なかじまです

RANMARU 神の舌を持つ男のなかじまですのレビュー・感想・評価

RANMARU 神の舌を持つ男(2016年製作の映画)
3.5
ドラマ鑑賞済。
ドラマを観ていなくても楽しめるような親切設計。しかし、相変わらず空回り感のあるギャグ。私はギャグよりもドラマの空気感のようなものが好きだったので、今作も比較的楽しんで観ることができました。
木村文乃が好きでドラマ観ていた節があったものの、今作で確信しましたが、木村文乃はコメディあまり合ってない。

ドラマ→映画化の流れは「これは映画でなくてもよかったのでは?」とよく思いますが、こちらも御多分に洩れず、といった感じでした。