くるみ割り人形と秘密の王国の作品情報・感想・評価

くるみ割り人形と秘密の王国2018年製作の映画)

The Nutcracker and the Four Realms

上映日:2018年11月30日

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.3

あらすじ

「くるみ割り人形と秘密の王国」に投稿された感想・評価

楽しい映画だった。
派手な展開はないけど、あったかいストーリーだった。
一気に見れちゃう!なんか2時間が一瞬で終わった!
とにかく世界観がいい、目が楽しい
Haruka

Harukaの感想・評価

3.3
音楽のくるみ割り人形が好きなので鑑賞。実際に、音楽たっぷり、バレエまで長めの尺で使われている。お城もロシア風。主人公はウルトラ美少女だし、その他キャストも豪華。キーラナイトレイもヘレンミレンも無駄遣い。流石の存在感だけど、勿体ない!
マトリョーシカのシーンは怖かった…あのシュールさ、不思議の国のアリス級にイッてた。

キーラナイトレイの声は本人…?
母が亡くなって初めて家族で過ごす寂しいクリスマス。父は母親の大切にしていたものを姉弟と主人公クララにプレゼントした。クララがもらった卵型の箱には鍵付きで鍵がなければ開けられなかった。クララは鍵を探す冒険に出る…ラッセハルストレム監督とディズニー好きなので絶対観たかった。「ファンタジア」のオーケストラのシーンを思い出した。ラベンダー色のドレスが印象的でクララが美少女過ぎた。王国が幻想的で映像が綺麗。キーラナイトレイの奇抜な姿が新鮮だった。原作を読んだ事がなかったので興味深かった。
RY

RYの感想・評価

3.1
小さくも壮大な世界観の描写に最も力が入っていると感じた。
見ていて嬉しくなるような映像、造形、動き、衣装、小物、アングルの連続。必ずしもストーリーの強化には役立たないように思えた四つの国という設定は、黒と白と色を極限までスクリーンに配置するための要素なのではないかと邪推。
物語の要素としては、「家族」と「政治(もっといい言葉はありそう)」が二本柱として立っているけれど、少し結びつきづらい。主人公のクララが、物理的に政治の危機を乗り越えたことで精神的に一歩進んだ家族関係を築くという流れは、ストーリーの構成として綺麗だけれど、逆にその構成が先行しているようにも感じて、登場人物たちは記号的に見えた。ただし、映画の象徴的な人物と思われるフィリップはとても人間的な存在に感じられて魅力的だった。
毛糸?のクリスマスプレゼントの演出は元ネタがあるのか知らないけど、子供だったら一生の思い出になるくらい楽しいイベントだと思う。
異世界へ迷い込むくだりはファンタジーにはつきものだけど、今回のは相当に秀逸。もはやそのためのモーガンフリーマン。
sara

saraの感想・評価

3.4
映像と音楽がとにかく綺麗。
クリスマス前にもう一度観たい。
jennie

jennieの感想・評価

3.1
シンプルでわかりやすいお話。
子供向けかなあ…
ゆみ

ゆみの感想・評価

2.5
母と子の絆の話なんだ。とても綺麗に描かれている。
>|