haru

レザボア・ドッグスのharuのレビュー・感想・評価

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)
4.4
個人的にタランティーノと聞くと最初に浮かぶのがこの作品。数年ぶりに鑑賞。

なんて言うか、全体的にいろいろカッコいい。


あまりにも有名なオープニングシーンがとにかくカッコいい。
レザボアドッグス見たことない人でも知ってるあの曲に合わせて、グラサンかけて歩く黒づくめ(青もいるけど)の男たちがカッコいい。

Mr.Whiteの男気がカッコいい。
男気が強すぎて、間違うことも多そうだけど、男なら憧れるカッコよさ。

Mr.Pinkの存在感がカッコいい。
スティーブ・ブシェミ。
1度見たら絶対覚える特徴的な顔。
何回見ても聞いても名前が覚えられない。

処女作とは思えない、タランティーノのストーリー展開がカッコいい。
会話の中から視聴者に全容を掴ませながら、時系列を器用に構成し、登場人物の背景を染み込ませていく感じがたまらない。

出たがりタランティーノの自分のための役として入れたであろうMr.Brownはわかるとして、存在意義が最後までよくわからないMr.Blueの立場の切なさもなんとなくカッコいい。