けーごり

レザボア・ドッグスのけーごりのレビュー・感想・評価

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)
4.7
タランティーノ監督もう完全にファンになりました(≧∇≦)
ほんとよく出来た時系列。
最後までワクワク。
ラストはスッキリ!!!

宝石強盗のために集められた6人のプロたち、お互い過去の職業や本名やプライベートの出来事を話すことはNG。
そんな中、襲撃を開始することに………

オープン二ング、ゆっくり歩いてくる黒スーツに黒サングラスかなりきまっている中、
1人だけかなり派手な紫色っぽい服がかなり目立っているような気が笑笑
音楽♫といい、
また観たくなるようなオープン二ング。

無駄話もちょくちょくあり、
何故かその無駄話が観ていて笑えるですね笑笑
そこもタランティーノ監督の良さのだろう!!

特にポリ公が拷問されているのにはとても気の毒でした!!
ボコボコにされ、挙句果てには○を切るのはちょっとやりすぎのような笑笑

また見返したいと思う映画の1つです。