暗黒女子の作品情報・感想・評価

「暗黒女子」に投稿された感想・評価

広告を見て騙されたい欲が高まり視聴。
飯豊まりえちゃん目当てでもある笑

女性陣はとっても可愛い。撮り方も素敵。

小説を読み上げるというスタイルは、原作の小説形式の方が生かされるんじゃないかと思った。

どうしても映像だとその本人の心情をもっと探りたくなってしまう。虚構の映像が混ざっているという前提で疑って見るとどれも嘘くさくて作品全体が陳腐なものに思えてしまった。

そこは、文字だけで妄想を膨らませた方がいいのではないか。そこが小説の良い点でもあるんだろうなぁ

まりえちゃんの演技はしたたかで狂気じみていて最高でした!

女子高校生特有の思春期やエゴや自己顕示欲というものを描きたいのは伝わってきた、女子高出身者の方が楽しめるかも?
sakura

sakuraの感想・評価

-
怖いけど面白かったです。
本を読んでる感じで観れました。
ぴよ

ぴよの感想・評価

4.0
普段は全くと言っていい程邦画は観ないのですが、WOWOWでやってたので暇潰しのつもりで観てみました。

暇潰しのつもりが、見入ってしまいました。
それぞれの生徒のストーリーがあるので被る部分はありつつも違う視点なので飽きずに見進められました。

まさに最後はどんでん返しからのどんでん返しで、私はラストも好きでした。
観終わったあとは少し暗さを引きずりましたが、好みだったので観て良かったです。
ただ若干ご都合主義的なところもあったのでそこが残念。
トータル的には満足です。
あと清水富美加の演技は好きですね。
期待せずにみたから意外と。
清水富美加の演技に圧巻される
KH

KHの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

白石、部活やめるってよ

お嬢様学校の中でも最上位に位置する文学サークル、そのサークルに所属し生徒会長でもある白石が死んだ。他殺か自殺か、その真相をめぐり生前白石が切望していた定例会兼朗読会が執り行われる。

いい群像劇というかいい感じの気持ち悪い不協和音が心地よかった。
このジャケに書いてある驚愕のラストってのはある程度映画を見ていると予想できる程度のものですがそれでも退屈せずに見れたのは主演の6人の演技もあるし、間を入れずに一人ひとりの朗読にうつりあまり考える時間を与えない構成もあったかと思う。
綺麗な、美しいカトリック系?の女子高生たちが、不倫をしていたり放火をしていたりパパ活をしていたり売りをしていたりと結構暗い描写も多いですが普段の華やかさからのギャップがどす黒い気持ち悪さをより強調していて個人的には良かったです。

千眼美子の「全部、言っちゃうね。」ってセリフ”それ、本のタイトルやん”って突っ込んだのは自分だけじゃないと信じたい。
Rosso

Rossoの感想・評価

3.8
匙投げレベルでハマらないか、及第点か くらいと思いきや、
そのラインを超えて僕は好きでしたね〜いやはや。

粛々と進行される主観朗読劇がすべてなので、うん? と思う要素をストックしつつも基本的に考察する時間は与えられずただただベルトコンベアー方式にお茶会を俯瞰するだけなんだが、
むしろこの手法が当たりだったかな、と。

なんていうか独特且つ確立された宗教チックな世界観で蔓延しているのと、前述の方式だから飯豊氏演じる いつみ の「全部、言っちゃうね」が後出しで繰り出されてもはーんなるほどね と受け入れられた節がある。

そして100分超刮目し続けられたのは清水富美加ちゃんの司会進行が良かったからという側面、大いにあるなあ。もったいねえなあ、仮面ライダーフォーゼで知ってから好きだったんやがなあ。
宇宙キターーー!!ってな

その他女優さんらも要所要所キラリと光る怪演がちらほら。


予告も何も見ずに視聴して正解だったと思いました。
本編に即した感想と、例の宗教観に付随する主従関係みたいなアレ垂れ流し始めると僕も朗読劇スタートしちゃうしネタバレだし辞めますけど、十分楽しめましたことを書き残します。
GONPARO

GONPAROの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

JKたちが美しくて魅入ってしまう
え、何で?的な動機的な疑問がちょいちょいあるけど、最近は細かいことは言わない約束なのでしょうかね イヤミス好きです

しかし脇役を強いられる生活なんて、最悪だな
brouillard

brouillardの感想・評価

4.0
真相が明らかになっているのに、まだ、クドクドやってたのがクドかったかな?w

でも、この作品のことは、とても気に入っていて。かなり面白かった。
話の構成がすごく好きだった!
場面をそれぞれの登場人物の視点で考えながら楽しめた
>|