暗黒女子の作品情報・感想・評価

暗黒女子2017年製作の映画)

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:105分

3.4

あらすじ

セレブ女子高生たちが通う、聖母マリア女子高等学院。ある日、学院の経営者の娘で、全校生徒の憧れの的だった〈白石いつみ〉が謎の死を遂げる。校舎の屋上から落下したのだが、自殺か他殺か、それとも事故なのかわからない。やがて、いつみが主宰していた文学サークルの誰かが彼女を殺したという噂が立つ。親友だったいつみから会長を引き継いだ澄川小百合は、部員が自作の物語を朗読する定例会を開催する。今回のテーマは、「い…

セレブ女子高生たちが通う、聖母マリア女子高等学院。ある日、学院の経営者の娘で、全校生徒の憧れの的だった〈白石いつみ〉が謎の死を遂げる。校舎の屋上から落下したのだが、自殺か他殺か、それとも事故なのかわからない。やがて、いつみが主宰していた文学サークルの誰かが彼女を殺したという噂が立つ。親友だったいつみから会長を引き継いだ澄川小百合は、部員が自作の物語を朗読する定例会を開催する。今回のテーマは、「いつみの死」。それぞれを“犯人”と告発する作品を発表していく。物語は5つ、動機と結末も5つ──果たして真実はどれ?

「暗黒女子」に投稿された感想・評価

「お嬢さん」の世界で「コクソン」みたいなことやってる作品でした。

予告編の時点では、ちょうど主演女優云々が話題になっていたこともあって正直珍品狙いで見に行きましたが、かなりいい作品じゃないか! というか、相当に好みの作品なので、個人的に推していきたい。
すごく良くできた陳腐な物語。

清水富美加のストーリーテリング。
物語の中での飯豊まりえの万能感。

女子の若さゆえの美意識と裏切りと心理戦。文学的なエレメントや言葉を巧みにエンタメ昇華されていて、どんでん返しの後半の加速感はアドレナリンが出っぱなし。
暗黒童話。
これ、正直いっておもしろい!
カモメ

カモメの感想・評価

3.4
一見清純そうに見える女子生徒達によるドロドロとしたサスペンス。
脚本の岡田麿里さんが好きなので視聴。
岡田麿里さんは『心が叫びたがってるんだ。』や『さよならの朝に約束の花をかざろう』 など劇場版が有名ですが、テレビアニメでも数々の有名アニメを手がけています。
その中でも、『selector infected WIXOSS』や『迷家-マヨイガ-』などの、人間同士のドロドロとした人間関係描写が好きです。

○聖母女子高等学院の文学サークルでは毎年恒例の定例会を行っていた。定例会では、闇鍋をしながら自作の小説を朗読するという奇妙な慣わしで、現会長の澄川小百合により発表された今年の小説のテーマは、「白石いつみの死」であった。この定例会が行われる前、文学サークルのメンバーである白石いつみは屋上から転落死をしていた。そして、部員達の読み上げる小説は、各々の犯行を示唆するような内容で・・・・・・

若手キャストの演技はとても良かったです。
清水富美加さんを意識して作品を選んでいるわけではありませんが、視聴する機会が多く、どれもハマリ役だなぁと思います。

ただ、現実寄りな作品ではないので、「いやいや、こんなやついないでしょ」という違和感はあります。
そういう点を許容できる方にはオススメです。
ふみや

ふみやの感想・評価

3.8
めちゃくちゃおもしろい!原作読んでないけど映画としてふつうにおもしろい!
出家する前のおれらの清水富美加って感じでちょっとエモくなった、、
しゅん

しゅんの感想・評価

4.2
メルヘンな世界観で繰り広げられる、ドス黒いストーリー。
耽美な箱庭の狂気に満ちた少女たち。真実を語るのは誰なのか…?


設定も好みだし、ミステリーもだいすきだから高評価。
最後、伏線が回収されていくのも気持ちいい。
なな

ななの感想・評価

4.6
好きな俳優が出てるのでずっと気になってて、期待値が高かったにもかかわらずとても好きな映画でした。女の子の気持ち悪くてドス黒い所を惜しみなく見てしまった感じ。
ナオ

ナオの感想・評価

3.3
結構前に観るつもりないのに気にはなってネタバレみちゃったので展開は知ってたけどそれでも楽しめた〜ごきげんよう〜〜

このレビューはネタバレを含みます

清水富美加が黒幕なんだろうなーと思いながら見てたから、特に衝撃はなかった。闇鍋も絶対それ系入ってる気がした。
女は怖い、そんな話。
女のヤなとこって感じ
>|