レザボア・ドッグスの作品情報・感想・評価・動画配信

「レザボア・ドッグス」に投稿された感想・評価

smsm

smsmの感想・評価

5.0

映画を好きになった映画
クエンティン・タランティーノ好き
2020年64本目

見れてなかったタランティーノ作品
冒頭の会話から最高にクソ(褒め言葉)

最初は分からないキャラクターたちの性格や関係が少しずつ分かってくるのが見ていて面白い!
随所に挟まる70年代音楽、ダラダラしているが故に逆に真実味あふれる会話劇が、なんかカッコよすぎ
字幕も吹替も見てしまった

他のタランティーノ作品ももっかい見直したくなった
バイオレンスにポップな音楽

このレビューはネタバレを含みます

レッドシアター始まるときにかかってたやつだ……

タランティーノ特有のクソ長い駄弁り、男でやるとライクアバージンの解釈になる 深読み能力がすごすぎでしょ

このキャラのこいつがこんな顛末になっていくのか〜というピタゴラ感というか、みんな綺麗にパタパタ倒れていくのお見事だな 誂えられたようなラストの中で、予定外のことをしたゆえに予想外のことをされて、彼らだけが真実を知ったのに救いにもならず終わっていく 彼らには何も残らない なのに何だろうこのスッキリ感は 整った〜て感じでした
toriten45

toriten45の感想・評価

3.5
まさに息を飲む展開!物語の時間軸が巧みに入れ替わる構成でラストまでワクワクしながら観ました。タランティーノが監督デビューをかけた渾身の作品です。出演者も一流が集まり処女作感はほぼないです。

宝石店強盗のために寄せ集められた6人のギャング。しかし強盗は無残にも失敗し命からがら集合場所の倉庫に集まります。
裏切は誰なのか?
サスペンスめいたストーリーの大半は、この倉庫で展開されます。ここでの時間軸が中心なんですね。そして要所要所で時間は過去に遡る。生き残った者たちそれぞれのいきさつが露わになっていくんです。
無駄があるようで飽きさせない展開。

しかし最初のバカ話がタランティーノ映画アルアルでいいですね。強盗の話なんか一切ない。でも映画の雰囲気や人物像がなんとなく見えてくる。

なかでもガタガタ歯がチャーミングなスティーヴ・ブシェミのトークが冴えていてサイコー。チップ1ドルぐらい黙って払ってよ。ピンクを命名された時のやりとりもサイコー。

あとサイコパスなブロンド役のマイケル・マドセン。甘いマスクとのギャップと予想つかない行動が怖いですねー。
これが処女作なのはすごいw
音楽、キャラクターがカッコ良かった
意外とあっさりしててるがバイオレンスが苦手な人にはオススメじゃないかもしれない

ライク・ア・ヴァージンってそんな内容の歌だったんだ...

このレビューはネタバレを含みます

・面白い!構成が秀逸で、緊張感を保ちつつテンポ良く進む。100分と短いので、あっという間に終わる印象。
・70〜80年代のロック、ポップスが小気味良いいコミカルな感触を与えてる。
juri

juriの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

わーっ、シンプルなストーリー!
どんな内容かと思ったら、あらすじくらいの短さでびっくりしたわ。

タランティーノじゃなかったら途中で辞めてたかも...笑

会話、会話、会話。
退屈とかじゃなくて、わたしがキッズなんです。

世代が違っても知ってる名曲って最近なにかあるっけ?オチもない話であーだこーだ言える友達いるっけ?

この関係性は、なんだか羨ましい!
タランの中でもトップクラスにグロい。
>|