レザボア・ドッグスの作品情報・感想・評価・動画配信

レザボア・ドッグス1992年製作の映画)

Reservoir Dogs

上映日:1993年04月24日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

「レザボア・ドッグス」に投稿された感想・評価

RIO

RIOの感想・評価

5.0

カッコイイ…カッコよすぎる。

数々の傑作を作り上げてきたクエンティン・タランティーノ監督衝撃のデビュー作。

  仁義の熱き男      ホワイト
出血しすぎな瀕死男     オレンジ
  快楽的虐殺変態     ブロンド
合理的で計算高いスネオ   ピンク
 影薄すぎな白髪ジジイ   ブルー
タラちゃん演じる変態講釈者 ブラウン

大失敗に終わった強盗計画の裏にある裏切り者の存在によって、次々と疑心暗鬼の渦に飲み込まれていく怒涛の群像劇。

最高、最高、最高。

キャラクター、演技、演出、映像、音楽、何から何まで完璧な上に、映画の最高な要素が詰まりに詰まってる。

特に、オープニングは神。
7分半もの無駄話の後、スーツ姿でゆっくりと歩く彼らと共に流れ出す、
「Little Green Bag」

そして、彼らの背後を背景に、タイトルバック、

“RESERVOIR DOGS”

この時点で心掴まれるし、こんなに痺れるオープニングシーンはなかなか無い。

おそらく、映画史上最も最高なオープニングシーン。

また、相変わらず無駄話が映画にとって無駄な要素になっていないのが凄い。

映画の大半を占めるどうでもいい会話劇の1つ1つに思わず惹きつけられる魅力が詰まってて、その魅力を引き出す天才的な脚本には、ただただ脱帽…

話の大半がほぼ倉庫の中で展開していくのにも関わらず、まったく飽きさせない巧みな演出力、

先の展開を読ませない時系列操作による斬新なストーリー構成、

驚きに驚きを重ねた衝撃的かつツイストの効いた展開と、こだわりある長回しのカメラワークとが醸し出す、臨場感とリアリティー。

そして、銀行強盗のシーンをあえて省くことで、観客の想像を膨らませ、
展開1つ1つのインパクトを強めている構成の妙。

などなど、細部にまでこだわって作り込まれたプロットは、さすがタランティーノって感じだし、処女作で早くもタランティーノは完成されていたのかと考えると、改めて化け物じみた才能を感じさせられる。

確かに、偉大さ、完成度、どれをとっても
やはりパルプフィクションに勝るタランティーノ作品は他に無いと思うし、
パルプフィクションがタランティーノ作品史上最高傑作なのは間違いない。

ただ、“どれが一番好きか”と聞かれたら、僕は真っ先に今作の名前を出す。

それほど、ハードボイルドで男臭いカッコよさが詰まってる。

クールでスタイリッシュな「ロックストック&トゥースモーキングバレルズ」
とはまた違った、ヴァイオレンスなカッコよさをもった傑作クライム。
yuki

yukiの感想・評価

4.3
高校生の頃に、世界観に憧れた映画
ハーヴェイカイテルカッコいい
ナヲタ

ナヲタの感想・評価

3.6
相変わらず曲のチョイスが秀逸

タランティーノ映画は独特なので好みが分かれるが
取り止めのない会話や汚い言葉、バイオレンスを楽しめる人には面白い作品
づ

づの感想・評価

4.2
やっと見れた!
オレンジ、最後言わんければよかったのにいい!
最初の朝ごはんのシーンが好き、あとピンクはちゃっかりしてるなあ!!
K

Kの感想・評価

3.5
冒頭の朝食シーンが好き。
ワンちゃん
お会計
eri

eriの感想・評価

4.1
タランティーノが使う音楽がほんとに格好良い。パルプフィクションと同じくらいオープニングも格好良い。
ストーリーもシンプルでドロドロしたものはなく、とりあえず言葉はいつも通り汚いけど、タランティーノの映画は格好良いなあと頭空っぽで観られる映画。
ラストのシーンも好き。
こうき

こうきの感想・評価

4.4
原点的な要素が見られた
【「パルプ・フィクション」の原点ここにあり!タランティーノ監督、衝撃のデビュー作!】

宝石強奪のために集められた素性は知らない、お互いを色で呼び合う6人の強盗達が、警察に突入され自分たちの中に潜入した警察の犬を探すお話。

当時28歳でレンタルビデオ屋の店員だったタランティーノ監督が、自ら書いた『トゥルー・ロマンス』の脚本を売り、3万ドルの低予算で作られた監督デビュー作。

無性に観たくなって、めちゃくちゃ久しぶりに鑑賞。

改めて観ると、タランティーノ映画はこのデビュー作『レザボア・ドッグス』で、ほぼ完成されてしまっていると言っていいくらい素晴らしい。
続く作品も全て、表現や題材は違えどやっている事は同じ。

最近、面白いな、引き込まれるな、と思う映画はどれも編集が巧みで、この映画も編集が生み出すリズム感が抜群で、加えてセンス良すぎなオールディーズの音楽が、先の読めない物語を彩る。

今までタランティーノ作品を観てあまり感じなかったけど、ワンシーンワンシーンの構図がめちゃくちゃ考えられていて、確かにこれだけ絶賛され評価されるのも納得出来る。

近作は長尺な作品が多いから、またコンパクトでまとまった作品を是非スクリーンで観てみたい。
>|