「報復の輪廻」を描く御家芸的な韓国産復讐譚に仕上げているのが見事。
血肉舞い人体が吹き飛び叩きつけられる虎との闘いが最高。
「まあ死ぬんだろうなぁ」と予想していたある人物の死に様が予想を遥かに凌ぐホラーで驚いた。
大杉漣も國村隼も鶴見辰吾も韓国映画での輝きが凄いので、名だたる日本の名優たちがもっと悪役を演じる姿が観たい。
>|