ぶちょおファンク

ローガン・ラッキーのぶちょおファンクのレビュー・感想・評価

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)
3.5
序盤★2.5 中盤★3.5 終盤★4

D.クレイグが出てくるまでは全然おもんないねんけど、
そこから動き出す物語はさすがソダーバーグといったところで、
映画の『ネタフリ(伏線)』や『緩急』というものです。

終盤近くも少しダレんねんけどそこは緩急の『緩』の部分でしかなく、
「おっソダちゃん粋な展開してくれるねぇ〜!憎いねこの!!」
っと序盤でのネタフリの回収でしんみり、ほっこり、
そしてニンマリな展開に満足♪

エンドロールで知りましたが、
やはり『オーシャンズ』シリーズで音楽を担当している
デイヴィッド・ホルムズが本作も携わっており、
音楽もかなりキーポントになっております。

ホンマは★4くらいの評価をしたく、
けど一応『犯罪に対する免罪符』は用意されているものの、
手放しでは喜べないという自分の道徳観、倫理観から評価マイナス0.5で、
人によってはこの辺のツッコミどころが大幅マイナス評価かも?

盗まれるのはお金?
オンナのココロ?
それとも???

映画はエンドロールの最後まで観ましょう。

2017年286本目