つな

君の膵臓をたべたいのつなのレビュー・感想・評価

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)
2.9
え、これ面白いかな?

命の重みを理解していない、地味な男の身勝手な妄想の世界を見せられている感覚でした。
浜辺みなみの演技が、わざとらしいのはまあ狙ってるのかもしれませんが、超重要な深い影がそれほど感じられず…
彼に要求することが男の妄想の世界っぽすぎてなおさらそういう感覚になったのかもしれません。

そもそも、余命の短い人気者の女の子が、これまでの人生で共に過ごしてきた大切な友達や、両親に優先して、クラスの地味な男の子とこれだけ密な時間を過ごそうと思うことがあるんだろうか?

若くして失われる尊い命を題材にするのならば、もっと違う形がないのかなと思わされました。

あと、君の膵臓を食べたいをオチみたいに使ってましたけど、結局よくわかりませんでした。みんな腑に落ちてるのかな?
体の一部を食べて、お互いの魂と一緒に生きていきたいとかそういう話?
不自然すぎて、大事なシーンなのに入り込めず…

いい評判をたまに聞いてたので、ちょっと期待外れでした。