あしたか

君の膵臓をたべたいのあしたかのレビュー・感想・評価

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)
2.5
これはダメ。原作の良い部分が台無し。
この作品は春樹と桜良以上に、春樹と恭子の物語だと解しているので、あの二人の行く末を雑に描くなんて有り得ない。原作を改変してお涙頂戴感を増し増しにしたかったのかもしれないが、私の好きなあの二人(春樹と恭子)の終盤の会話や和解までの流れが全て存在しないことになった事が許せないし完全に余計な事をしてくれたなと。
あの二人の関係こそが桜良の生きた結果だろう?この映画の関係者は原作をどれほどいい加減に読んだのだろう。桜良が死んで悲しい、で終われば凡百の恋愛映画と何も変わらない。
桜良の生き様を見て「膵臓をたべたい」とまで思った春樹が恭子と友達になる為の行動を起こせないまま10年も経ったと?ふざけないでほしい。しかも手紙1枚渡しただけで友達になれると?なんかもう桜良の死を馬鹿にする勢いで酷い。
そもそもあの手紙の内容も原作だとちゃんと共病文庫に書いてる事だったのに変に変えやがって。共病文庫を最後まで読んだからこそ「もう泣いてもいいですか?」に至るわけだし、春樹が変わるきっかけになるわけだし、恭子と友達になりたいと思うわけじゃん。あーもう駄目不満が止まらない。

最後に、恭子とガム少年を結婚させるのは良いがその過程も逃げずに描写しろ。原作に丸投げし過ぎ。
あと北川景子は恭子の未来の姿に合ってない