トランスマスター

ローガン・ラッキーのトランスマスターのレビュー・感想・評価

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)
3.0
FORD車の見本市

足の怪我を理由に現場を解雇された兄と戦争で左腕を失った退役軍人の弟、セクシーな美容師でマッスルカーマニアの妹と服役中の爆破のスペシャリストが、レース会場の売上金を狙うお話です。

◆良い点/注目ポイント
・離婚した夫婦の娘の父親への変わらない愛。『アントマン』もそうですが本当に癒されます。
・カントリーロードの英語の歌詞を始めて聞きました。ウエストバージニアの町とブルーカラーの労働者の姿とマッチしていて良かったです。
・ピックアップトラックもSUVもアメ車のデザインは、本当にカッコイイです。
・レーシングカーのヘッドライトが、ステッカー!これがライトニング・マックイーンの言っていたものの実物。
・会員制の倉庫店のレジや昔のラブホのお金を真空の管にスポッと入れる先がどのようになっているかわかりました。

◆改善点
・妹と元奥さんの見分けがつかず複雑でした。マッスルカー好きの妹は、ピチTとホットパンツのようなオールドスクールのグランジファッションでタランティーノ映画らしいファッションだと車との美的感覚がシンクロします。

◆総括
・流通紙幣がほぼ20ドル札なので運搬とご保管が大変そうでした。また退役軍人は、刑罰が軽減されるという州もある事も新たな発見でした。

-2019年103本目-