ゆき

レザボア・ドッグスのゆきのレビュー・感想・評価

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)
4.4
20代で観た時は 何コレ!…と興奮したっけ。随分久しぶりに観たけど、話の展開はやっぱり血がうずきます…いや。現実にない話ですから。はい。

男達が小さなテーブルを囲み、下品な世間話から始まる。
えげつない絵面なのに軽快な音楽。選曲の良さはさすがタランティーノ。キレててクール!
謎解きで進む構成。誰が裏切り者なのか。

渋めの男しか出てこないのです。
Hカイテルはじめ、全員迫真の演技で目が離せない。
あー余韻に浸ろう…